2017年8月21日 (月)

六地蔵

明日22日から24日六地蔵巡りがはじまります。

六地蔵とは六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上)の

それぞれにある衆生の苦悩を救済する地蔵菩薩です。

ここ慶明寺は第四番霊場となっております。

神姫バス、山陽バス、などツアーでいらっしゃる方

個人で来られる方、ぜひ皆さん一度お越し下さい。


Img_7056_2

2017年8月18日 (金)

宇宙から聞く

早朝、大きな雷の音で目が覚めましたね

10日合同法要での木村老大師の法話をお伝えします。

世界に禅を広めつくした鈴木大拙(すずきだいせつ)さんのお話をされました。

ある時、鈴木先生は、机をたたき少女にどこで聞いたか尋ねられました。

少女は、「私は賢いですから耳で聞いたなどと申しません」と言い

「身体中で聞きました」と返答

鈴木先生は、「けちくさいぞ」 
「宇宙から聞くんだ」と

耳をとおして、しっかり音をとらえる とりもなおさず身体中を耳にして聞き

もう一つやぶって宇宙から聞くということが生まれる~

「宇宙から聞く」  けして自分だけのことではなく

周りの人達も一緒に幸せになる方法を捜す

大きな力を一人一人もっていく

それをもちだせば出来ない事はない~

私達の命は大きくもなり小さくもなる

心の働きこそが命、その時、その場によって命の働きが1番大事なんだ

宇宙から、見たり聞いたりすること自分の全部をつくす

自分の限界をしることによって、宇宙から力が働いて

間違いのない世界導いてくれる。 それこそが、私達命のありよう

宗教、禅、大事にすることが教えのひとつ

私達はどんな苦しみや災いを解決しながら生きて行く

病を持ちながらも生きて行く  その力を引き出すことが宗教

「宗教の力が問われていると」 力づよく言われていました。

Img_7052








2017年8月16日 (水)

ふるさと

お盆休みも終わり今日からお仕事に行かれる方

多いのではないでしょうか~お盆は故郷で過ごされた方

ユータンラッシュでお疲れになられたのではないでしょうか

毎年何十キロ渋滞と聞くと大変だなぁ~と思います。

東京にいる子供に「帰省は大変ね」と言うと

「帰る故郷(家)があるのは、幸せなことよ」~と言われ

私達も元気で少しでも長く続くように・・・・・・・・頑張ろう~と

子供達にとって幼い頃から育った、この家が故郷になるのですね

Img_7040








2017年8月14日 (月)

仏花

仏壇やお墓参りの時の際、供えるお花のことをいいます。

花を供えることは、仏教の実践徳目、波羅蜜の忍辱に通じ自然界の厳しい

環境に耐えてようやく咲く姿

もしくは、供えられた後も耐え忍んで咲き続ける姿から

人間の仏に対する修業(忍辱)の誓いとして花を活けるとされています。

また、極楽浄土をイメージできるように左右1対で飾ります。

ホオズキの真っ赤な実は、夏の夜を幻想的に彩ってくれます。

使者を導く提灯の役割を果たすとされ、


古くから日本では、お盆の仏花として鬼灯(ほおずき)が飾られます。

朝早くから、お墓、納骨堂にと、お花、お線香をもってお参りに来られます。

                                (ウィキペディアより検索)

            PhysalisAlkekengi-balloon.jpg

2017年8月11日 (金)

山の日

8月11日山の日です。

「山の日」は、「山に親しむ機械を得て、山の恩恵に感謝する」という趣旨の

国民の祝日です。他の祝日と異なり、山に関する特別な出来事などの

明確な由来があるわけでなく、「山の日」を国民の祝日にしようという様々な

動きによってできました。

日本の国土のおよそ7割が山地で、海に囲まれているため、それぞれの

恵みに感謝しながら自然とともに生きてきました。

8月の11日に決まったのは、漢字の「八」が山の形に

数字の11が木が並んだようすから8月11日に決まったようです。

「八」の字は、また富士山の形にも似ていますね。

夏休みの間、富士山に登る方も多いのではないでしょうか~

                              (YAMAHACK より写真検索)

富士山 画像 ひまわり

2017年8月10日 (木)

盂蘭盆合同法要

盂蘭盆合同法要が太鼓の合図とともに本堂にて行われました。

朝早くからたくさんの方が参列されました。

遠いので、残念ながら合同法要には間に合わなくてと

言われる方もいらっしゃいました。

平日なのですが、夏休みなのでお子さん達も参列され

祖父母~親~子供達~孫までという感じの法要でご先祖様も

喜んでいらしゃることと思います。

祥福寺僧堂師家木村老大師の法話もいただきました。

暑い中、お参り頂きまして有難うございました。

Img_7012


Img_7019_7   Img_7015_5










      
Img_7030_4

2017年8月 9日 (水)

明日は盂蘭盆合同法要

明日の8月10日慶明寺の本堂にて10時より

盂蘭盆合同法要が行われます。

台風も去って青空が広がっています。

朝早くからお墓まりにいらしゃる方もいらしゃいます。

今日はまた、6日の広島に続いて、長崎に原爆が投下された日でもあります。

ご遺族の方心からご冥福をお祈り申し上げます。

いつも思うことですが、二度とこんな悲惨な出来事がおきませんように

子供達にも希望のある未来がいつまでも続きますよう~に

いつも法要には沢山の方がおいでになります。

明日の盂蘭盆法要お気をつけていらしてください。

Img_7009










2017年8月 7日 (月)

盆踊り

今日は台風の影響なのか朝から雨が降っています。

先日小学校で盆踊りがあり、参加させてもらいました。

学校のグランドの中央に櫓を組んで、音楽と太鼓に合わせながら踊りました。

この時期各地で盆踊りが催されます。

そもそも盆踊りとは、年に一度この世に戻ってくる精霊を迎えまた送るための

風習でした。

元は念仏を唱えながら踊る(もしくは、念仏を唱える人と踊る人が分かれて行う)

念仏踊りと盂蘭盆会が結びつき、先祖や死者を供養するための

踊りとして定着していきました。

また盆踊りは8月15日の晩から8月16日の明方まで踊り続けます。

16日がお盆明けということから、賑やかに踊って歌って

先祖を送り出すという意味もあったようです。

近年は、治安維持のため深夜まで行われることは少なくなっています。

東京の渋谷でも5日の夜、盆踊りがあったようです。

外国の方もたくさん参加され楽しまれたそうです。

「盆踊り」 「ボン ダンス」 

1964年三波春夫さんが歌われたあの曲と踊りがリメークされ

「東京五輪音頭2020」で、誰でも簡単に踊れるそうです。

今からとても楽しみです。              (Yahoo検索)

 「盆踊り イラス...」の画像検索結果 

  

2017年8月 4日 (金)

木陰

毎日猛暑が続いています。 

日中出かけると暑くて~でも木陰に入ると何故か涼しく風を感じますね

木陰は、直射日光を遮ってくれるだけではないのです。

木の葉には、無数の空気の出入り口(気孔)があり

そこから水分が外に出されます。

この水分が空気中に蒸発する時に空気の熱を奪うため

樹木の周りの温度を下げているというわけです。(気化熱)

森の中など木の茂った所はひんやりと心地よいですよ~ね

慶明寺では、お寺の山門近くの藤棚が涼しく

時々休憩されていらしゃる方を見かけます。

Img_7000

2017年8月 2日 (水)

施餓鬼会

8月2日慶明寺本堂にて施餓鬼会が行われました。

暑い中、たくさんの方がお参り来られ亡くなられた方を偲ばれました

Img_6976_2
Img_6979_2

Img_6971_2
Img_6988_3


«2017年 スタンプラリー