2018年4月18日 (水)

鯉のぼり

お寺の木々の青葉が美しい季節になりましたね

お鳥のさえずりに混じってウグイスも鳴いています。

畑の向こうの鯉のぼりも、そよ風に気持ちよさそうに泳いでいます。

新しい鯉のぼりなので、今年初節句でしょうか~

鯉のぼりは、日本の風習で、江戸時代に武家で始まったそうです。

男の子の出世と健やかな成長を願って家庭の庭先に飾ります。

「屋根より高いこいのぼり・・・・・・・」と歌われていますが、

最近は、団地のベランダーに飾るコンパクトな鯉のぼりもありますね。

Img_7661


Img_7648






2018年4月13日 (金)

喫茶店の日

4月13日は、「喫茶店の日」今から130年前明治21年(1888年)

東京上野に日本初の本格的な喫茶店「可否茶館」(かひさかん)が

オープンした日として伝えられています。

ちなみに日本で最初にコーヒーを出したのが神戸元町の「放香堂」です。

喫茶という言葉は
古く鎌倉時代頃から使われていました。

当時は、コーヒーではなく中国から伝わった

お茶を飲むことを指していました。

禅語の中にも「喫茶去(きっさこ)」ということばがあります。

「お茶でもお飲みください。」

一杯のお茶 ホット こころが癒されますよね~

Img_7626







2018年4月11日 (水)

八重桜

新学期も始まりましたね。 

昨日は、入学式の帰りなのか制服姿の初々しい中学生を見かけました。

桜はすっかり散ってしまったのですが、

お墓につづく坂道の
八重桜が見頃です。

八重桜はソメイヨシノと違って葉をつけた状態で咲き出します。

ソメイヨシノは花びらが五枚ですが、八重桜はだいたい倍の10枚くらい

多いものでは、100枚以上になります。

一輪の花に300枚近く花びらをつける兼六園菊桜という桜もあります。

花びらが多いし花が大きめなのでどっしりとした重量感がありますよね~

ソメイヨシノは、江戸時代植木屋さんで売り出されたのが

はじめと言われていますが、


八重桜は古くから親しまれています。

平安時代の歌人伊勢大輔も

「いにしえの 奈良の都の八重桜 けふ九重に にほひぬるかな」

という一首を詠んでいます。
Img_7631

2018年4月 9日 (月)

思い出寿命

ご近所の玄関先に今年も赤いチューリップの赤い花が咲きました。

7年前病気だったご主人が植えられたお花です。

「自分が亡くなった後も、思い出してもらえたら」と言って

植えられたそうです。

2年近く闘病生活されこの世に別れを告げられました。

「今年も咲きましたよ~」 チューリップの花の咲く頃

お元気だった頃が思い出されます。

 ãƒãƒ¥ãƒ¼ãƒªãƒƒãƒ—

2018年4月 6日 (金)

花散らしの雨

お昼前から雨になりました。

昨日の風と今日の雨花ちらしの雨になりそうです。

明日、7日(土曜日)10時より慶明寺の本堂で花まつりがあります。

役員の方が集まって明日の準備をされています。

お花で飾った花御堂も綺麗に出来上がりました。

たくさんのお子様達の参加をお待ちしてます。

是非、お誘い頂きお揃いでお越しください。

Img_7621
Img_7622       Img_7625

2018年4月 4日 (水)

思い出のひとコマ

朝ご近所の方が「お昼頃お花見をさせて下さい。」

とことわりを言いにこられました。

毎年、お花見を楽しまれているそうです。

皆さんで行く春を惜しみながら~楽しんでください。

慶明寺の桜たくさんの方に見て頂き有難うございました。

春の思い出のひとコマになれば幸いです。


枝垂れ桜は、ほとんど散ってしまいましたが

ソメイヨシノは、今が見頃、その後八重の桜がさきます。

サツキ、ツツジ、芍薬、牡丹、藤の花 春は次々とお花が咲き

庭も賑やかになります。
Img_7609_2
Img_7614 Img_7592_4











「桜花さきかも 散ると見るまでに 誰かもここに 見えて散り行く」  柿本人麻呂

2018年4月 2日 (月)

新年度

4月から新年度の始まりです。

また、来週から新学期が始まりますね。

4月は、新しい門出の月、希望や期待に満ち溢れた月でもあります。

昨日、新一年生でしょうか小学校の正門前で写真を撮られていました。

満開の桜の下で早撮りかな・・・・・・

今年は開花が早くて入学式には、残念ながら

葉桜になっているかもしれませんね。

慶明寺の桜の下では、楽しそうに

ご近所の方々がお弁当を食べられていました。

思わず「楽しそうですね おいしですか~」と声をかけそうになりました。

Img_7587

Img_7593

          「散る桜 残る桜も 散る桜」  良寛

2018年3月30日 (金)

お花見日和

慶明寺の枝垂れ桜も今が旬の見頃です。

今年は例年より随分早く咲きましたね。

今が満開です。

「年をとりましたので今年は、近くでお花見です。」と

ご近所の方が言われていました。

慶明寺は混雑しないので、散歩をかねてゆっくりと

お花見を楽しんでいただけると思います。

ぜひどうぞ 🌸 
🌸 🌸

Img_7571
Img_7573

Img_7583

2018年3月28日 (水)

花まつり

4月7日土曜日10時より慶明寺の本堂にて

花まつりを行います。

花祭りは、お釈迦様の誕生を祝う行事です。

花祭りでは、お花々で美しく飾られたお堂「花御堂」に祀られたお釈迦様に

「南無釈迦牟尼佛(ナムシャカムニブツ)」と唱えながら、

柄杓(
ひしゃく)で甘茶をそそいで拝みます。

花御堂は、お釈迦様が生まれたと伝わるルンビニ園をかたどったもの

「甘茶をかけるのはお釈迦様が生まれた時、9匹の龍が現れ

「甘露の雨を降り注いだ」という伝説に基づいたものです。

たくさんの子供さん達の参加をお待ちしております。

4月7日の土曜日慶明寺の花まつりに是非お越し下さい。

Img_7559



2018年3月26日 (月)

春休み

今週から春休みに入ったのでしょうか

平日の法要なのですが、お子さん達も一緒にお参りに来られています。

春休み、お花見、旅行と陽気に誘われて計画をたてられていらっしゃる方も

多いのではないでしょうか~

慶明寺の枝垂れ桜もこの暖かさで五分咲くらいになっております。

東京では満開で週末お花見の映像がながれていましたね

週末ぐらいが見頃でしょうか

是非、花見にいらしてください。

Img_7555



«小学校卒業式の袴姿