« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

ハクモクレン

モクレンの花言葉 「自然を愛する」

花言葉は、春の花がいっせいに咲き誇る4~5月ごろ

葉が出る前に枝先に紫のとても大きな花をつけ、

めいいっぱい自然を謳歌しているような様子からつけられたのでしょう。

                                 花言葉・花事典 より

Img_0288_800x533

お寺のモクレンはハクモクレンで、樹高は15メートル

ほどになりますが、モクレンは樹高3メートルほどです。

蕾が大きくなって、早く白い大きな花に会いたいものです。

                                     Ⓚ

 

2012年2月27日 (月)

クローバー

Img_0292_1_800x533

クローバーの花言葉

シロツメクサ「私を思い出して」

属名のトリフォリウムは、

ラテン語のtres(数字の3)とfolium(葉)に由来します。

3つの葉を持つ種が多いことからこの名があります。

少しずつ春の訪れを感じる今日このごろです。

2012年2月24日 (金)

南天

南天の花言葉

「私の愛はさらに深まる」

名前が難転に通ずることから昔から

災難除けや縁起かつぎの木として親しまれ、

現在でもお正月飾りやおせち料理の彩りに欠かせません。

Img_0064_533x800


Img_0276_800x533

赤い実の花言葉は、
幸せな家庭で、そんなところから

この花言葉が生まれたのかもしれません。

                       「花言葉・花事典」より

                                          Ⓚ

2012年2月23日 (木)

飛梅伝説

今日は菅原道真の飛梅伝説を調べました。

道真は、当時右大臣でしたが、

左大臣藤原時平の陰謀で、

太宰権帥に左遷されることが決まり、

自宅の庭にある彼の愛した紅梅に向かって

詠んだ歌があります。

東風吹かば にほひをよこせよ 梅の花

主なしとて 春な忘れそ

梅の木は、主人の気持ちに応え、後に大宰府まで

飛んでいき、その地で匂ったという伝説です。

               参考文献 平安大辞典

                                        Ⓚ

2012年2月22日 (水)

菅原道真の愛したウメ

明け方に雨が降り、朝は快晴だったので

淡路島もよく見えるだろうと思い一枚。

・・・霞んでほとんど見えませんでした (*^m^)

Img_0261_800x533

しだれ梅のつぼみ 第3弾

Img_0264_800x533

「梅」の花言葉

不屈の精神・高潔

 

菅原道真が愛した花としても知られ、主を思って一夜にして

 

都から飛んできた大宰府天満宮の飛梅伝説も有名です。

 

そのためか、花言葉も無実の罪で流された道真のことを

 

連想させるものとなっています。

 

               「花言葉・花辞典」  池田書店より

                                        Ⓚ

 

2012年2月21日 (火)

掲示板

今週、お寺の掲示板にはガラシャの

辞世の歌が掲示されています。

Img_0257_800x533

慶明寺は神戸六地蔵霊場の一つで、

丘に登ると淡路島も眺められます。
Img_0260_800x533

                                     Ⓚ

2012年2月18日 (土)

綿帽子

久々の大雪です。

神戸市全域で雪かと思いましたら、三宮は快晴で、

どうやら、ひよどり越えから西の地下鉄沿線のみ

の雪だったみたいです。

Img_0256_800x533


Img_0255_800x533


Img_0214_800x533

                                      Ⓚ            

2012年2月16日 (木)

細川 Gracia

今日は安土桃山時代の代表的なキリシタン女性である、

細川忠興夫人。明智光秀の娘。

本名 玉子。 霊名 ガラシャ(Gracia)の辞世の歌を紹介します。

「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」

この歌は、石田光成の兵に屋敷を取り囲まれたことにより、

ガラシャが小笠原少斎に胸を突かせて、自ら死を選んだ最期の歌です。

父、明智光秀が壮絶な死をむかえ、母、姉も亡くなり、ガラシャ自身も

この最期の時を覚悟していたかのような歌ではないでしょうか。

Img_0136_800x533_2_800x533_3
                                           Ⓚ

2012年2月15日 (水)

水仙

寺の庭にある水仙がなかなか咲かなかったのですが。

待ちに待った蕾を一つ見つけました。

「わびすけ」と「水仙」をいけてみました。

Img_0203_533x800              Ⓚ

2012年2月 8日 (水)

つぼみ 第2回

今日は強風で雪が飛ばされてきて、チラチラしていますが、

しだれ梅のつぼみは、少しずつ膨らんできています。

Img_0199_800x533             Ⓚ

2012年2月 2日 (木)

寒波 Cold wave

平成一番の寒さだそうですね。

Today is very cold.

観音様の足元の龍から流れる水が凍っています。

Water flowing from the dragon at the foot of the Kannon has been frozen.

Img_0142_533x800_2

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »