« 花祭り | トップページ | メジロ »

2012年4月 7日 (土)

春を散策

最近は寒くなったり暖かくなったり天気もころころ変わりますね。

三寒四温の言葉の通り少しずつ暖かくなってきています。

春は命の季節とも呼ばれていますが、

お寺の近くでもいろんな草花が咲いています。



たんぽぽ (蒲公英)

Img_1310_convert_20120407130617

Img_1320_convert_20120407114836

たんぽぽの花言葉は
「愛の神託」「真心の愛」「思わせぶり」です。

黄色い花とギザギザした葉が特徴的ですが、

この葉をライオンの歯に見立てて英名では

「ダンデライオン(ライオンの歯)」と呼ばれています。

たんぽぽという可愛らしい名前とは違い、

コンクリートの隙間からも生える生命力の強さに

見るたび感心します。



ヒメオドリコソウ (姫踊子草)

Img_1301_convert_20120407131101

花言葉は「愛嬌」

ヒメオドリコソウは「仏の座」と同じシソ科で、

ホトケノザと花弁などよく似た特徴を持っています。

ヒメオドリコソウは葉や茎をびっしりと

細かい毛が覆っているのが特徴です。

名前の由来は、同属の「踊子草」に

姿が似ていて、踊子草よりも小さかったことから来たそうです。



ナズナ (薺)

Img_1303_convert_20120407123721

ナズナの花言葉は
「すべてを捧げます」です。

白い小さい花を咲かせて風にそよぐ様子はとても可憐で

この花言葉もそんな様子から来たのかもしれませんね。

ナズナは別名「ペンペン草」とも呼ばれていますが、

この別名は葉が三味線のばちの形に似ていることから来たそうですよ。



どれも有名な春の草花でどこにでも生えていますが、

意識することがなければ気づかないかもしれません。

今は新しい命がどんどん生まれている季節です。

少し周りに目を向けて見つけてみてはいかがでしょうか。

« 花祭り | トップページ | メジロ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春を散策:

« 花祭り | トップページ | メジロ »