« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

工事中

Img_2101


今日も朝から、工事の方々」が来てくださって、境内の石畳を掘り起こ

されていました。

普段 歩いていますと、なにも思わなかったのですが、とても分厚い石

が敷かれていたことに気が付きました。

 

Img_2099

           

さて、週末あたりには、2000番の数へとのぼると思われます。

気軽に慶明寺まで足をお運びください。

腕念誦をプレゼントいたします。happy01

                                           Ⓚ

2012年5月30日 (水)

淡路島と香木

日本への仏教伝来(538年)以前の宗教的な香りは、杉、檜、榊

などの木の香りを基調にした自然そのままの香りでした。

 

595年に淡路島に香木が漂着し、それを焚いた島人が、その芳香に

驚いて朝廷に献上したという出来事がありました。            

 

Img_2094_2
         

鑑真の来日時(753年)には、香料や医薬品も持ち込まれ、燻香の 

製造方法も伝えられました。 

それまでは、お香は焼香として使っていましたが、燻香が伝わった 

ことにより、間接的に熱を加えて使用するたき方が加わりました。 

 

Img_2098

 

今では、様々な燻香が庶民に広がっています。 

私も実は、香りで癒される事は大好きです。 

宗教的な行事ごとの時などに限らず、普段気軽に少し気分を 

変えたい時などに、使われる方も多いですね。

                                    Ⓚ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年5月29日 (火)

バリアフリー

今日から、山門のバリアフリー化の工事が始まりましたwink

 

Img_2090


この工事の趣旨を 檀家の方々にご理解いただけて、役員の方々の

ご協力のもと 今日、無事工事に取りかかる事が出来ましたことを 

心から御礼申し上げます。

バリアフリー化が完成いたしますと、身体の不自由な方、又、赤ん坊連れの

ベビーカーでおこしの方など、どなたでも いつでも 不自由なく 寺へ参拝

して頂けるようになります。 本当にうれしいことです。

 

Img_2082                

                                            Ⓚ

 

 

 

 

 

2012年5月28日 (月)

廬舎那仏坐像

唐招提寺の金堂にあります、廬舎那仏坐像は、鑑真が来朝して

できたものです。

 

廬舎那仏とは、いわば太陽のような仏で、仏の全身から発する

無数の光が、釈迦の姿となって虚空に満ち溢れます。

 

そのような様子を 千という数の化物で表された、光背です。

光背は火焔が立ち昇る華麗なものとなっています。

 

まさに壮大な宇宙の仏、廬舎那仏にふさわしいものですね。

 

Photo_2

                         

            

           
奈良といえば、仏教。        

つい先日まで、明石の博物館で「平山 郁夫」展が開かれていまして、

私も出かけて参りました。

仏教に対する確たる思いから、シルクロードへとつながった彼の気持ちの

伝わってくる展示内容でした。

そして、青年時代の絵画なども補足の文章とともに展示されていて

彼の原点が少し、垣間見れた一日でした。

 

Img_2081_2

                                                  Ⓚ

 

 

 

 

 

 

2012年5月26日 (土)

夕化粧

最近道端でユウゲショウが咲いているのをよく見かけます。

明治時代に観賞用として南アメリカから持ち込まれたものが

今では野生化し、道端でもよく見かけるようになったんだとか(◎´∀`)

Img_1878_convert_20120526145146
花言葉は「臆病」です。

昼間から夜にかけてその花を咲かせることから

このような名前になったそうです。

別名「アカハナユウゲショウ」とも言います。

時々赤い花に混じって白い花が咲いていますが、

特別区別されることはないんだそうです。

2012年5月25日 (金)

サツキ

Img_2030_2
    

 

ツツジに続き、サツキが咲き続いています。

枝ごとにいろや形の異なる花を咲かせ、いろいろな色の花が、入り乱れて

咲くことが、昔は不思議でしょうがなかったのを、思い出します。 sign03     

これは、「枝変わり」というそうです。

他の花で、こういう事が起こる花はあるのでしょうか?

今のところ 私は思いつきませんcatface

Img_2021

          

アジサイも元気に育っています。

今日の朝の雨も恵みの雨です。

                                            Ⓚ

 

 

 

2012年5月24日 (木)

もうすぐ2000

慶明寺のブログを一月から始めまして、五月も終わろうとして

います。 happy01

最初は週に一回程度でしたが、今は毎日ブログを更新しています。good

四季折々の草花や自然に目を向けて、寺の行事もお伝えしながら

過ごす楽しい日々です。 

 

さて、2000番記念といたしまして、腕輪念誦をshine先着10名様shine

差し上げることになりました。

 

Img_0036

 

女性用・男性用とご用意しています。

note2000番note 楽しみにお待ちください。

 

Img_2045

クローバーが種を貯えています。もうすぐ弾けそうです。

                                       Ⓚ





2012年5月23日 (水)

ドクダミ

ドクダミが、ひっそりと木陰に咲き広がっています。

花の白さが際立っていて、その姿は遠くからでもわかります。

 

ドクダミは「消炎・殺菌」などに加え、最近では「血液サラサラ」「デトックス」

など、話題の薬効も確認されてきています。

十薬と呼ばれるにふさわしい薬草ですね。wink

 

そして、この白い花びらに見えるのは、葉が変化したものだそうです。

Img_2036


Img_2032

今日の淡路島です。

Img_2032_3

               

淡路島 通ふ千鳥の 鳴く声に 幾夜寝覚めぬ 須磨の関守

                   源 兼昌(みなもとの かねまさ)

 

この和歌は、「源氏物語」の主人公の光源氏が、須磨で寂しく暮らした

という気持ちになって、源 兼昌が詠んだものだと言われています。

 

                                           Ⓚ

 

 

 

 

2012年5月22日 (火)

東京スカイツリーが、今日開業しました。

本当に高い(634メートル)電波塔ですね。

 

Img_2027


                              

スカイツリーには 様々な日本らしさが 散りばめられています。

 

まず、シルエットは日本の伝統美が生かされていて、日本刀が持つ

「そり」、寺院などの柱に見られる中央が少し膨らんだ「むくり」を取り

入れています。

 

そして、カラーは、日本の伝統色、最も薄い藍染の色「藍白」をベース

にした「スカイツリーホワイト」で彩られています。

 

日本の技術力は世界に誇れるものです。

最近では、海外でのマンション建設時における「日本仕様の設計で」

というオファーが多いそうです。

日本の繊細で緻密な設計力、そして確かな材料技術・建設技術力が

世界で求められ、頼もしく思います。

 

Img_2029

 

タンポポは綿毛を遠くに飛ばす為に、茎を伸ばして高くなっていく

そうですね。 上へ上へです! upwardleft

 

スカイツリーは、高層ビルの影響で悪くなった近隣の電波状況改善

の為の電波塔らしいですが、本当に高いです happy02

                                      Ⓚ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年5月21日 (月)

本日 金環日食

今朝、起きて晴れていて、ほっとしていました。

 

Img_2024_2
                  
フジの苗を植えました

  

が、7時ごろから雲が邪魔してきまして、不安になっていました。

 

近所の小学生4人と一緒にメガネを持って、待機していましたので

みんなドキドキでした。coldsweats02

   

その他、小学校で習ったように、紙に小さな穴を空けて、壁に映した

影の形も見ようと、みんなワクワクしていたんです。happy02

 

7時25分くらいから、雲が抜ける機会がチラチラでてきて、どうどこそ

7時29分金環日食完了を無事見る事ができましたgood

子供達は、それはそれは大騒ぎでした!

『リング』見えましたheart02

  

このあたり(神戸市西区・明石)で、金環日食が見られたのは、

約280年ぶりでしたsun 

生きている間に見られてよかったです!

  

Img_2023_2
                


             
さて、ツバメが卵をあたため始めました。

楽しみです。無事大きくなって巣立っていってほしいです。

                                        Ⓚ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年5月20日 (日)

金環日食

今あちらこちらで話題になっていますが、

明日5月21日は「金環日食」を見る事が出来るそうですね(◎´∀`)ノ

「日食」とは、月が太陽の前を横切るために、

月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。

太陽が月によって全部隠されるときには

「皆既日食」と呼ばれます。

今回見られるという「金環日食」は太陽の方が月より大きく見えるために

月の周りから太陽がはみ出して見えるんだそうです。

国内で金環日食が見られるのは実に35年ぶりなんだとか!

今度の日食は21日の午前6時19分から始まって、

7時34分に金環日食を見る事が出来るそうです。


楽しく日食を観察するためにも、「日食グラス」などを使って

安全に行ってくださいね(`・ω・´)

昨日のさやかさんの1回忌の後

参列された皆さんでお食事をしていた時の事 

和尚の父でもある潮音さんが今度自らの運転で

鳥取の皆生温泉まで行かれるとおっしゃったそうです。

周りの皆さんは反対したのですが・・・

最近は事故のニュースが多くてとても心配です( ´;ω;`)

無事に帰ってこられることを願うばかりです。

2012年5月19日 (土)

さやかさん一回忌

今日は和尚の娘さやかさんの1回忌でした。

下の文章は法事で和尚が言われたものです。



 本日は殊の外お忙しい中、娘さやかのむかわり一年の法要に参列頂き

誠に有難うございました。早1年と思う反面、

まだ1年しか経っていないと思う気持ちの錯綜や、

未だに娘の死を受け入れられていない自分がいる事に気が付きます。

恐らく、一生涯この心の傷は、癒える事はないと思います。

時の風化や、環境の変化があろうとも、この悲しい絶望的な気持ちや思いは

何年経っても変わる事はないと思います。

 あの頃、あの時、娘さやかが亡くなることが分かっていたならば、

もっと話を聞いてやり、自分の好きな事を

いっぱいしてやれば良かったなぁと思いますが、後悔先に立たずであります。

誰か好きな人でも出来、結婚し、孫の顔を見る事も叶わぬ夢となりました。

 今、仕事が忙しい事が幸いし、真正面から娘の死を受け取ったならば、

とても働く意欲も無くなってしまうでしょう。

今しばらく娘の死を正面から受け止めることは後にして、

現役をリタイヤしたのち、力一杯声をあげ、涙が枯れるまで泣いてやりたいと思います。

今しばらく我慢して、生きていたいと思います。

 皆さん本日は本当にありがとうございました。きっと娘さやかも空の上から

喜んでいる事と思います。親戚、兄弟、友人の皆さん、本当に有難うございました。 

Img_2019_convert_20120519150413

 

2012年5月17日 (木)

如意輪観音(にょいりんかんのん)

奈良の中宮寺の「如意輪観音」は、聖徳太子の母 間人皇后(はしひとこうごう)

の姿を写したものといわれ国宝とされています。

 

世界三大微笑の一つとされて、調和のとれた美しい姿が人気の像です。

「他の三大微笑像は?」といえば、モナリザと スフィンクスですから、

の日本の如意輪観音像がどれほど、素晴らしいか おわかりになる

はずです happy02

 

Photo
 

さて、昨日ブログに登場いたしました、「シャクヤク」!

今日は、いけてみました。

爽やかな風が感じられるように、いけられていますでしょうか?

Img_2003

                     
      

こちらは、カサブランカ と ひまわり で のびのびと可愛らしく、

そして 季節感のある盛り花 です。

Img_1996
     

今回は 可愛らしく爽やかな女性 をイメージして、心を込めていけました。

 

                                           Ⓚ

 

 

2012年5月16日 (水)

シャクヤク

シャクヤクが 花開きました。

私の大好きな花の一つです。この花を いけ花の花材にする季節になると、

shineもうすぐ夏がくるんだな~shine 」 と 毎年楽しみになります。

 

いけ方は もちろん、 「立てばシャクヤク」 の言葉どおり

涼しげにスッキリと いけるのが、必須ではないでしょうか? smile

ですが この花は、貴重な開花第1号なので、自然の形のまま 

楽しみたいと思います。           

Img_1986_2    

 

そして、慶明寺の掲示も 夏に向かって 衣替えです。

  

Img_1990_2

                     

「夏の短い 夜が明ける頃 期待していた ホトトギスが 鳴いた。

 はっと その声のした方を 眺めると すでに 鳥の姿は無くて

 ただ名残月が 有明の空に 残っているばかりだったよ。」 

 

                                         Ⓚ        

 

 


2012年5月15日 (火)

韋駄天(いだてん)

慶明寺の玄関を入りますと、右前方に「韋駄天」がお祀りされて

います。

現代にも いくつか韋駄天に まつわる言葉があります。

 

「韋駄天」は よく走る神、盗難除けの神として知られています。

そこから転じて、足の速い人のたとえにされ、「韋駄天走り」などという

言葉があります。

 

昔、韋駄天が釈尊の為に 方々を駆け巡って 食べ物を集めたことの

俗信に由来して、「御馳走 (ごちそう)」という言葉ができました。

Img_1985_2
    

韋駄天さんは、むかしから 私たちの生活と近い所にいらっしゃった

んだな~と思いました。

                                  Ⓚ 



    

2012年5月14日 (月)

シャクヤクの蕾

ボタンの花が終わり、次は隣りの芍薬が 大きな蕾を膨らませて

きました。

 

芍薬の花言葉は「謙遜」「恥じらい」です。

華やかな花の姿とは反対に 花言葉は、夕方には 花を閉じてしまう

ところからきているようです。

 

ワインの例えで、しなやかで爽やかな香りのするワインを「芍薬のような

香り」というそうですね。

姿ばかりでなく、香りまで、すらっとしているということでしょう。

 

Img_1976_2
                       
                  

 
山門を出た横には、アジサイも大きくなってきています。

この季節の アジサイの成長ぶりには、いつも 驚かされます。

 

Img_1977

                                                  Ⓚ

2012年5月13日 (日)

母の日

今日5月13日は「母の日」です。

日本で初めて母の日を祝ったのは明治時代の教会だそうです。

昭和に入ると当時の皇后の誕生日が3月6日だったことから

その日を母の日としていました。

現在のように5月の第2日曜日に行われるようになったのは

戦後しばらくしてからだそうですよ。

 

母の日といえばカーネーションですよね(◎´∀`)ノ

カーネーションの花言葉は

赤「母への愛」 白「生きた愛情」 桃「熱愛」「大胆」 黄「軽蔑」です。

日頃の感謝を花に託してお母さんに贈ってみてはいかがでしょうか?

Img_1971_convert_20120513140514_2

2012年5月12日 (土)

五月病

ゴールデンウィークも過ぎて五月も中旬になってきましたが、

なんだか最近やる気が出ない、気分が沈むと感じていませんか?



昔から
「五月病」なんてことを言いますよね。

五月病の原因には環境の変化が挙げられます。

新しい環境での慣れない生活は自分が感じている以上に

心身の負担になっているものです。

ところが、環境の変化のほかにも

「気象条件」が原因の一つにあるらしいですよ!

5月になると日照時間が増加しますが、

日照時間が増加することで自律神経や

ホルモンのバランスが崩れやすくなります。

また、日中と夜間の気温の差が大きくなりやすく、

身体への負担となりストレスに繋がってしまいます。



五月病は今まで気付けなかった自分からの疲れのサインです。

この機会に普段の生活を振り返ってみてはどうでしょうか?

Img_1964_convert_20120512151658

2012年5月11日 (金)

ツバメ通信 ②

ツバメの巣 今日も少し 巣が大きくなっていました。

つばめ来て 波形描きぬ 西山に 土と変わらぬ 古き石段

                              与謝野 晶子

Img_1928


ツバメといえば、佐々木小次郎の「ツバメ返し」という剣術が有名ですが、

有名でもどのような術かと言われれば不明で、想像でしか語れないよう

です。

武蔵は 「刀を片手で持てばリーチが長くなって有利だろう」 ということで

二刀流にしました。

小次郎は 「リーチが長くなれば有利」 という考えは同じだけれど、単純に

刀を伸ばしました。

一撃目には有利ですが、一撃目をかわされると刀が重たい分、隙ができます。

そのため、小次郎は斬り下げた直後に、斬り上げることで、隙を無くしたと、

言われています。とても強い筋力が必要だったことでしょう。

  

Img_1937

                                     Ⓚ

2012年5月10日 (木)

紫蘭(しらん)

今日は晴天に恵まれて、墓地までの道のりが 気持ちよかったです。

 

朝から 墓のお掃除をされていた 神田さんご夫婦と挨拶をし、

慶明寺の墓地には、かなり古くからの墓がたくさんある事なども

ご存じで、板碑詳しいお話なども伺えました。 happy01

とっても多才な方で、「写真」を趣味で楽しまれているので、今度是非

ブログにご登場頂いてご紹介したい!です。

 

Img_1938


紫蘭が綺麗に咲いていました。

花言葉は「あなたを忘れない」「変わらぬ愛」です。

 

きっとこの紫蘭も、どなたかがお墓で眠っている方のことを大事に思って

植えられたのでしょう。

朝から清々しい気持ちで一日の始まりです。 good

Img_1931_4
                       

               今日も巣作りに大忙しのツバメ

                                            Ⓚ
 

 

2012年5月 9日 (水)

ツバメ通信 ①

先日、「ツバメを見かける。」と、このブログでお伝えしましたが、

一昨年に作っていたトイレの軒下に、戻ってきて、久々に巣を

作っています。

近所の田んぼと 巣の往復です。

Img_1926
 

Img_1923

 

ツバメといえば、オスカー・ワイルドの『幸福な王子 』 という子供向けの

短編小説が思い浮かびます。

金色に輝く王子の像が、越冬のためエジプトに渡ろうとするツバメを使いに

して、貧しく不幸な人々のために自らがまとう宝石や金箔を分け与え、

後にはボロボロの像になり、溶かされていきますが、王子の心臓だけは

残ったというお話です。

 

 

Img_1924
 

王子もツバメも 「自分を忘れて 世のため 人の為に働いていく」

二人はとても和やかにいる事が出来たのでしょう。

まさに、観世音菩薩のように~

                                        Ⓚ

 

 

2012年5月 8日 (火)

髪供養

5月8日 慶明寺で髪供養が厳かに行われました。

今日は、天候にも恵まれ、多数の方が参列され、無事に

髪納めの儀式が終わることができました。 confident

 

Img_1920

             
                           

慶明寺の髪供養塔は 宝暦12年に建立されたもので、江戸時代から

長い間 髪に感謝を込めて ずっと供養されてきています。 

                         

Img_1917_5

                                          Ⓚ


 

2012年5月 7日 (月)

活動

ツバメが空で宙返りをする季節がやってきました。

モミの木の周りを飛んでいるのでそのあたりの何処かに

巣を造っているのでしょうが・・・まだ発見できていません。

 

そして昆虫も 花の蜜集め に大忙しです。

これは、マルハナバチでしょうか?花から花へと飛び回っています。

Img_1903_2


こんなに花があるので、一日中働いているんでしょうね。

 

Img_1892_2

                                              Ⓚ

2012年5月 6日 (日)

クローバー②

墓地のところにクローバーが生えていました。

Img_1888_convert_20120506131700

花言葉は「約束」「私を思い出して」です。

クローバーは別名「シロツメクサ」とも呼ばれてますよね。

これは江戸時代にオランダから輸入されたガラス器の梱包に

この草が詰め物として使われていたことから来ているそうですよ。

また、クローバーといえば「四つ葉のクローバー」ですよね(○`・ェ・)!

四つ葉の花言葉は「幸運」「私のものになって」です。

四つ葉のクローバーを見つけると良いことがあると昔から言われています。

私も小学生の頃よく友達と一緒に探していました。

どんどん見つけていく友達の横で

一つも見つけられなかったあの頃・・・(ノ∀`)

可哀想に思った友達が、自分が見つけた中から1本分けてくれた事を

思い出しながら久しぶりに四つ葉探しに挑戦してみようと思います。

皆さんもシロツメクサを見かけたときはぜひ

四つ葉のクローバーを探してみてください(◎´∀`)ノ

Img_1890_convert_20120506120220

2012年5月 5日 (土)

こどもの日

今日、5月5日は「こどもの日」です。

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」

と1948年に定められたそうです。

慶明寺の玄関にも立派な兜が飾られていますo(*^ ∀ ^*)o

Img_1865_convert_20120505132954_2

昔は、5月5日は「端午の節句」として男の子の健全な成長を祝う日だったので

男の子のための日という印象が強いですが、今では女の子がいる家庭でも

兜を飾ったりしてお祝いするところもあるらしいですよ。

私は「母に感謝する」という部分に驚いたのですが、

確かに、普段子供たちが元気に過ごせるのは

育ててくれている両親がいてこそですよね!

母だけに限らず父にも感謝したいものです( ´ ∀ ` )/

Img_1864_convert_20120505133313

2012年5月 3日 (木)

綿帽子

気付かないうちに黄色い花を咲かせていたたんぽぽ

すっかり綿毛になっていました(*´∀`)ノ

いつの間に綿毛になったんでしょう?

私はたんぽぽが綿毛になるのは秋だとばっかり思っていたので

こんな季節からもう白いふわふわの綿をつけていると知って

けっこう驚きましたΣ(゚□゚(゚□゚*)

調べてみると、たんぽぽが綿毛になる季節は

特には決まっていないらしですね!

小さかった頃、綿毛を''フー''っと飛ばすのが大好きだったことを

なんだか懐かしく思い出しました。

Img_1850_convert_20120503134519

2012年5月 2日 (水)

生きてる生きてく

 

今日は 私が以前より興味のある歌手、 福山雅治さんの歌を

取り上げます。

最近の福山さんの歌う歌は、なんだか惹きつけられる物があって、

自然と聴いてしまいます。

 

この歌は ドラエモンの主題歌なので、子供から大人までわかる

歌詞だと思います。 

 

命のリレーをテーマにした楽曲で 明るいリズムで聴きやすく 

元気をもらえる歌です。 happy01

 

 

               

Img_1832_5

 

 

 

 

 

 

                               
                   
 

「生きてる生きてく」    

不思議なものだ 子供の頃は大人になんてなれないのに

大人になれば「ときめく」だけで いつでも子供になれる

いままで生きて 出した答えは正解よりも 間違いのほうが多いよ

僕は間違いながら 大人になってきたんだ

 

こんな僕の人生のいいことやダメなことが 100年先で頑張ってる

遺伝子に役に立てますように いまを生きてる

         ・・・・・・・・・・・・・・・(略)・・・・・・・・・・・・・・・・   

失敗とか後悔から 「覚悟すること」を学んだ

逃げられない苦しみに 悲しみに勝つために

 

大きな夢を一つ持ってた 恥ずかしいくらいバカげた夢を

そしたらなぜか 小さな夢が いつのまにか 叶ってた

 

そうだ 僕は僕だけで 出来ているわけじゃない

100年1000年前の遺伝子に 褒めてもらえるように いまを生きてる

この生命でいまを生きてる   今日も生きてく

 

Img_1835_2


さて、慶明寺の 今を盛りと咲いていた三月の梅や 四月の桜も 

今は 小さな実をつけて 育ってきています。 

いつも新鮮な意識で 日暮しができるように なりたいものです。

 

                                        Ⓚ

 

 

 

 

 

2012年5月 1日 (火)

スズラン

4/19に紹介しました松の下のスミレに加えて、最近は横にスズラン

鈴なりに咲いています wink 

Img_1824

        
フランスでは、本日5/1が 「ミューゲ日」(スズラン フランス名)で、

各地でスズラン祭りが催されます。

幸福を運ぶスズランの日です。 

皆様にも幸せが訪れますように 願いを込めて写真を写しました。 good       


Img_1823

                                                Ⓚ

 

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »