最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 紫蘭(しらん) | トップページ | 五月病 »

2012年5月11日 (金)

ツバメ通信 ②

ツバメの巣 今日も少し 巣が大きくなっていました。

つばめ来て 波形描きぬ 西山に 土と変わらぬ 古き石段

                              与謝野 晶子

Img_1928


ツバメといえば、佐々木小次郎の「ツバメ返し」という剣術が有名ですが、

有名でもどのような術かと言われれば不明で、想像でしか語れないよう

です。

武蔵は 「刀を片手で持てばリーチが長くなって有利だろう」 ということで

二刀流にしました。

小次郎は 「リーチが長くなれば有利」 という考えは同じだけれど、単純に

刀を伸ばしました。

一撃目には有利ですが、一撃目をかわされると刀が重たい分、隙ができます。

そのため、小次郎は斬り下げた直後に、斬り上げることで、隙を無くしたと、

言われています。とても強い筋力が必要だったことでしょう。

  

Img_1937

                                     Ⓚ

« 紫蘭(しらん) | トップページ | 五月病 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツバメ通信 ②:

« 紫蘭(しらん) | トップページ | 五月病 »