« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

台風17号

台風17号が今日の夕方にも上陸するらしいですね!

そのため朝からお天気はあんまり良くないです(´・ω・`)

今日は中秋の名月で楽しみにしていたのに残念です。

中秋の名月が見られるのはいつも今頃の時期ですが、

よく台風と重なって綺麗なお月様を見られることは

あまりないらしいですよ。

ですが、もしかしたら夜には台風が通過しているかもしれませんよね。

その時は台風一過で綺麗なお月様が見られることでしょう。

まだ朝ですので夜の天気がどうなるか分からないので、

もう少しだけ期待して待ってみるのも良いですよね(◎´∀`)

2012年9月29日 (土)

彼岸花

彼岸花が咲きました(◎´∀`)

この時期に咲く花と言えば彼岸花ですよね!

彼岸花独特の紅い色とその形が印象的で

私は子供のころからこの花が好きです。

Img_2808_convert_20120929131048

彼岸花の花言葉は「情熱」「再会」「悲しい思い出」などです。

また、多くの別名を持っており、「曼珠沙華」「幽霊花」「死人花」「剃刀花」

「狐花」「地獄花」「捨て子花」などとも呼ばれています。

花が開花する時期がちょうどお彼岸だという事と、

毒を持っているという事から妖しい別名が多いんでしょうね。

Img_2814_convert_20120929131305

2012年9月28日 (金)

住職研修会

今日は兵庫県の兵庫教区の臨済宗妙心寺派の住職

・副住職の研修会が慶明寺で開かれました。

53名の和尚さん方が集まられていらっしゃいます。

Img_2804

Img_2806

熱心に講師の先生のお話を聞いていらっしゃいました。

 

                                               Ⓚ

2012年9月26日 (水)

秋の音

食欲の秋。美味しい物が出回る秋ですね。 

 秋分の日を待っていたようにスーパーの店頭に柿が 

 ならび、まだ青いところもあるが、ほのかな甘さが懐か

 しく手がのびました。素朴でつつましやかな甘さの柿を 

 山口誓子の 柿を食ふ君の音またこりこりと            

 思い浮かべながら,柿をほおばった. 

 シャキシャキ、サクサクではなく、コリコリと  ああ、秋の音

Img_2803_3
  

 ここで、柿の裏話をちょっと  

 種が大きくなると、それまで渋かった実が甘くなり鳥の

 食欲をそそり、種を運んでもらうため、仕組まれた甘さ 

 というわけです。ヘタにもちゃんと意味があり、もぎとられ 

 ても柿は生きていて、皮を通してではなく、このヘタで    

 空気を吸うという。小さな物語が、いつぱい詰まってます。

 

 

 

2012年9月25日 (火)

金子 みすず の世界

「花のたましい」

散ったお花のたましいは、

み佛様の花園に、

ひとつ残らずうまれるの。

 

だって、お花はやさしくて、

おてんとさまが呼ぶときに、

ぱっとひらいて、ほほえんで、

蝶々にあまい蜜をやり、

人にゃ匂いをみなくれて、

 

風がおいでとよぶときに、

やはり素直についてゆき、

なきがらさえも、ままごとのご飯になってくれるから。

Img_2797


               

  

 

 

 

2012年9月24日 (月)

サツマイモ

味覚の秋です。

慶明寺の横の畑ではサツマイモがたくさん実っています。

Img_2800


もう大きくなっているんですね。

何畝かは、掘り起こして収穫されています。

お店でみるサツマイモでも 産地や土の種類によって色が

少しずつちがったりしていますよね。

紅色がしっかり発色しているイモを見ると本当に美味しそ

です。

でもやっぱり、どこでイモ掘りをしても、自分で掘ったお芋

一番おいしいと思うのは、みんな同じでしょう。happy01

 

大きいイモはもちろんですが、小さな小さな捨てられて

しまいそうなイモも蒸したら、まるごと手軽に食べられる

ので大好きです。good

イモって無駄のない素晴らしい食べ物ですね!

 

 

                                             Ⓚ

2012年9月23日 (日)

ことわざに「暑さ寒さも彼岸まで」とあるように、

最近はだいぶ涼しくなってきましたね。

夜や明け方は少し寒いくらいです。

時折吹く風にも秋の匂いがするようになって

季節はもう秋なんだと改めて感じます。


秋はそれまで賑やかだった夏が終わった後に来るということもあり

なんだか祭りの後のような淋しさを感じさせます。

でもその代りといっては何ですが、静かな夜に鈴虫たちの鳴き声は

とても澄んでいてよく響いています。

思わず見ていたテレビを消して聞き入ってしまうこともしばしばです。

夜は月が綺麗に出ていることも多いですし、

今年の中秋の名月ももうそろそろです。

また、秋の空は高くて夏の空とは違った美しさも持っていますよね。

木々の紅葉を見るのも今から楽しみです。

秋は私たちが気づかない間にひっそりとやってきます。

みんなで賑やかに楽しむようなことは他の季節に比べると少ないですが、

秋の訪れに気付けたら一人の時間をほんの少し豊かにしてくれる

そんな変化が多い季節です。

これからいくつ秋からの贈り物に気づけるかちょっぴり楽しみです(*´∀`)

Img_2768_convert_20120923092754

2012年9月22日 (土)

秋季彼岸合同法要

秋季彼岸合同法要が慶明寺にて執り行われました。

Img_2761_convert_20120922145129_2

Img_2764_convert_20120922145749_2

Img_2772_convert_20120922150340_2

塩田 結女史による「関ヶ原の合戦」特に、当寺とも縁のある

宇喜多秀家公についてのお話もありました。

Img_2794_convert_20120922151015
初めて聞くようなことも多く、とても興味深いお話でした。

Img_2795_convert_20120922151558

2012年9月21日 (金)

明日は秋季合同彼岸法要です。

玄関の可憐な菊が 秋らしさを漂わせています。

 

山門を出たところに、彼岸花のつぼみができています

最近では、街中では彼岸花が群生しているのを見かける

ことも無くなっていますが、この花を田舎道などで見かけ

るとやはり 彼岸をむかえる という気がいたします。

Img_2748


shine柳、菊、ユリ、カーネーション、谷渡りの取り合わせshine

 

                                               Ⓚ

 

 

 

2012年9月20日 (木)

ススキ

ススキがいたるところで見られますね。

ススキの花言葉は「活力」「精力」「心が通じる」です。

生命力が旺盛で、すくすく伸び(=すす)て、

萌え出る(=き)ところから、「ススキ」となったとされます。

秋の草花なのに少し意外な感じを受けました!wobbly

 

Img_2744


この二日間は、さわやかな風が気持ちのいい日で、過ご

しやすいですね。

今週22日(土)には秋季彼岸法要が行われます。

いい天気が続くことを願っています。wink

           

                                                  

 

 

 

 

 

 

2012年9月19日 (水)

柿好きといえば、正岡子規ですね。

子規のもっとも有名な一句といえば、

 

柿食へば 鐘がなるなり 法隆寺 

 

でしょう。 この句は、子供のころ国語で習いました。wink

旅先の秋の奈良で 大好きな柿を食べていると、法隆寺の

鐘の音が聞こえてきたということですね。

秋の美しい空気のなかで、のどかにいる感じを受けました。

Img_2742

 

 

                                               Ⓚ

 

 

 

 

2012年9月18日 (火)

高温注意報

この時期にこんなことがあるのですね!

北陸から東北地方にかけて日中の気温が10度ほど

高くなっているそうです。

35度を超えるところもあるとして、高温注意報が出ていま

す。~昨日近づいた台風の影響でしょうね~

 

実は気温の少し和らぐ、この9月こそ急な気温の上昇などに

よる熱中症に気を付けなくてはらないそうです。

・・・意外なことですが・・・

250pxundoukai
               

                  ウィキペディア 運動会より

九月は各地で運動会が多くあります。

対策を万全にして出かけたいですね。good

 

 

 

 

 

 

 

2012年9月17日 (月)

台風

台風16号が九州を北上してますね。

大型で非常に強い台風ですので、

大きな被害が出ないか不安です( ´・ω・`)

毎年この時期になると台風がたくさんやってきますが、

それはいったいなぜなんでしょうか?



台風は夏にだけ発生していると思っている人も多いですが、

台風は一年中発生しています。

でも夏だと日本にとどまっている太平洋高気圧の影響で

日本まで来ることが出来ず、それが弱まってきた

今の時期に台風が来ることが多いんだそうです。

毎年の事だったのであまり疑問に思うことがありませんでしたが、

こんな理由があったんですね!



2012年9月16日 (日)

敬老の日

明日9月17日は敬老の日です。

国民の祝日に関する法律第2条によれば

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日となっています。

1966年「国民の祝日に関する法律」の改正により

建国記念の日、体育の日と共に追加制定されました。

以前は9月15日に定められていましたが、

改正により2003年からは9月の第三月曜日に変更されました。

せっかくの祝日ですから、普段お世話になっている

おじいちゃんおばあちゃんに感謝の気持ちを伝えてみて下さい。

Img_2735_convert_20120916143024

2012年9月15日 (土)

秋の七草

七草には春と秋の2つがあります。

春の七草は七草粥にして食べることも多いので

覚えている人も多いでしょうが、秋の七草は観賞用が主なので

知らない人も意外と多いのではないでしょうか( ^ω^ )?

秋の七草は

・萩(はぎ)

・桔梗(ききょう)

・葛(くず)

・藤袴(ふじばかま)

・女郎花(おみなえし)

・尾花(おばな/ススキの事)

・撫子(なでしこ)

の七つです。

 

秋の七草も葛・女郎花・桔梗の根や葉などは

薬用としても使用されるんですよ!

9月の今がまさに時期なので、ぜひそれぞれの美しさを

楽しんでみてください(◎´∀`)

Img_2736_convert_20120915145459

2012年9月14日 (金)

新米

昨夕、待ちに待った新米が手に入りました!

 

そして、今朝は炊き立てのホカホカご飯を梅干しで

頂いきました。happy02

「日本人に生まれてきてよかった~heart01」と思う年に一度の

瞬間です。

もちろんお昼ごはんにも、おにぎりを頂きました。

新米のおにぎりは、冷めていても、海苔を巻かなくても、

噛めば噛むほど味がでてきて、香りもあり、美味しかっ

です。

Img_2732_2


今日は沖縄には大きな台風が近づいてきているようで

心配ですが、今年は大きな被害もなく、収穫の時期を

迎えられたので農家の方々もホッと一安心ですね。

 

おいしいお米をありがとうございました。

 

 

                                               Ⓚ

 

 

 

 

 

                                  


2012年9月13日 (木)

ごんぎつね

両親のいない子ぎつねのごんは、村へ出て来てはいたずらばかりしている。

ある日、兵十が病気の母親のために捕ったウナギを逃すといういたずらを

してしまう。

その後、兵十のお母さんの葬列を見たごんは、あのときのウナギはお母さ

んのために用意していたものだと知り、後悔する。

そして、ごんはウナギの償いのつもりでイワシを盗んで兵十の家へ投げ

込むが、兵十はイワシ泥棒と間違えられ殴られたのを知り、また反省する。

それからは、自分で山で集めてきた栗やまつたけなどを 毎日兵十の家へ

届ける。

Img_2729_4

一方、兵十は 栗などは神様からの贈り物と思っている ということを知った

ごんは寂しくなる。

それでもまた翌日は兵十のうちへ向かいます。

ごんが家へ来たのに気付いた兵十は、またいたずらに来たと思火縄銃

でごんを撃ってしまう。

兵十がごんに駆け寄ると 栗が固めて置いてあったのが目に留まり、やっ

今までのことが ごんの詫び だったことに気付く。

 

        「ごん、おまえだったのか。いつも栗をくれたのは。」 

と問うと、ごんは目をとじたままうなずいて物語が終わっていく。

 

Img_2728_2

この物語は読み進めていくうちに、ごんはこんな気持ちだったのかな?

とか、今兵十はこんな気持ちなんだ と様々な言葉から想像することができ

お話でした。

読む人の立場によって色々な考えが出てきそうなお話ですね。

甘えることを知らずに一人で育たなければならなかった子ぎつねは、

村人の名前を覚えるほど人に興味があるにもかかわらず、いたずらを通

してでしか自分の気持ちを表現できなかったのですね。

子供を持つ親の立場からすると、子ぎつねのもどかしい心の内が 手に

取るように伝わってきました。crying

 

見つかると殺されるかもしれないのに、近ずかずにはいられないくらいに、

兵十に対して、一人ぼっち辛さのわかる仲間意識と、

罪ほろぼしの気持ちを持つ 子ぎつねごんの せつない気持ちに胸が痛く

なってしまいます。 weep

 

2人の想いが最終的には重なることが出来きて 少しほっとしましたが、

どうしようもないくらい 涙があふれて しょうがない物語でした。

 

 

 

 

 

                                                 Ⓚ

 

 

 

 

 

 

2012年9月12日 (水)

財産がなくてもできるプレゼント

人は求めることより、与えることによってのみ生きる喜びを

得ることが出来るといわれてます。

 

たまに、人間関係を作るのにお金や物、地位を与えて、

自分の味方につけようとする人がいますが、

受け取り手が負担にならない さわやかなプレゼントが

やはりいいですね。

Img_2726

その7つをお教えします。 

1.優しいまなざし

2.微笑のある顔

3.あたたかい言葉

4.気持ちのよい挨拶

5.思いやりある心

6.席を譲る

7.よい雰囲気

小さな子供から寝たきり人でも、家族に微笑するような

プレゼントはできますね! happy01

 

                          幸運になる笑顔の法則  藤原東演より

 

                                                 Ⓚ

2012年9月11日 (火)

無財の七施

仏教典のひとつ「雑宝蔵経」の中に『無財の七施』という

ものが書かれています。

眼施・和顔施・言辞施・身施・心施・床座施・房舎施の七つ

です。

Img_2723


布施にもいろいろあり、お金や地位が無くても世の中に十

分役立つことが出来き、金品ばかりが布施ではないという

意味だそうです。

「貧者の一灯」という言葉もあるように、

やはり、形式よりも真心が大切なんだ!ということなんで

しょうね。

これは誰にでも出来そうなことですね。

すぐに実行してみようと思います。good

 

明日は、七施の中身を詳しく見てみます。wink

 

                                               Ⓚ

 

 

 

2012年9月10日 (月)

ツユクサ

ツユクサはどこででも見かけられる可愛らしい花です。

万葉集にはたくさんこの月草(ツユクサの別名)を詠んだ

歌があります。

Img_2725

ツユクサで染めた着物は、水で色が落ちやすいことから

心変わりを例えてみたり、はかない命を例えてみたりする

そうです。 せつない感じの歌が多いです。coldsweats01

 

  百(もも)に千(ち)に 人は言ふとも 

   月草(つきくさ)の  うつろふ心 我持ためやも

                           作者不明

 

なんだかんだと 人はいろいろ言うけれど、月草の

ような移ろいやすい気持ちは 私にはありません。

私は一途にあなたのことを 想っています。 heart02

 

                                                Ⓚ

2012年9月 9日 (日)

あいたた観音

先日。新聞で加古川鶴林寺の新宝物館が完成し、 

あいたた観音の愛称で知られる国指定需要文化財             

銅造聖観音立像など多くの仏像や絵画が新宝物館 

搬入されたとの事。 

数年前に訪れ、幸福な気持ちで帰ったお思いがある  

ニヤーとしたお顔見ていると つられてニヤーとなり 

とても幸せそうな表情でお参りに来る人々に幸せを分 

けてるような気がします。あいたた観音は素敵です。

 あの優しいあげた手は (またいらつしゃい) と手を 

振ってくれてる様にもお思います。 

    また、ほつこりしに行こうかな (◎´∀`)ノ

 

 

Img_2304


 

 

 

 

 

2012年9月 8日 (土)

白露

 一年の中で待ちこがれるものが2つあります。 

      3月の啓蟄と9月の白露

 地中から虫がはいだす頃  草花に白い露がつく頃

Img_2716_3


  7日が白露でした。日中の蒸し暑さは相変わらず 

ですが、朝晩の風は変わってきてます。流れ込む 

夜半の涼風で目がさめ窓を閉めたこともあり 

秋はすぐそこまで来てます。     

 

 

 

 

 

2012年9月 7日 (金)

どんぐり

墓地へと向かう坂道の どんぐり の実が大きくなって

ました。

今年のどんぐりは豊作になりますでしょうか?

 

森の住民たち(熊などの野生動物)にとっては、大切な

食糧ですし、不作になることによって人間と熊が人里で

出会ってしまう事態も考えられます。 coldsweats02

秋の重要な食糧が豊作であることを皆の幸せの為にも

願っています。

Img_2715

実は私も秋はいろいろな どんぐり を収穫するのに忙

しいのです。bleah

家に飼っていますハムスター(ゴールデンとジャンガリアン)の

食糧になりますから! good

                                                         Ⓚ

 

 

 

 

 

 

2012年9月 6日 (木)

「いのちはめぐる」 

「葉っぱのフレディーいのちの旅」という絵本を知って

すか?

アメリカのバスカーリアという教育学者が書いた絵本です。

 

日本では、15年ほど前に日本語に訳され紹介されベス

セラーになりました。

もちろん夏休みの課題図書に取り上げられたりもしてい

す。

     「人間はどこからきて、どこへ行くんだろう」

という問いに応えてくれそうで、大人にも読んでもらいた

い絵本です。 

Img_2719

一枚の葉っぱから いのち 全体に思いを巡らせる、

奥の作品で、四季の中で変化する葉っぱの姿は、

私たち人間の一生同じことを連想させます。

葉っぱのフレディは最期、雪の上に横たわってフワ

フワの雪に触りながら、そっと眠りにつきました。

 

だれもが平等に与えられている いのち ですから、

だれもが散る。

だからこそ 感謝して生きたい と思いました。

                                               Ⓚ

 

 

 

 

 

2012年9月 5日 (水)

女郎花 (オミナエシ)

今日は秋を感じられる取り合わせです。

優しい風情の女郎花(おみなえし)にトルコキキョウを取り

合わせて生けました。

Img_2710

女郎花の花言葉は

「親切」「美人」などがあります。

そして、女郎花は秋の七草の一つですね。

 

  霧深き あしたの原の をみなえし 

        心をよせて 見る人ぞ見る   源氏物語 夕霧より 

 

深窓の奥にたれこめている姫たちには、本当に真心から

慕い寄る人だけが逢うことができます。

  

                                                   Ⓚ

 

 

 

 

 

2012年9月 4日 (火)

秋のエノコログサ

道端のいたるところに秋のエノコログサが、花穂を風に

なびかせて、気持ちよさそうに生えています。

子供の頃は、学校帰りによく皆でとってコチョコチョ~!happy02

と遊んで帰ったものです。

 Img_2708

        

個人的には、この仲間のエノコログサの方が小ぶりで

手触りもよく好きでした。

 

ですが、味覚も渋好みに変わるように、感性も変わって

大人になって生け花などに親しむようになり、

秋のエノコログサが頭を少し垂れて、風を感じなびいて

いるのを見ますと、清少納言ではありませんが、wink

             「いとをかし」 confident

と、しみじみ思えるようになりました

これも年齢を重ねていく一つの愉しみですね。

                                                Ⓚ                

 

 

 

 

 

2012年9月 3日 (月)

小薮蘭 コヤブラン

九月に入り初めての月曜日です。

今日から学校の始まった子供さん・学生さんは元気に

登校して行きましたでしょうか?

境内にありますお稲荷さんの脇に小薮蘭が蕾をたくさん

つけています。

淡いピンクの咲きかけの小花はとっても清楚で、足元に

っそりと咲いているので、うっかりすると見過ごしそう

です。

Img_2701

桜の葉も 少しずつパラパラと舞い落ち始めました。

夜、空を見上げると月が綺麗な季節で、もうすぐ十五夜

だということを思い出させてくれます。

食欲の秋、読書の秋・・・

私は今年、様々な味覚狩りに出かけたいと思います。maple

 

                                              Ⓚ

                                           

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年9月 2日 (日)

鈴虫

夏の間中元気に鳴いていた蝉の声も少し和らいで、

夜には鈴虫の綺麗な鳴き声が聞こえてくるようになりましたね(◎´ω`)



源氏物語の六条院と冷泉院の中秋の宴の場面で

「鈴虫のふり出でたるほど、はなやかにをかし」とあります。

確かに鈴虫の合唱は華やかでいて趣がありますよね。

これから秋の深まりが増して合唱も

どんどん賑やかになると思うととても楽しみです。

歳を重ねるごとに季節の移り変わりが早く感じられ、

気付くころにはすっかり違う季節になってしまってたりします。

せっかく四季のある日本に生まれたのですから、

少しの季節の変化も感じ取り、愉しめる様でありたいです(*´∀`*)

Img_2693_convert_20120902123106_4

2012年9月 1日 (土)

トンボ

今日から9月です。

まだまだ暑さは続きますが、それでも時折吹き抜ける風には

秋の匂いが感じられます( ´ ∀ ` )



最近はトンボもよく見かけますね!

トンボに関する言い伝えはその勇敢さなどを伝えるものも多くあり、

調べてみると立派な昆虫なんだというような気がしてきます。

昔、トンボは神様の使いだからいじめたり殺したりしたら

罰が当たると両親から教えられました。

また、ハグロトンボの事を神様トンボとも言うらしいです。

彼岸の時期によく飛び回っていることから

トンボに乗ってご先祖様が帰って来るんだとも聞いたことがあります。

これからさらに増えて目にする機会も多くなりますね!

見かけた時はいじめないで見守ってあげてください(*´ω`)

Convert_20120901144408

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »