« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

獅子窟

山田無文老師が書かれた書です。慶明寺に飾ってあり

ます。

Img_3011

これを見て、慣用句を調べますと次のようなものがでて

きました。

         shine『獅子窟中に異獣なし』shine

獅子の住む洞窟の中に獅子以外の獣はいないという

意味で、優れた先生のもとには良い弟子だけが集まる。

または、優れた人の周りにはやはり優れた人が集まるの

たとえです。

『獅子窟』は修行をする道場などに よく掲げてある言葉

です。

自分の周りを見回してしまうようなドキツとする言葉です。

coldsweats02やはり日々精進しなければなりませんねcoldsweats01

 

 

                                                Ⓚ  

 

 

 

2012年10月30日 (火)

相田みつお

☆ にんげんはねえ 追いつめられると 弱いもんだな

              ひとごとじゃない じぶんのこと

☆ 途中にいるから 中ぶらりん 底まで落ちて

          地に足が着けば ほんとうに落ち着く

☆ いいことは おかげさま わるいことは

                                             身からでたさび      

☆ つまずいたつて いいじゃないか 人間だもの

            「にんげんだもの」 文化出版局より

 心うたれる詩です。 私が印象に残ったのは                       

   ‘しあわせはいつも自分のこころがきめる’         

というフレーズです。物事は受け止め方しだい考え    

方しだいで、感じ方がずいぶん変ります。常に頭を     

やわらかくして、やわらかい心を持ちたいものです。

Img_3005


 

 

 

2012年10月29日 (月)

庭の手入れ

今日は朝早くから、庭の木のお手入れに来てくださって

います。

夏の間に勢いよくのびた木々が、綺麗にさっぱりとなって

いきます。

Img_2988_6


Img_2985

蕾だったツワブキが土日の間に花開いています。

Img_2990


ツワブキは夏の間に一度刈り込んでおくと、花の咲く

今の季節、愛らしい小ぶりの葉と共に楽しめるそうです。

やはり、あまり大きく成長した葉は小さな花に似合いま

せんから!

庭師の近藤さんが教えてくださいました。happy02

 

 

                                             Ⓚ     

 

2012年10月28日 (日)

復興への道のり

全国の伝統芸能が集まる「ふるさとの祭り」の全国大会が福島県で開催され、

震災や原発事故で中断していた福島の芸能も演じられたそうです。

震災で社が流され、メンバーを亡くし、

原発事故で危険区域になってしまうなど

存続が危ぶまれる状況の中でも、残った方たちの努力で

今大会の参加に繋がりました。


被災した方々の苦しみは、私たちの想像を絶するものでしょう。

そんな状況から逃げずに、復興に向けて

精一杯努力している方たちの姿は私たちにも勇気をくれますね。

震災当初は連日ニュースで取り上げられていましたが、

時が経つにつれ人々の記憶からも薄れてきました。

復興に向けて頑張っている人たちがいる一方で、

未だに苦しみ続けている人もいると思います。

私たちにできる事はわずかですが、せめて忘れず、

支援をし続けていきたいものです。

Main_img01_convert_20121028102201_2

2012年10月27日 (土)

テディベアズ・デー

今日は「テディベアズ・デー」です。

テディベアの名前の由来がアメリカの26代目大統領の

セオドア・ルーズベルト大統領だということは有名ですよね。



ルーズベルト大統領が趣味の熊狩りに出かけましたが、

獲物をしとめる事が出来ませんでした。

そこで同行していたハンターが小熊を追い詰めて

最後の一発を大統領に頼みましたが、そんなことはできないと

大統領は拒否しました。

これが同行していた記者によって記事にされ、

このエピソードにちなんでルーズベルト大統領の愛称である

「テディ」をとって「テディベア」と名付けたクマのぬいぐるみを

とあるおもちゃメーカーが発売しました。

今日が「テディベアズ・デー」となったのは

ルーズベルト大統領の誕生日だからなんだとか。

可愛いテディベアにはこんな裏話があったなんて意外ですね027178_6シュタルフ社 テディベア パディー

2012年10月26日 (金)

ドラフト

昨日ドラフト会議が開催されましたね。

私もどきどきしながら、テレビの前にいた一人ですhappy02

大阪桐蔭の藤浪投手に対して4球団競合のくじ引きに

なりましたが、和田監督のこん身のガッツポーズと共に

藤浪投手の笑みで阪神ファンは大喜びだったのではな

いでしょうか?

最近引退した金本さん、城島さんたちの引退試合を観て

いた藤浪投手だから、「引退試合をやってもらえ、惜しん

でもらえる選手になりたい。」という目標の言葉がでてきた

らしいのです。

Fujinami

                     デイリースポーツより

私も金本さんの引退の試合はやはり観ましたが、ファンに

愛され惜しまれて引退していく選手としての姿が、とても印

象深く残っています。

 

これからの長く厳しいであろうプロとしての人生を、すでに

覚悟を決めて挑んでいる若干18歳の若者がとても大きく

みえたドラフト会議でした。

               がんばれ!good

 

                                Ⓚ

2012年10月25日 (木)

ツキノワグマ

今月上旬からクマの出没が相次いでいます。

長野市の中心部にツキノワグマがあらわれ、駅のホーム

を歩いたりしたそうです。

東日本を中心にクマの大好きなドングリが不作だったよう

です。

全く違う種類の動物ですが、我が家のゴールデンハムス

ーはとっても怖がりで、急に背後から触ったりしたら飛

び上がってお腹を向けて息をハアハアしたり、ビックリし

すぎて私の手を誤って噛んでしまったりします。

Kuma


もしも私がハムスターより小さいとしたら、きっとクマのよ

にみえるんだろうなあ~とドングリを口にほおばってい

るクマのような長い背中と、まん丸い耳を持つハムスタ

ーを見ながら時々思ったりします。

 

聞くところによると、クマもとても怖がりだとか?

人里にクマの好きな柿や栗の木を不要に育てないこと、

山で食べ物を探していける良いクマに人間がしむけて

やり、住み分けをこちらがしていかなければなりません

ね。

絶滅の危惧がある動物ですから!上手に付き合って

いきたいものです。

                                               Ⓚ 

 

 

 

2012年10月24日 (水)

ツワブキ

畑のオクラが終わりに近づき、今度は庭のツワブキの

花がいつの間にやら伸びてきています。

Img_2923


Img_2932

ツワブキの花言葉は「謙譲」「困難に傷つけられない」

です。

寒さが増してくる秋冬にも、貴重な庭の彩りとして存在感

がありますね。真の強さを感じる植物です。

 

2012年10月23日 (火)

花園大学 公開講演会のご案内

11月30日の金曜日に花園大学国際禅学科非常勤講師

の山崎紹耕先生が明石市の龍谷寺にて「禅と食文化」の

講演会を開かれます。

演題も一般の方々が興味を持たれやすいものとなって

いるのではないでしょうか。

講演会は午後3時からで無料となっております。

是非とも皆様お誘いあわせの上、ご来寺くださいませ。

Img_2929

       場所: 龍谷寺 明石市材木町14-12 

            078-912-3662

       日程: 11月30日金曜日

       時間: 15時~

ケイトウ

昨夜の嵐は凄まじく、一度目を覚ましてしまうと、なかなか

寝付くことが出来ませんでした。

今日も雨の中で、今年最後のケイトウが咲きつづけてい

ます。

rain 一雨ごとに秋が深まっていきます。 maple

Img_2924

ケイトウの花言葉は「おしゃれ」「風変り」「気取り」など

です。

雄鶏のとさかのような花の形から鶏頭の名前が付けら

ました。

「風変り」という花言葉もそんなところが所以かもしれま

んね。

 

 

2012年10月22日 (月)

修行

僧侶の修行は厳しいものですが、今日はそれを物語っ

ている歌を一つご紹介いたします。

もろともに あはれと思へ 山桜

       花よりほかに 知る人もなし 

                         前大僧正行尊

行尊はとても厳しい修行をしたことで有名な僧侶です。

Img_2827


この歌は大峰山で修行をしていたときのことです。 

行尊は山の中で大嵐にあいます。ひとり激し風と雨を

やり過ごし、ふと顔を上げると自分と同じように嵐にあい

ながらも咲き続けている一本の桜の木を見つけました。

つらく厳しい場所でお互い一人ぼっちで頑張っている

山桜に友達を見つけたような気持ちで詠んだ歌だそう

です。

この歌からも推察できるように、つらい修行に耐えてこ

られた僧侶の方々は、だから心が鍛えられているので

すね。

 

 

 

 

2012年10月21日 (日)

オリオン座流星群

今年は宇宙年なんて言われたりしていますが、

今日21日はオリオン座流星群の活動がピークになると言われています。



オリオン座はハレー彗星が母天体の流星群です。

速度が速く、明るいことが特徴で、 

裸眼でも観測しやすい流星群なんだとか!

1時間に10個程度の流星が出現する予測で、 

今年は月明かりもなく観察には好条件らしいので

ぜひ夜には空を見上げてみて下さい(◎´∀`)ノ

G0mdionjg5onwjeskkmuw7

2012年10月20日 (土)

長い夜

あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

            長々し夜を ひとりかも寝む

                            柿本 人麿 
Img_2883_convert_20121020113130


秋が深まるにつれて夜が長くなってきました。

そんな時に思い出すのが百人一首で有名なこの歌です。

恋しい人を思いながら一人で過ごす長い夜の切なさが込められています。

この歌が詠まれた頃は今みたいにテレビなど

暇をつぶす物なんてないですからその悲しさときたら 

私たちが想像する以上なのでしょうね。

2012年10月19日 (金)

秋の深まり

 朝晩の肌寒さに秋の深まり感じるなか 

稲刈りが終った田んぼでは、切り株の間をバッタが 

飛び跳ね、スズメが稲穂をせっせと口に運び、土手 

にはタンポポの綿毛が風に揺れ、青々とした空には

真綿を投げ入れたような雲 

Img_2918


 

         そして、  

街路樹のモミジバフウの葉が赤く色づきはじめ 

秋の風情はさまざまです。

Img_2920_2

 

 

 

 

2012年10月18日 (木)

「学ぶ」という生き方

ノンフィクション本でボストングローブ・ホーンブック賞

などを受賞しているshine『あたまにつまった石ころがshineとい

絵本があります。

絵本の主人公は、小さいころから、石を集めるのが好き

で、まわりの人々からは「あいつの頭の中には石ころが

つまっている」と言われていました。

大人になってから仕事は一生懸命やるのですが、大不況

の影響で仕事がうまくいきません。

職探しのつかの間、やはり石ころを集め続けています。

あとがきでの紹介にありますように、最後は科学博物館の

館長にまで主人公はなっていきます。up

Img_2828

結局この主人公が情熱をかたむけたのは、「学ぶ」とい

生き方そのものだったのでしょうと書かれてもいます。

 

昨日のブログに繋がるところがありますね。smile

とことんやり抜くと何かが見えてきて、これぞ!という

生き方ができるのでしょうか?

結局、「急がばまわれ」「無駄なことは何一つない」とい

ことだと思いました。

 

                                              Ⓚ

 

2012年10月17日 (水)

宗教とは

坂村真民さんの詩に「宗教とは」というのがあります。

   宗教とは

   何を信ずるということではなく

   どう生き

   どう死ぬかということだ

   それがわからないと

   いつまでたっても

   本ものになれず

   いきいきした

   筋金が入ってこない

 

宗教とは 生まれてきたものがその一生を終える間、

どのような人生を送るかを学ぶことだそうです。

Img_2861
                

また、山田無文老師は

「人生の目的は、人格の完成にある。

人間が生まれてきたのは、自分を完成するためだ。

自分の最大価値を発揮するためだ。」と言われています。

 

自分の人生ですから真剣に学び考え続けなければ

ならなさそうですね。

                                               Ⓚ

 

2012年10月16日 (火)

めぐみ

       『天来の恵み』

    長寿の要諦は

    粗食ですと

    まったく 

    有り難いことに 

    ござります

    ひかえて 

    ひかえて

                   横田 武

Img_2870

やはり 「過ぎたるは なお及ばざるがごとし」

ということでしょうか?wink

身体にも心にも ヒントになりそうな詩だと思いました。

 

 

                                              Ⓚ

2012年10月15日 (月)

乾布摩擦

明け方の冷え込みで風邪などをひいてしまっている人も

多い今日この頃ですが、子供のころ母親に朝起きると

「乾布摩擦」をタオルでゴシゴシとされていた事を思い出

します。昔、健康ブームで流行りましたから。

今は目新しいものがどんどん出てきて「乾布摩擦」自体

あまり聞かれなくなりましたが・・・

 

我が家では私も子供に毎朝「乾布摩擦sign03」をしています。

健康な身体をもってほしいという気持ちからです。

Img_2912_800x533
       涼しくなり セイタカアワダチソウ が成長してきてます coldsweats02

 

皮膚に「こする」という刺激と、「冷たさ」という刺激を与える

ことで、全身の体温調節機能が高まるそうです。

そして、何より大切なのは、毎日コツコツ続けることだそう

す。

古くからのいい習慣などをリバイバルすることもいいで

すね。

 

 

                                              Ⓚ

 

 

 

2012年10月14日 (日)

秋の雲

何気なく空を見上げてみると秋の雲が浮かんでいることに気づきました。

秋の雲と言えば、いわし雲・さば雲・うろこ雲ですよね!

実は雲の種類はたったの10種類で、その10種類の微妙な違いから

たくさんの名前がついているんだとか。

秋の雲で有名な上の3つの雲はどれも巻積雲の俗称なんだそうです。

いわし雲は鰯の群れのように見えることから

さば雲はさばの背の模様に似ていることから

うろこ雲は魚の鱗に似ていることからそれぞれ名前がついています。

でもどれも似ているので見分けが難しいですよね。

私が見た雲は果たして何と呼べばいいのでしょうか((・(ェ)・;))?

個人的にはいわし雲とうろこ雲で迷ってしまいます。

分かる方がいらっしゃったら是非教えていただきたいです(◎´∀`)

Img_2885_convert_20121014094344

2012年10月13日 (土)

朝霧、朝露は晴れ

朝露が草に溜まっているのを見つけました。

太陽の光にキラキラ輝いていてとっても綺麗でした(◎´∀`)



高気圧の影響で朝霧と朝露は出るので、

その日のお天気は晴れらしいです。

今日もきっと晴れますよ!

のんびりお散歩に出かけてみるのもいいかもしれません。

 

Img_2900_convert_20121013102554_2

2012年10月12日 (金)

秋ナス

「秋ナスは嫁に食わすな」

江戸時代から言われたことばですが、朝晩の気温差から

ナスの身が引き締まり、美味しくなると言われています。

そして、

「二人して 秋ナスを喰ふ 仲のよさ」 蜀山人(大田南畝)

と詠われているように、嫁と姑が二人仲良く秋ナスを食べ

る光景は、よほど珍しかったということ?でしょうか・・・bleah

Img_2872


日本人がいかにナスが好きかは、ナスが入った沢山の

ことわざや格言がある事からもわかりますね。happy01

 

 

 

 

 

2012年10月11日 (木)

キンモクセイ

shineキンモクセイが香りと共に秋本番の季節を告げてく

ていますね。shine

Img_2866

キンモクセイの花言葉は「謙虚」「慎み深さ」です。

花言葉の由来は、その甘い香りに対して、目立たない

小さな花をつけることから来ていると言われています。

Img_2865

秋の夜長に、キンモクセイのお酒 『桂花陳酒』 を夜

澄んだ空気の中で花の芳香と、美酒の芳香で楽し

みたくなりました。confident

 「花言葉・花事典」 池田書店より掲載

                            

                                           Ⓚ

2012年10月10日 (水)

みのむし

蓑虫(みのむし)を発見しました。

最近では、なかなかお目見え出来なくなってしまって

いるみのむしですが、とてもかわいい印象が私の中

ではあります。

Img_2855


このみのむしは、どうやら桜の木の皮で蓑を作ったよ

ですね。シックな色合いの衣を着ています!

 

子供の頃に、少しの間ですが、みのむしを飼育したこと

があります。

みのむしは飼育ケースの中にある素材で蓑を作ります

から、色々蓑が見られて楽しかったことを思いだしま

した!happy02

慶明寺にはモミジがたくさん植えられて紅葉がとても

綺麗です。

木枯らしが吹くころには、みのむしもモミジの葉など

も巻いてみるのでしょうか?

  

2012年10月 9日 (火)

人間万事塞翁が馬

「人間万事塞翁が馬」

 

中国の古い書物「淮南子」に書かれている言葉ですが、

『城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍(わ

わい)へ、また禍から福へと人生に変化をもたらした。

まったく禍福というの予測できないものである。』というこ

です。

Img_2857


昨日2012年のノーベル医学生理学賞を京都大学の山中

教授が受賞されました。

紆余曲折の研究人生でこの言葉なのでしょう。

 

これから、苦しんでいる難病の人々を救っていってほし

いです。

                                                 Ⓚ

 

 

 

 

 

2012年10月 8日 (月)

体育の日

今日は「体育の日」です。

以前は東京オリンピックの開会式が行われた

10月10日が体育の日でしたが、ハッピーマンデー制度の導入によって

現在は10月の第2月曜日が体育の日となっています。

今の時期は全国各地の学校で運動会が開催されていますよね。

一生懸命な子供たちを見ていると、

こちらの応援にもついつい力が入ってしまいます( ^ω^ )

個人的には子供たちの競技の間に行われる

先生や保護者たちのリレーとかも好きです。

普段とは違い、ムキになって一生懸命走っている大人の姿を見るのは

面白く、まだ子供だった私にはとても印象的でした。



これからの秋、スポーツで一生懸命になってみるのもいいですね。

Thumb5
phot by YOICHI
http://ganref.jp/m/yoichi/portfolios

2012年10月 7日 (日)

秋タンポポの花咲く年は雪が浅い

墓地のところを歩いていると

タンポポがたくさん咲いているのを見つけました。

Img_2850_convert_20121007090928

ことわざに「秋タンポポの花咲く年は雪が浅い」というものがあるらしいです。

私は今日調べるまで聞いたこともありませんでした(^-^;

何でも、タンポポが秋に咲く年は気温が高く、翌年の1月2月の気温も

高いことが多いので雪があまり降らず積もることも少ないんだとか!

雪が降ると子供の様に喜んでしまう私としては少し残念ですが(´・ω・`)

今年の冬は例年より暖かく、過ごしやすい冬になるかもしれませんね。

Img_2851_convert_20121007091344

2012年10月 6日 (土)

神無月

早いことにもう10月です。

10月は陰暦で「神無月」と言いますね。

文字の通りに読めば神様がいない月ということになります。

日本中の神様が島根県にある出雲大社に集まるため、

諸国には神様がいない状態になるのでこういうようになったというのが有名です。

そのため島根県では10月の事を「神在月」とも言うんだとか!

ところがこの説は中世以降に後付けされた俗説で、

実際は神無の「無・な」を「の」と読んで「神の月」というのが有力な説らしいです。

いずれにしても、日本にいる八百万の神が島根県の出雲大社に

一斉に集まっているかもしれないと考えると

なんだかすごい光景ですよね(◎´∀`)

Img_2831_convert_20121006113757


2012年10月 5日 (金)

大河の一滴

私たちは病気と言いますと、毛嫌いするのですけれど

こういう状態になった時には、時間をかけて自分の普段

考える事のなかった生死の問題ー生きる死ぬという問題

に触れることができます。

それもそれで一つの人間の幸運ではないか?と考える事

もあります。」

と五木寛之氏は『大河の一滴』のなかで言われています。

そういう考えかたが出来ると、ずいぶん楽になるのでは?

と思います。

Img_2828

               

辞世の句は、人生を振り返っての感慨や総括、死に対す

思いなどを予め用意した作品ですから、己の人生につ

いて振り返る事ができて亡くなった人が詠んだものという

ことですね。

 

「これでよし 百万年の 仮寝かな」      大西瀧治郎

「散るをいとふ 世にも人にも さきがけて

          散るこそ花と 吹く小夜嵐」 三島由紀夫

 

                                                Ⓚ

2012年10月 4日 (木)

明治から昭和にかけて活躍した暁鳥敏(あけがらすはや)

という仏教家がいます。

今日は、彼の素敵な言葉を一つご紹介いたします。

 

『十億の人に十億の母あらんも

              我が母にまさる母ありなん』

 

人間はみんなお母さんから生まれてきました。

世の中にこれだけ多くの母親がおりながら、自分にとって

自分の母親よりも素晴らしい存在は、どこを探してもいない

ということです。

Img_2801

世間には『亡くしてみて はじめて知る 親の恩』という

よう川柳があるくらいですから、凡人には、若いうちに

鳥敏のような気持ちの域には達っすることは難しか

ったり、恥かしさを持ってしまうことがあります。

そんなことは承知で、お母さんたちはどんなに来の

悪い子供でも結局は受け止めてくれているのだから、

かないません。

 

 

                                            Ⓚ

 

2012年10月 3日 (水)

ハギ

慶明寺にはハギの花が、紅白で植えられていて、今が

盛りとなっています。

Img_2820



Img_2825

ハギの花言葉は、「思案」「思い」「柔軟な精神」で、

細い茎に小さな花をたくさんつけ、控えめながらも逞しさ

も持ち合わせているそうです。

 

万葉の昔から日本人に親しまれ、優雅なイメージのある

ハギですが、最近では、ビルやマンションで緑化対策用

の植物として活躍するほど育てやすく、良く育ち、そこが

逞しいといわれる由縁なのでしょう。

  

 

 

2012年10月 2日 (火)

東京駅復元

昨日日本の首都、東京の玄関口「東京駅」が復元されま

したね。

明治時代は西洋に追いつくことを目指した時代でしたの

で、もちろん駅も西洋風の35メートルの高さのあるドーム

煉瓦造りなど、明治の建築技術の集大成と言えます。

Img_2822

        

内部の装飾なども見もので、ドームの壁には干支のプレ

ートがあり、八角形のドームなので「どの干支が足りない

のか?」探してみるのも楽しいですね。up

 

東京駅のニュースを見て、早速今晩は東京駅にまつわ

作品 「点と線」 の松本清張でも、秋の夜長に読んで

みようと思っていますbleah

東京駅は「人の集う場所」を目指していますが、慶明寺

も「沢山の方々、どなたでも気軽に訪れられる寺」を目

指していますpaper

 

 

                                                Ⓚ

2012年10月 1日 (月)

台風一過の満月

昨日の台風の影響は、神戸市西区の慶明寺付近では

昼前から五時くらいまで雨風共に凄まじかったです。

Img_2818_2
ですが、夕方 雨が止

後には虹が大きく

出て、六時の時点で

夕焼け空が久しぶりに

美しかったです。

 

そして、「中秋の名月」

空気が澄んでいるせ

いか、月光が地上まで

ふんだんに届き、とても

明るく辺りを照らしてく

れました。

暦の関係で、名月が必ずしも満月になるとは限らないそう

ですが、昨年・今年と続いて大きな満月を見られて、

何とも言えないほっこりした気持ちになった人が多かっ

昨夜ではないでしょうか?

 

                                               Ⓚ

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »