« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

梅の開花

良いお天気ですね。

暖かくて散歩してると気持ちが良いです。


朝、お墓の方までの道を歩いていると鳥の声
の多さに驚きました。

少しの時間でしたが5,6種類の鳴き声が聞こえました。

ヒヨドリ、ムクドリはもちろん メジロ、ヒバリ、ジョウビタキ・・・。

ジョウビタキはすぐそばにいたのですが、カメラを持ってなくて

残念でした。すずめよりふわっとした感じがかわいいです。

みんな春の陽気に誘われて出てきたのでしょう。

自然に囲まれているからこそ見られる風景ですね。



さて庭の梅。ついに開花しました☆和尚さんが発見です。

022801

少し上の方なのでちょっと見にくいですが

かわいい花をのぞかせています。膨らんでいる蕾も多いので

これから毎日開花しそうです。



2月も今日で終わりです。3月も充実した日々が過ごせますように。

・ ・ 明日のおみくじ ・ ・ 吉 ・ ・

あらそいごと勝つとも あいてをいたわるべし




2013年2月27日 (水)

ピンクシャツ

今日は「ピンクシャツデー」だそうです。

わたしも知らなかったのですが今朝ラジオで言っていました。


2007年、カナダの男子高校生がピンク色のポロシャツを着ていたというだけで

上級生からからかわれ、暴力などのいじめを受けました。

それを知った2人の男子生徒が、ピンクのシャツを50着購入し、

クラスメートにシャツを着るようにメールで連絡。

翌朝学校に行ってみると、それ以外の生徒にも伝えられ、校内はピンクのシャツや

小物を身に着けた生徒であふれていました。

その日から男子生徒に対するいじめはなくなりました。

それから2月の最終水曜日を「いじめ反対運動の日」として世界75か国に

広がっています。

多くのいじめの始まりは何気ないことなのです。ムカつくからとか、のろまだとか

ほんとうに些細なことなのでしょう。それがいじめられる側となると

絶望するほどの苦しいこととなるのです。まだ10代のこどもたちが

死を選んでしまう、なんて辛いんだろうと思います。

「生きていればいい時が来るよ」と大人はいいますが

こども心には なかなか届かない言葉かもしれません。

学校という世界から逃げられないということもあります。

カナダから始まったこの運動が 少しでもいじめをなくす

きっかけとなるよう祈りたいと思います。

0227
今日はヒバリが飛んでいました。春近しですね。

明日のおみくじ ・ ・ 末小吉 ・ ・

よろこび事なかばよし

2013年2月26日 (火)

いちにちひとつ

「一日一善」

一日にひとつ善い行いをして、それを積み重ねていきましょう

という呼びかけです。良い運動だなと思いこの言葉を知ってから

心掛けています。

「一日一幸」

同じく一日にひとつ幸せだと思える瞬間をみつけるという意味です。

これもまたいいなと思い続けています。

なんでもいいのです。いい天気だなぁとかお料理がおいしくできたとか

何気ないことを心に一瞬留め置くことで幸せを感じる。

「あぁ幸せだなぁ」としみじみ思うことは なかなかないけれど

小さな幸せや楽しみは自分のとらえ方次第なんだなと思います。

0226_2
「楽しみは創り出せるものよ」

アメリカの絵本画家

ターシャ・テューダーさんの言葉です。

2008年92歳で亡くなった彼女は

苦労も楽しみや幸せに変えてしまう

魔法を持っていたように思います。

たくさんの言葉を残されていますが

わたしは短いけれど すべてが

詰まっているようなこの言葉が

大好きです。

あとすこし 一日一幸 梅の花

明日のおみくじ ・ ・ 吉 ・ ・

のぞみごと心の持ちようのままなるべし

2013年2月25日 (月)

卒 業

よいお天気ですね。

2月も終わりに近づき卒業の季節となりますね。

まずは高校でしょうか。高校進学率が100%に近い現在

この卒業で初めて本当に大きく道が分かれるように思います。

大学進学、専門学校、就職など多くの人が真剣に

将来について考える機会になると思います。

今の自分に出せるベストの道を考えたいですね。

それがもし間違っていたとしても

あの時は一生懸命出した答えだと思えるようになりたいです。




 「失敗を恐れずチャレンジしよう

  学ぶ心を持ち続けよう」




高校生の頃、先生が卒業にあたり くれた言葉です。

15年以上経った今でもずっと心に残っています。

そして 思い出しては よしがんばろう!!と思います。

022501
季節はずれの抜け殻が落ちてました

2013年2月24日 (日)

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と

             答える人のいるあたたかさ   俵万智

今日も風が冷たくて寒いですね。

お墓の周りを歩いているとつい「寒いさむい」と独り言を漏らしてしまいます。

そんな時にいつも頭に浮かんでくるのが、文頭の俵万智さんの短歌です。

俵万智さんは日常の何気ない景色を詠んだ、特に恋愛の作品が多く、

独特の言葉使いによってどの作品も温かい雰囲気にあふれています。

この短歌も詠んでいると不思議と心が温まる気がします。


短歌や俳句に触れると、作者のセンスの良さはもちろんの事、

言葉の一つ一つに想いが込められており、言葉を大切にしていることがよくわかります。

詩集なんかを読んだ時は、普段自分がどれだけぞんざいに言葉を使っているかに気付き、

反省することもしばしばです。

言葉は自分の心を表します。会話で発する言葉は相手への贈り物ではないでしょうか。

大切な人に贈り物をする時、どうでもいいものをあげる人なんていませんよね。

何をあげたら喜んでもらえるか、自分の気持ちが伝わるか、

プレゼントした時に喜ぶ相手の表情を想像しながら一生懸命贈り物を探すと思います。

贈り物を貰う時も、相手の心が込められた贈り物は値段など関係なく嬉しいですよね。

言葉はあまりにも身近にありすぎているため、ついその大切さを忘れがちです。

特に最近は、無機質な言葉に出会う事が多くなったようにも思います。

ユニークな言葉使いは出来なくても、温かみのある心のこもった言葉使いを出来るように

心掛けていきたいものですね。

Img_3453_convert_20130224132837
明日のおみくじ  吉

望ごと心の持ちようのままなるべし

2013年2月23日 (土)

富士山の日

今日2月23日は「富士山の日」なんだそうですよ。

「ふ(2)じ(2)さん(3)」(富士山)の語呂合わせと、

今の時期は富士山が綺麗に見えるからだとか。



富士山は日本の心といわれることもあるほど日本人から愛されていますよね。

あの綺麗な姿や四季折々に見せる表情は、やはり私たちを惹きつけ続けます。

これは有名な話ですが、太平洋戦争があった昭和20年、

米軍は日本人に精神的ダメージを与えて士気を下げるために、

日本人が愛している富士山をペンキで赤く染める作戦を考えたのだとか。

この作戦はなんと採用(!)されたんだそうです。

しかし、実行に移す段階になって、ペンキが約12万トン、

それを運ぶためにB29が約3万機も必要なことが分かり中止になったそうです。

この話からも富士山がどれだけ日本人から大切に思われているか分かりますね。

でもそれ以上に、この作戦を考えつき、さらにそれが採用されるという

アメリカへの驚きが私は大きいですΣ(゚□゚(゚□゚*) 

Large
明日のおみくじ  吉

心だて悪ければかないがたし

2013年2月22日 (金)

水 仙

022201

たくさん芽が出てきました。水仙でしょうか。

うっかりすると踏んでしまいそうなほどの小さく可愛らしい芽です。

何もないと思っていたところに 実は水仙がたくさん植わっていたのです。


春に向かう楽しみは いろいろ発見できるところにあると思います。

華やぐ季節になってしまうと目にとまらないかもしれない

そういうものを見つけられる そんな期間ですね。



022102


葉より先につぼみを出してしまったあわてんぼうさんもいますよ。

無事咲いてくれることを願います。


・ ・ 明日のおみくじ ・ ・ 吉 ・ ・

目上の人の教をまもりすこしも我意あるべからず 

2013年2月21日 (木)

椿

良いお天気です sun

とんびが 「ピーヒョロロー・・」と鳴いています。

空高く優雅に飛んで気持ちよさそうです。

もう少し暖かくなると 空には賑やかにヒバリも飛んで

レンゲやタンポポ・・・たくさんの野の花が咲いて 春ですね。

屋内にいると 外の寒さを忘れそうです。



椿が咲き始めました。

赤い八重咲きとピンク色の一重咲きです。

残念なことにどちらも一番咲きの花は虫にかじられたのか

少し変な形です。

022101

赤い椿の花言葉は 「謙虚な美徳」といいます。

控えめに咲く椿の花。山茶花ほどの華やかさはないけれど

しっかり芯の通ったような姿は 日本人のこころに伝わるものが

ありますね。




・ ・ 明日のおみくじ ・ ・ 末小吉 ・ ・

よろこび事なかばよし

2013年2月20日 (水)

厳しい冬

今朝はよく冷えましたね。

お寺のかけひも凍っています。



220_3


風は冷たくても 日差しは暖かなので

お昼前には解けてしまいました。





さて昨日 きれいだった蝋梅の花が消えてなくなりました。

ヒヨドリです。食べてしまったのです。今年の冬は

鳥たちにとって とても厳しいのでしょう。




22002_3


2本ある蝋梅にひとつの花も残っていません。

庭は淋しくなりましたが 鳥たちも生きるために

食べなくてはなりません。

飛び回るヒヨドリは 「ごちそうさまー。ありがとうー。」

といってるかもしれませんね。



今日のおみくじ ・ ・ 大吉 ・ ・

人にあやまちあるともゆるすべし

2013年2月19日 (火)

白木蓮

お寺のハクモクレンです。

Img_3430_3_450x300_400x267


淡い色の毛に守られて つぼみがすくすく成長しています。

数えきれないほどのつぼみ。咲くころが楽しみですね。



モクレンは漢字で 「木蓮」 と書きます。

花の形が 蓮の花に似ていることから そう呼ばれるように

なったと言われています。

空に向かって 大きく開く花。

そうですね、木の上に咲く蓮の花のようです。





厳密には木蓮というと 紫色の「紫木蓮」(落葉低木)をさすそうで
ハクモクレン(落葉高木)は別種といわれます。近年、交配種が
多くなり、その差はなくなってきているそうです。




・ ・ 明日のおみくじ ・ ・ 吉 ・ ・

心得一つで物事よくもなり、悪しくもなりて結局よし 

2013年2月18日 (月)

春は名のみの風の寒さよ・・

梅が香に 追ひもどさるる 寒さかな

 松尾芭蕉



梅便りがちらほらきこえる今日このごろ。

松尾芭蕉の歌は 「梅が咲いたと言っても 春が来たわけではないよ

寒の戻りということもあるでしょう」 という意味です。

今も昔も梅を見て 春を待ちわびる人のこころは同じですね。

 

  

さて 慶明寺のしだれ梅は まだもうしばらくお待ちください。
 

昨年のブログをみると・・・つぼみの感じは例年並みなのかな

と思います。あとはこの先のお天気次第といったところでしょうか。

わたしは今年初めて見るので 人一倍とても楽しみにしています(*^-^*)

Img_3405_convert_20130218162806

・ ・ 明日のおみくじ ・ ・ 末小吉 ・ ・

人を頼りにせず 我身一人にて

何事も決着するようにふんぱつすべし

2013年2月17日 (日)

希 望

先日 友人とお世話になった方の家へ一周忌を前にお参りに行ってきました。

今は80歳をこえたお母さまとワンちゃんのふたり暮らしです。

お母さまとは定期的に外で会う機会はあったのですが

おうちへお参りさせて頂くのはお葬儀以来です。



お花が大好きだった娘さんのお部屋にはたくさんのお花。

そこだけ春のようなあたたかい雰囲気でした。

お話し中もそこにいっらっしゃるような気がして・・・

きっといらっしゃったのでしょうね。



「わたしももう歳だから 一周忌を機にお骨を預けようと思うのよ・・」

とお母さまがいわれ 「もう少しおそばに置いてあげたらどうですか」と

友人が。ご主人を早くに亡くされ ひとり娘に先立たれ

今お骨までそばに無くなると ほんとうに淋しくなってしまうのでは

わたしもそう思いました。お花をきれいに飾ってあげるのが

生きる希望になるなら ずっとそばにおいてあげてほしい

そう思います。



Kimg0171_convert_20130217164650


・ ・ 明日のおみくじ ・ ・ 吉 ・ ・

始は心づかい苦労あれども 後はよし

2013年2月16日 (土)

つぼみ

梅のつぼみが少しずつ膨らんできました。

Img_3417_convert_20130216111601

去年もちょうど今頃、つぼみが膨らんでいたことが

懐かしく思い出されます。

もう1年経つのかと思うと時間の流れは本当に早いですね。

たった1年経つだけで周りの人間関係や自分の立場が

変わってしまい、淋しく思う事もあります。

だからこそ草花だけは毎年変わらずに

季節の訪れを告げてくれることが、

なんだか嬉しく感じられますね。

Img_3420_convert_20130216111343

明日のおみくじ  半吉

さいなんあるとも恐るべからず

2013年2月15日 (金)

研修旅行

今日は冷たい雨となりました。

体調管理には気を付けたいですね。

さて 花園墓地管理委員会では

2月12日-13日にかけて 墓地委員会研修旅行が開催されました。

四国愛媛への一泊二日。委員の皆様と和尚さんの参加です。

Img_3412_convert_20130215164443_2

そのなかで訪れた「如法寺」というお寺の3本の椿がとても美しかったと

和尚さんが言われていました。

その中のひとつ五色散椿は樹齢300年といわれ ほか2本と合わせ

椿三株と呼ばれ 愛媛県指定記念物に指定されています。


300年の月日をお寺とともに過ごしてきたということですね。

その場に立つと きっと時の流れにのみこまれてしまいそうになるでしょう。

山の中腹にあるので 紅葉の季節も大変美しいのではないかと思われます。

愛媛方面へお出かけの際には 一度立ち寄られてはいかがでしょうか。

わたしも機会があれば 行ってみたいです (*^^*)

Photo
                       椿 三 株



妙法寺 ・・・  
愛媛県大洲市にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は冨士山。本尊は釈迦如来。
1669年大洲藩主2代加藤泰興の開基、盤珪永琢の開山により
創建された臨済宗のお寺である。以後大洲藩主の菩提樹になった。

 

2013年2月14日 (木)

バレンタインデー

今日はバレンタインデーですね happy01

学生の頃はこの時期 どきどき そわそわ してました。

渡せないまま持って帰ることも。。。

今となれば それもなつかしい思い出です。

Img_3409_convert_20130214133416
さざんかの花びらは ハートのかたちです



日本では女の人から男の人へチョコレートをというのが主流ですが

海外では男女関係なく贈り物も チョコとは限定されていません。

チョコを贈る習慣は 19世紀後半イギリスの菓子メーカーが売り出した

贈答用のチョコレートボックスが始まりといわれています。

お菓子メーカーが始まりという所は日本と変わらないんですね。


近頃では 欧米のように「お世話になっています」「いつもありがとう」と

チョコや贈り物を送ることもありますね。

感謝の気持ちを伝えられる良い日だなと思います。


Img_3411_convert_20130214133042_2

 こひすてふ わがなはまだき たちにけり

         ひとしれずこそ おもひそめしか

                              壬生忠見


・・今日のおみくじ・・ 吉 ・・

まち人来るべし

2013年2月13日 (水)

お地蔵さま 2

先日届いたお地蔵さま

全部で14体いらっしゃいます。

焼き物なので ひとつひとつお顔が違うのはもちろん

お花を持っていたり メガネをかけていたり いろいろでとても可愛いです。

Img_3400_convert_20130213155811

ここ数年 お地蔵さまをモチーフにした絵や置物、詩集などに

触れる機会が多いです。以前と比べて目立つようになりましたね。

異常気象、自然災害などの天変地異、世の中の不安定な流れ、

そういう不安がそうさせるのでしょうか。

そう思うと寂しい気もしますが 幅広い世代の人が

身近に感じてくれるのは良いことですね。


Img_3403_convert_20130213160256_3

段々で並んでます。とても可愛らしいので

お参りの際にはぜひご覧くださいね。



明日のおみくじ ・・ 小吉 ・・

しんぼうすれば、よい時節が来るべし


2013年2月12日 (火)

寒空

寒空の下咲く蝋梅の花は 冬の庭に映えます。

まじりのない黄色い色は 淋しく見える庭に

優しい雰囲気と香りを漂わせていますね。

Img_3386_convert_20130212164937_5

蝋梅は 蝋の梅と書きますが 梅の仲間ではありません。

花弁が蝋のようであり、臘月(ろうげつ旧暦12月)に咲くことからこの名が

ついたそうです。

Img_3396_convert_20130212163402
ロウバイの花が 足元のツツジの上に落ちて

花が咲いたようになっていました。

ツツジの花はまだまだ先ですが ロウバイが散ってもなお花を添えています。

梅の蕾がまだ固い今は もうしばらく蝋梅を楽しみたいですね。

明日のおみくじ  吉

買い物はよし、十分買うべし


2013年2月11日 (月)

四大陸選手権

昨日のフィギュアスケート四大陸選手権を見ましたか?

私は残念なことにリアルタイムで見る事は出来なかったのですが、

朝ニュースを見ているとその結果が大きく取り上げられていました。

なんと日本人で表彰台独占!

フィギュアは西洋人に比べると骨格が細く、

身長も低く体重も軽い東洋人の方がジャンプで有利らしいですね。



今まで少し不調気味だった浅田選手も今季世界最高得点を出して

調子も取り戻したみたいです。

ずっと浅田選手を応援していた私にとって、

この結果と真央ちゃんスマイルをまた見れたことは

とても嬉しいことですヽ(´▽`)/

これからのフィギュアスケートに増々期待ですね!

 

Oth13021019080021p14
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130210/oth13021019080021-n1.htm

明日のおみくじ  半吉

望ごと成就せんとして未だうけ入らけず

2013年2月10日 (日)

春の海 ひねもすのたり のたりかな

今日は天気が良くて暖かい一日でした。

Img_3390_convert_20130210153313
          春の海 ひねもすのたり のたりかな

                               与謝野蕪村

春の海は一日中ゆったりとうねっていて

まことにのどかだ。という意味です。

今日はまさにこの句がぴったりな一日でしたね。

明日は建国記念日ということで祝日でお休みです。

天気も良いそうなのでのんびりお散歩でもしてみたいですね。



明日のおみくじ  吉

すこし位のさわりありとも、

うんせいおのづからひらくべし

2013年2月 9日 (土)

お地蔵様

永代供養墓のところに建てるお地蔵様が出来ました。

信楽焼きで焼かれており

色合いや見た目も可愛いです。

一つ一つ表情が違っているので

見ていてとても面白いです。

信楽焼きといえばタヌキというイメージなので

お地蔵さまというのはなんだか不思議な感じがします。

皆さんもお参りにいらっしゃった時は

ぜひ立ち寄って見てみて下さい(◎´∀`)ノ

Img_3392_convert_20130209160850


Img_3391_convert_20130209161120_4

明日のおみくじ  末小吉

物事しんぼうして、正直ならざれば

思いもよらぬさわり出来て、思う事とげがたかるべし

2013年2月 8日 (金)

針供養

今日は久しぶりに少し良いお天気ですね sun

時折雪がちらつきますが お日さまの明るい顔をみるとほっとします。

ところで 今日2月8日は「針供養の日」といわれています。

針仕事を休み、使えなくなった針は神社に納めたり、お豆腐や蒟蒻のような

柔らかいものに刺したりして供養し、裁縫の上達を祈る日といわれています。

近頃は針仕事をすることがずいぶんと減り

ボタン付けをするだけということも多いのではないでしょうか。

「ボタンがとれたから もう着ない」という人もいるのかもしれません。


簡単に物が手に入る今の時代は ひとつの物を大切にするこころを

忘れてしまいそうになりますね think

豊かなようで そうではない そんな気がします。

今日は久しぶりに裁縫セットの整理をしたいと思います。

Img_3387_convert_20130208142028

水仙のつぼみが顔を出しています。寒いなか がんばってますよ ☆


・ ・ 今日のおみくじ ・ ・ 大 吉 ・ ・

望み事おそきとてあんずるな 後おおいにしあわせ

2013年2月 7日 (木)

おひなさま

お寺の玄関にお雛さまが飾られました。

Img_3380_convert_20130207133223_2


七段飾りのきれいなお雛さまは 亡くなられた娘さんのものだそうです。

三回忌をまえに 今年はかざってあげようと

箱をあけると 小さな頃の娘さんが描いた絵が見つかったそうです。

お内裏さまとお雛さま どちらが右かな 左かな と迷いますよね。

それを絵に描いて 一緒にしまわれていたそうです。

Img_3384_convert_20130207133428

三人官女の順番 五人囃子まで 上手に絵で描かれています。

しまったままだとわからなかった思い出。

娘さんからのおくりもののような気がしました。

Img_3382_convert_20130207140142

今日のおみくじ ・ ・ 吉 ・ ・

よろこびごとのちになるほど次第によろし

2013年2月 6日 (水)

雪は雨に

雪の予報とは異なり、雨の朝となりましたね。

こどもたちには残念だったかもしれませんが

多くの大人たちはきっと ほっとしたでしょうね。

わたしもそのうちのひとりです(^^;)

春のような日があると思えば 真冬の日もあり

体調を崩される方も多いですね。

インフルエンザも猛威をふるっているので気を付けたいです。

寒暖の差が激しい日々ですが 梅の蕾は少し膨らんで

桃色がみえるようになってきました。

かわいいですね。


Img_3379_convert_20130206155042

桜の幹の苔とそこからはえた植物です。

ヤブコウジ科に似た葉があります。

鳥が運んできたのでしょうか。

Img_3378_convert_20130206154745

・ ・ 明日のおみくじ ・ ・ 吉 ・ ・

あわてれば 事を仕損じるべし ゆるゆる事をなせ

2013年2月 5日 (火)

冬の庭

すっきりしない空模様ですね。

明日は雪が積もると予報が出ているので

車に乗られる方は どきどきしているのではないでしょうか。

お寺にはいろいろな木があります。

寒い時期は落葉する木も多く 少しさみしげにも思われますが

よく見てみると 梅や桜の幹には苔が生えていて とても風情があります。

またその苔の間から違う植物が生えていることもあり

じっくりみているとなかなかおもしろいものです。

葉が茂ると隠れてしまう冬場限定の観賞です。


また次回写真なども紹介できればと思っています。



Img_3371_convert_20130205162745_2




・ ・ 明日のおみくじ ・ ・ 吉 ・ ・

時あせらず よくよく考えてことをなしてよし

2013年2月 4日 (月)

立 春

今日は立春。

暦の上ではもう春なのですね。

今日は少し冷たい雨ですが

少しずつ春の訪れを感じることが多くなってきました。

 

雨上がり 外へ出てみると

空気は澄んで 静かななかに 鳥のさえずりが響いていました。

ヒヨドリと 名前は分からないけれど

「ちちち」と鳴く小さくかわいらしい小鳥たち。

20120204


ヒヨドリは南天の実が大好きだといわれますが

山や野に食べるものがある頃は 食べに来ないように思います。

年が明け いよいよ寒さも厳しくなった頃

思い出したかのようになくなります。

それをみると まだまだ厳しい季節だなと思いますが

木々の芽は少しずつふくらみ 草花は地中で根をのばし

少しずつ こっそりと 春はやって来ているのですね。

2013年2月 3日 (日)

節分

今日は節分ですね。

節分といえば豆まきに恵方巻きですよね。

子供の頃は近所のスーパーで行われる豆まきに、

毎年友達と参加していたのがとても懐かしいです。

九州出身の私は、恵方巻きを食べるということは知っていても、

実際に食べたことはありません。

スーパーやコンビニでも売られてはいるのですが、

積極的に食べてみようと思うことがありませんでした。

恵方巻きの発祥が大阪・船場の商人というだけあって

関西ではなじみ深い風習のようで、

恵方巻きが前面に押し出されているのを見ると

なんだか不思議な感じがします。

恵方を向いて無言で食べるというのは、

落ち着きのない私にとって、若干辛い気もしますが(^▽^;)

無病息災、幸運が訪れるとの事なので、

今年は恵方巻きを食べてみたいと思います。

B0009331_6132332_2http://taxi.exblog.jp/

明日のおみくじ  吉

物事急にするはあしし

2013年2月 2日 (土)

如月

早いものでもう2月です。

Img_3360_convert_20130202153235

2月は陰暦で如月と言いますよね。

如月の由来は、寒さで着物をさらに重ねて着る事から

「着更着(きさらぎ)」となったんだそうです。

確かに2月が一年の中で一番寒い気がします。

他にも草木が生えはじめる月で「生更木(きさらぎ)」

する説なんかもあるんだそうです。

植物もこの寒さを乗り越えて葉を出し、

綺麗な花を咲かせるのですね。

お寺の草木たちも少しずつ芽吹いています。

目の前まで来ている春が待ち遠しいですね。

Img_3359_convert_20130202152809

明日のおみくじ  吉

あわてば何事も仕損じるべし、ゆるく事をなせ

2013年2月 1日 (金)

いい言葉

心に残ったことばを書き止めて半年になります。 

最近、絵本作家の葉祥明さんのメッセージで 

  あなたは今日、微笑みましたか?                  

  喜びを感じましたか? 

  優しい心になりましたか?                     

  そして美しいものに、心を向けましたか? 

どの言葉も心に響きます。「ハイ」と答えられる日が

どれほどあるだろうか、日々、意識して積み重ねることで 

身につき穏やかに過ごせたらいいですね。

Img_3237

 














   


  


  


   fuji おみくじで占う明日の運勢は 吉
 fuji 

    気性をしっかり持ちて物事をすれば 

    何事も思いのままに成就すべし。

  








   







 

 

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »