« 下野 | トップページ | 雨後清雅 »

2013年6月 3日 (月)

西国巡礼

週末、母方の祖父の7回忌法要があり、岸和田へ行ってきました。

普段は施設で暮らす祖母も体調がよく、帰って来ることができ、

誰もいない家が、ほんの数時間ですが賑やかな声にあふれました。

法要のあと、お寺さんも含めて母と伯母たちが〝西国三十三所巡り〟

話題に花を咲かせていました。わたしたち子ども世代が独立し、

夫婦の時間が多くなり 時間をつくっては巡礼参拝しているようです。

岸和田市のお隣、和泉市にある槇尾寺(施福寺)の階段が

とても大変だったと伯母のひとりが言っていました。


西国三十三所                   Wikipedia より

近畿2府4県と岐阜県に点在する33カ所の観音信仰の霊場。

これらの霊場を札所とした巡礼は日本で最古の巡礼行であり、

現在でも多くの参拝者が訪れている。三十三所の観音菩薩を

巡礼参拝すると現世でおかしたあらゆる罪業が消滅し、極楽

往生できるとされる。

060302


西国巡礼は公共交通機関が整っているところが多く、巡りやすいそうです。

一度巡礼すると終わりだと思っていたのですが、何度参拝しても

よいものなのですね。人生の節目節目で巡礼するとまた違うことを

感じるのかもしれないと思い、興味が湧いてきました。

まずは当慶明寺も霊場となっている〝神戸六地蔵めぐり〟からでしょうか。


060301



・ ・ 明日のおみくじ    吉

ただつくせ 誠の心通じなば 竪き岩をも つらぬかん

« 下野 | トップページ | 雨後清雅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西国巡礼:

« 下野 | トップページ | 雨後清雅 »