« ハルシャギク | トップページ | 椋鳥 »

2013年6月10日 (月)

つばめ誕生

061002_2

ついにツバメのヒナがかえりました。

まだ日が浅いのでしょう。羽毛もまだ生えそろっていません。

かわいいくちばしが少し巣から覗いています。

061001_2

まだ目も見えていないので、親鳥の帰って来た気配を感じて、

精一杯の力で鳴いています。口がとっても大きいですね。

「エサちょーだい」と一生懸命鳴いている姿は、なかなか可愛らしい

です。エサをやったあと、親鳥が何かをくわえて飛んで行く姿が

見られました。ヒナが小さい間は、排泄物を親鳥が処分するそうです。

巣をきれいに保つためだそうで、ヒナが巣の外に排泄を出来るように

なるまでの期間限定の行動ですね。

朝の短い間でしたが、田んぼや畑が近いせいか、エサを運ぶ親鳥の様子が

何度となく見られ、幸せな気持ちをいただきました。

巣にエサを運ぶ回数は、1日300~700回以上だといいます。

親鳥は日中、休む暇もないほどの忙しさですね。


・ ・ 明日のおみくじ   末吉

一時はいろいろ苦労あり。よろこび事春夏よろし。


« ハルシャギク | トップページ | 椋鳥 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つばめ誕生:

« ハルシャギク | トップページ | 椋鳥 »