« 花然えんと欲す | トップページ | 暴れしだれ桜 »

2014年1月14日 (火)

梅の生命力

年末にお座敷に生けられていたおもとと梅の瓶花は

お正月のお客さまお迎えのあと、玄関を彩っています。

011401

年明けも蕾の固かった梅の枝ですが徐々に膨らみはじめ、明日には

花開く姿を見せてくれそうです。朱色のおもとの実と白梅の花、

紅白のおめでたい良い雰囲気となりそうです。

梅の花の生命力には驚かされます。十二月の末に生けるということは

遅くとも十二月上旬には山から切り出されていたはずです。そこから

配送され花市場や問屋、花屋さんを経由してここまで運ばれてきた梅。

そんな梅の枝が持ち合わせた力と水だけを頼りに花を咲かせるのです。

お仏壇の仏花のほんの短い梅の枝でさえ、花が咲くことがあると

いいます。素晴らしく力強い生命の力だと感じます。


・ ・ 明日のおみくじ   吉

心だてまじめにし、辛抱強くあるべし。今は苦労ありとものちよし。

« 花然えんと欲す | トップページ | 暴れしだれ桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/54605297

この記事へのトラックバック一覧です: 梅の生命力:

« 花然えんと欲す | トップページ | 暴れしだれ桜 »