« 髪供養 | トップページ | ニワセキショウ »

2014年5月 9日 (金)

ロウバイの実

寒い間、楽しませてくれたロウバイが実を結んでいます。

見るほどに香る美しい花とは違って、なかなか個性的な姿です。

昨年は葉が落ちるまで知らないまま過ごしていたのですが、

今年は無数の実を結び、存在を主張しているかのよう。

050901
このグロテスクとも感じる実が、アオムシに見え「ぎょっ!!」としました。

一定の法則もなく、あちらこちらに向かって自由に付いている実が

余計にそう思わせたのかもしれません。ロウバイの実は利用方法がなく、

中の種は強い毒性を持ちます。木を弱らせないためにも少し取った方が

良いのでしょうか。よく果樹なども豊作の年の翌年は実付きが悪いとか、

木が弱ってしまったとかいいますね。寒い季節の寂しげな庭には

たくさんのロウバイの花に咲いてほしい願います。



蠟梅のすぎゆく花に立ち添ひて ここだく芽ぐむみどりをさなき
                                 鹿児島寿蔵


050702


・ ・ 明日のおみくじ  吉

待ち人くる、少し遅くとも

仕合せよかるべし



« 髪供養 | トップページ | ニワセキショウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロウバイの実:

« 髪供養 | トップページ | ニワセキショウ »