« 憲法記念日 | トップページ | 地震 »

2014年5月 4日 (日)

ポピー

最近道端にポピーが咲いているのをよく見かけます。
ポピーと言うと一瞬「ん?」と思う方もいるかもしれませんが
雛罌粟(ひなげし)の別名です。
そよそよと風に吹かれる姿はかわいらしく、
オレンジ色の花がぽつぽつと咲く景色を見ると初夏の訪れを感じます。

_convert_20140506103155
この花にはいくつか別名があり
・ポピー
・雛罌粟(ひなげし)
・虞美人草(ぐびじんそう)
・コクリコ
・アマポーラ
などがそうです。
これが全部一つの花を指しているなんてなんだか不思議に思います。
それぞれ由来があるとは思いますが、そのうちの一つ
虞美人草について調べてみました!
虞美人草という名前は古代中国の伝説から来ているそうです。


漢の劉邦と天下を争っていた項羽には寵愛する姫がおり、
その名を虞妃(ぐき)といいました。
劉邦と項羽の最期の戦いのとき、項羽は愛する虞妃とともに
劉邦の大軍に周りを包囲されてしまいます。
項羽はもはやこれまでと虞妃との別れを惜しみ
宴を開いたのち最期の出撃をし、
虞妃も自刃してしまいました。
その翌年の初夏、虞妃の血が流れた土に綺麗な花が咲きました。
その花が悲しげに揺れる様子がありし日の虞妃の姿に似ていたため、
人々はこの花を「虞美人草」と呼びました。


ちなみに夏目漱石の小説のタイトルにもなっていますが、
これは散歩の途中たまたま花屋さんの前を通りかかった漱石が
その名前を気に入りつけのだそうです。
花期は6月上旬ごろまでなのでもう少しその姿を楽しめそうです。
Img_0538_convert_20140504152141
明日のおみくじ  末吉
よろこび事始め思わしからずとも後おいおいよかるべし

« 憲法記念日 | トップページ | 地震 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/56056777

この記事へのトラックバック一覧です: ポピー:

« 憲法記念日 | トップページ | 地震 »