« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

お墓参りに…

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

昭和の日。祝日の今日は、薄曇りです。

Img_3337_convert_20150429112149Img_3338_convert_20150429112301Img_3342_convert_20150429112422Img_3344_convert_20150429112606Img_3347_convert_20150429112715Img_3349_convert_20150429112823



























































この時期、少し外に出掛けてみると、あちらこちらで花盛り…。

慶明寺の境内はもちろんの事、周りの山々や農道、車の走る道路の脇にも、つつじや

藤の花、名前の分からない草花も、いっぱい花を咲かせています。


今日は、お墓参りの方々も、いつもより多くお越しのようです。

菜種梅雨も過ぎ、暖かく、とても良い気候の今頃には、御先祖様への近況報告
も兼ね

て、お墓参りに出掛けられるのも、良いリフレッシュになるかも知れません。





     明日のおみくじ   第七番   半吉

        冬枯れをいたむもしばし春くれば よろこびのいろ野に山にみつ



2015年4月27日 (月)

ぼたん

週末蕾だった牡丹の花、この暖かさで一気に満開です。

白い牡丹の花は、花が大きく重たいので

地面に深くお辞儀しているみたいです。

Img_3331

赤紫色の牡丹も艶やかで、白牡丹とも存在感があります。

気品・風格・富貴・まさに花言葉のとおり堂々とした気品があります。

Img_3332  [ 一輪の牡丹かがやく病間かな ] (正岡子規)
  
 正岡子規も病床にて牡丹の明るさ、華やかさにきっと

  暗い雰囲気を癒されたのではないでしょうか・・・・・

  明日のおみくじ     大吉

                           今より苦しき思いをせし人も

              立身出世目の前にあり



2015年4月26日 (日)

最近のお墓事情…。

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。


朝晩は少し肌寒いですが、昼間はお天気もよく、暖かい日が続いています。

皆様、お変わりございませんか?


最近…お彼岸を過ぎた辺りから、お墓をお考えの方からの問い合わせが、増え

たように思います。

昨日はご夫婦で、お寺の雰囲気や立地条件、自宅からの距離、お墓を立てる場

合の場所などを見に来られ、住職ともお話をされていました。



一時期、“~お墓の前で泣かないでください。そこに私はいません~”などという

歌が流行り、確かにそうかも…なら、どこにいるの?と、一般人の私は思ったも

のですが、実際、子供の頃に亡くなった父は、時々、傍にいてくれているような気

がしていたし、大好きだった祖母とは、亡くなってから荼毘に付されるまでの間

に、会話をしていたような気がします。

よく、体は借り物で、魂が体を借りている状態…などと言う表現を耳にすることが

ありますが、まさに、そう言う事なんだなぁ…と妙に納得したものです。



先日、墓地の調査に行った時、新しい形のお墓があり、そこに故人の方のお好

きな言葉だったのか、漢字が一文字彫られていて、見晴らしの良さと温かい陽

射しとで、なんだかとても癒されるような気がしました。

墓石の形、彫られた文字、生前のお名前などでその人の、人となりを想像し、あ

たかもそこにいらっしゃるかような気持ちになります。


お墓は、先祖代々の魂のお家。そう考えると、どんな形でお祀りしていくのか、

色々悩ましいのも、無理は無いのかもしれません。

Img_3325_convert_20150426122833Img_3326_convert_20150426122944














     明日のおみくじ     第32番     吉

        目上の引立てによりて立身出世すべきも

           ただ心だてまじめにして よろずしんぼう強くあるべし

2015年4月25日 (土)

世に生を得るは事を成すにあり

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

いつもの見慣れた景色です。

Img_3323_convert_20150425095142Img_3309_convert_20150425094003_2 Img_3312_convert_20150425094321 Img_3315_convert_20150425094424 Img_3316_convert_20150425094518Img_3317_convert_20150425094627













































牡丹、フリージア、藤の花…。

いつもの変わらない景色に、彩りが添えられて、鶯の鳴く声や忙しそうな蜂の羽音が効果音となっています。

いつもと変わらない景色を堪能しながら、いつもと変わらないこの景色を今も感じられることを

『ありがたい』と思うのと同時に、
何だかじっとしてはいられない気分にもなってきます。


『世に生を得るは事を成すにあり』は坂本龍馬の残した言葉ですが、

この世に生まれてきた意味や、生かされている意味などを考える時、

いつも思い浮かんでくる言葉です。

いつもの景色や自然の営みと同じように自分も、自然と、

いつの間にか、世の中と人のお役に立てていると良いなと思います。



  明日のおみくじ     第十二番     大吉

   これまで憂き苦労するも心正しく
             
                  世を送りたる報いにてこれよりのち大によろし
                
             




2015年4月24日 (金)

あれから10年

JR福知山線脱線事故から明日で10年たちます。

当日もよく晴れた日でした。

車のラジオで事故のニュースを聞いたのですが

よく分からなく、後からテレビの映像を見てただ茫然としていました。

電車は安全な乗り物と思っていたので・・・・

テレビで娘さんを亡くされた方があの日から毎日娘さん宛に

日記を書かれ、庭の木蓮の木の下に祠(ほこら)を建てられたそうです。

そして娘さんにいつも語り掛けられているそうです。

二度とこういう事故が起きませんように・・・・

犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

Img_3300_2

 明日のおみくじ  吉
    
                            我が身にふさわしく仕事に      
Img_3301
       
                            力を入れれば立身す

2015年4月22日 (水)

四つ葉のクロバー

今日朝のテレビで四つ葉のクロバーの事を放送してました。

三つ葉のクロバーの稀な変異体らしいです。

昔から四つ葉のクロバーを見つけた人には

「幸福がおとずれる」と言い伝えられていました。

ヨーロッパでは、夏至の夜に🍀(クロバー)を摘むと

薬草や魔除けの力があると信じられていました。

日本では、三つ葉は 「希望」 「信仰」 「愛情」の印

そして残る一枚は「幸福のシンボル」と言い伝えられてきました。

又ヨーロッパでは、五つ葉は「金銭上の幸福」 

六ツ葉は 「地位の名声の幸福」 

七つ葉は 「無限の幸福」を意味するそうです。

江戸時代に、オランダからガラスが破損しないように

箱の中にクロバーが詰められていたそうです。

子供の頃、四つ葉のクロバーを探して押し葉にしたり

又小さい頃は、お友達とシロツメクサで                 Photo

花かんむりを作って、よく遊んだものでした。

明日のおみくじ   吉
             身をへりくだりて正直ならば
                         おのづから人の引き立てを 
            
受け仕合せなるべし

 
                                    

         
                                         Yahoo検索

2015年4月20日 (月)

春の嵐

19日沖縄を中心に記録的な大雨になりました。

与那国空港では1時間に130.5mmの猛烈な雨が降り

観測史1位を更新したそうです。

鹿児島の徳之島でも50年に一度の記録的な大雨となったそうです。

今日20日は、西日本から東日本の太平洋側で大雨や落雷や竜巻など

突風を伴うおそれもあるそうです。

昨日大雨になった与那国島で今朝の10時43分頃、

近海を震源とする地震があり震度4宮古・八重山地方に津波注意報が

でましたがお昼頃解除になりました。

あの美しいサンゴの島に被害がなくてほっとしました。

Img_3284_3     明日のおみくじ  半吉

               年老いて若返るがごとく、再びさかえにおうて
              
               たのもしき姿になり神仏を祈りてよし

2015年4月19日 (日)

晴耕雨読…してます。

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

小雨…。しっとりと、静かな一日の始まりとなりました。

Img_3273_convert_20150419092658_2Img_3275_convert_20150419092755_2














最近本当に、よく降りますね。


昔は雨と聞けば、あ~やだな…。と反射的に思っていましたが、最近は、

ちょっと気持ちは重くなるけど、少し落ち着いて、良いか。…と思えるようになってきました。

“雨降って地固まる”や、“晴耕雨読”というような言葉を思い浮かべて、

『今、出来ることをやればいい。』

そんな風に思えるようになってきました。


焦っても仕方がない。


そして、時々、こんな言葉も思い出します。


~名もない草も 実をつける いのちいっぱいの 花を咲かせて~


有名な、相田みつを さんの名言です。



何てことのない日常の、当たり前のような毎日も、心の持ち方一つで、過ごし方が変わります。


お寺の裏庭にも、“名もない草”がピンク色の可愛らしい花を咲かせています。

私たちも、あたりまえのように思える、有難い毎日を、大切に過ごしたいと思います。


        明日のおみくじ     第三十五番   吉

                 望みごと成就す 九月より先よかるべし

2015年4月18日 (土)

日々の変化に

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

Img_3264_convert_20150418103242_2Img_3267_convert_20150418103401_2Img_3270_convert_20150418120833_2Img_3271_convert_20150418103541_3




































今朝、お庭に出てみたら、面白い雲が出ていました。 

遠い遠い向こうの空から、こちらの方へ、放射状に、指を広げたような格好です。

雲の筋を数えてみたら、5本は優に超えていましたので、手の形とは違うな…と、

視線を下に向けましたらば、少し前には丸坊主の枝垂れ梅も、先週まで花盛りだった

桜も、紅葉も…若葉がいっぱいに伸びて、初夏の装いになっていました。

お寺近くの畑でも、あちらこちらで次の作物の植え込みの準備が始まっていて、


毎日、変わらないようでも変わって行く…。


人は、大人になってしまえば、目に見える大きな形の変化は見られませんが、当たり前のように

時は過ぎ、体は成長しています。いつしか、それは老いと呼ばれるようになり、

何だか消極的なイメージがあ
るような気がしますが、


知識や経験や
思考は、見たり聞いたり体験することで増えて、変化していきます。


しわや白髪は、木で言うところの、年輪と同じ。

歳を重ねなければ出来ないものを、積極的に受け入れて、

体だけではなく中身も、日々、成長していけたら良いなぁと、思っています。


 明日のおみくじ     第四十九番     吉

      わが思う 望みは遂げて もち月の 光輝く 身とぞうれしき

2015年4月17日 (金)

50回忌

50回忌とは「弔い上げ」これをもって年忌法要を終了することをいいます。

どんな人でも50年たてば無罪となり極楽浄土にいくことができると

考えられているのだそうです。

これをもって個人としてではなく先祖の霊として

祀られるようになります。

50回忌というのは三回忌など故人を偲ぶとかいう

意味合いとは違って、50年その家が逼塞することなく

続いてることを祝うような意味合いがあるそうです。

子孫が繁栄して、先祖供養が受け継がれているのは、

おめでたいと考えられているのですね。


地方によっては紅白の封じを持っていくところもあるそうです。

明日のおみくじ   吉                 

                           運ひらけて幸を得べし
Img_3262_2    

   白ダリヤの花言葉

   感謝・豊かな愛情

 

 

2015年4月15日 (水)

洗心

韋駄天さんの横に「洗心」という言葉の額が飾られています。

「洗心」とは常の心で過ごし出来るだけマイナスの

「御法度の心」を起こさないようにすることを「洗心」と言いいます。

常の心のとは・・・


強く・ 正しく・明るく・我を折り・宜しからぬ欲を捨て

皆仲良く相和して・感謝の生活をなせ

ということらしいのですが、なかなか難しいですね。

明日のおみくじ     吉

              何事にものち程よろしきかたちなり
Img_3261

2015年4月13日 (月)

菜種梅雨

菜種梅雨なのかよく雨が降ります。

菜種梅雨はまた花を催す雨という意味から

「催花雨(さいかう)」とも言われています。

曇りや雨の日が多くすっきりしない天気が何日も続きます。

竹下昌子さんの俳句で                                            Img_3257_3

「一粒の音より菜種梅雨となり」

色々な花を咲かせて楽しませてくれる雨ですね


明日のおみくじ  吉

                                 心素直にして応じた事にいそしめば、

                                やがて春におうて草木が咲きよろしきかたちなり

   Img_3256      Img_3253_3                

                                                                                                                                                                                                         


2015年4月12日 (日)

季節の変わり目に…

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

今日は、晴れ。少し肌寒いですが、気持ちのいいお天気になりました。


境内の桜も、花びらはほとんど散ってしまい、そのせいで少し陽射しが、強く感じられます。

桜の花の淡いピンクは、強くなりつつある春の陽射しも、和らげてくれていたようで、近くで見上げる度に、

暖かく柔らかい何かに包み込まれるような、そんな優しい気持ちにさせてくれました。

境内のお庭は、玉砂利などの石の、白っぽい色が多いため、光を多く反射します。

今年の夏は、暑いかも…。

花びらのベールが無くなって、直に当たるようになった陽射しに、ふと、そんなことを感じました。

Img_3244_convert_20150412105005_2
Img_3239_convert_20150412104749_2























Img_3248_convert_20150412105118











Img_3238_convert_20150412104654












山の方へ目をやると、新緑の紅葉。若葉
が、またいちだんと広がっていました。

桜の季節は過ぎ、また次の季節がやってきます。

今年はどんな一年になるのでしょうか…。

この季節の変わり目に、そんなことを思う…今日この頃です。



     明日のおみくじ   第五十番   吉

                        望みごと おいおい成就す   


2015年4月11日 (土)

初夏に向かって…

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

今日は、雨あがりの、しっとりとした一日の始まりとなりました。

Img_3221_convert_20150411101735_3
Img_3222_convert_20150411102121_3Img_3226_convert_20150411102557_2Img_3234_convert_20150411102652_2


























  
  


  
  
  境内の新緑も、たっぷりと水を含んで、

  ふっくらみずみずしく見えます。

  桜もそろそろ、見納めですね。

  花びらが、薄っすらと地面に積もって…まるで桜色の雪のようです。

  
  
  門前の桜を見上げてぃたら、カラスよりも大きな鳥が、

  ゆったりと大きな翼を広げて、桜の木の上空を横切って行きました。


  自然の中で生きて行くと言う事は、

  こちらが思う以上に厳しいのだろうけれど、

  何の縛りもしがらみもなく、自由に空を飛ぶ姿は、

  とても優雅で、勇ましく、誇らしげに見えました。



   明日のおみくじ   第三十番   半吉

                 何事もひかえ目にして つつしむべし

  




2015年4月10日 (金)

本屋大賞

今年度の本屋大賞受賞は、上橋菜穂子さんの「鹿の王」です。

本屋大賞とは、本屋の店員さんが一番売りたい本

本屋さんが一番おすすめしたい本と言われています。

「鹿の王」のおおまかなあらすじは、

人と病と命の関係、そして家族の絆を描く壮大な世界観   

物語の展開も二転、三転し、ハラハラ、ドキドキ

最後の最後まで気が抜けないストーリーです。

本は上下の2巻から刊行されています。

上巻「生き残った者」 下巻「還って行く者」 上下合版もあるそうです。

最近老眼のせいか、本を読まなくなりました。

これをきっかけに少しずつ本にふれればと思っております。

明日のおみくじ   吉   

                        望み事おおいに成就す  

             
        鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐ 
                             (Yahoo検索)




2015年4月 9日 (木)

大仏の日

752年4月9日は、奈良東大寺大仏の開眼供養が最初に行われた日です。

開眼供養とは、出来上がった仏像に眼を書き入れる大切な儀式で

いわば仏像の完成式典です。

この時眼を書き入れたのは、菩提遷那(ぼだいせんな)という

インド出身の高層と伝わったています。

大仏様も焼失されたりその都度再興されています。

奈良の大仏様を見上げるといつも改めてその大きさにびっくりします。

       Img_3219_2

Img_3217   明日のおみくじ 半吉

   春来ればよろこびのいろ野に山にみつ

 

 

2015年4月 8日 (水)

お釈迦様の誕生日

花冷えで、肌寒い一日です。

昨日関東甲信越地方では、雪が降ったところもあるそうです。

慶明寺でも鶯が鳴いているのですが、少し肌寒さを感じます。

今日は、お釈迦様の誕生日です。

お寺でも5日の日曜日花まつりが開催されました。

お釈迦様が誕生された時すぐに立ち上がり、

七歩進んで右手で天を指し左手で大地を指し

「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と言われたそうです。

「人間ひとりひとりが一つしかない命をいただいている尊い存在である」

いうことを意味しているのだそうです。

この時の立ち姿が後に誕生仏といわれるようになったそうです。


子供の頃頂いたほんのりと甘い甘茶を思い出しました。      

明日のおみくじ  吉

            ふるきを去りて新しきをとりてよし
                        
Img_0225

2015年4月 6日 (月)

人生の扉

曇り空の月曜日です。本堂の石だたみ、桜の花びらのじゅうたんです・・・

私も五十歳を過ぎた頃から、桜の季節になると後何回お花見が

できるのでしょう・・・と思いはじめました。

竹内まりやさんの歌で「人生の扉」の歌詞を思い出します。

♪「 満開の桜や 色づく山の紅葉を

この先いったい何度 見ることになるだろう 」・・・・・♪


最後の「長い旅路のはてに輝く何かが誰でもあるさ~」 

特に最後の英語の歌詞には希望がもてます。( 歳をとることは、辛いかもしれな

いが、それでも生きていることに価値があると信じているわ )      Img_3210

是非一度聞いて下さい。

               明日のおみくじ   吉

                 神仏を念じてよし
 
 Img_3204_2

2015年4月 5日 (日)

花まつり

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

今日は慶明寺で午前10時から、花まつり(灌仏会)が開催されました。

Img_3182_convert_20150405153701
花まつりとは、お釈迦様の誕生日である4月8日を

お祝いする仏教の春の行事です。


様々な花で飾り付けを施された、花御堂の中に、

甘茶を満たし中央に誕生仏の像を安置した灌仏桶

を置き、柄杓で像に甘茶をかけてお祝いします。



Img_3180_convert_20150405153757 今年は、あいにくの雨になってしまい、

残念ながらお稚児さんの行列は出来ませんでしたが、

和尚さんの紙芝居(泣いた赤鬼)や

役員の方々によるビンゴ大会などで、

楽しく時間は過ぎていきました。





Img_3190_convert_20150405133453_2 本日お越しの子供さんの年齢は、
下は2歳から、

は小学校の低~中学年と言ったところでしょうか?


小さい頃から、こういった、お寺や地域の行事に

参加して、色んな人と触れ合うことは、お子さん達にとっても、

とても好い光景だと思いました。



Img_3200_convert_20150405151715_2 会が始まり、お子さん達が甘茶をかけて

お祝いし始めた頃、雨は上がって空が明るく

なっていました。

親御さんや、お祖父さんお祖母さんに連れられて

昔からの慣わしや、古くからの習慣に触れる

子供さん達の姿を、お釈迦様も喜んで下さっているのかも知れません。



       明日のおみくじ   第三十番   半吉   

                    家内よく和合し 神仏を信じてよし



2015年4月 4日 (土)

桜満開!

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。


Img_3154_convert_20150404103914_4
先週の日曜日の夕方、ようやく咲き始めた境内の桜が、

今週は見事に満開になりました。

薄いピンクの花びらが重なって、近くで見ても離れて観ても

本当に清々しく…とっても綺麗です。



…思わず、空まで見上げてしまいました。

Img_3158_convert_20150404104003_3



鶯も、人里近く降りてきて、歌声の練習を始めました。



明日は慶明寺の、お釈迦様の誕生日(4月8日)を祝う、 

花まつりの日です。

Img_3162_convert_20150404104101_2
   


この桜の花が散る頃…皆さんの次のお楽しみは

ゴールデンウィーク♪といったところでしょうか?


…春もまた、足早に過ぎていきますね。




     明日のおみくじ   第二十二番   吉

          やがて春におうて草花が咲き、雨ののち竹がいよいよ青き如く、

                         くるしみありたる後 次第によろしきかたちなり

2015年4月 3日 (金)

桜ふぶき

昨日は暑いくらいの陽気だったのですが、今日は曇り

生暖かい強い風が吹いてます。

朝何人かの方が、桜の花を撮られていました。

昨日は、「用事で来れなかった」とおしゃってました。

枝垂れ桜が風に舞って花吹雪のようです。    Img_3142

残念ながらお天気は、下り坂・・・・

日曜日の花まつりは、どうか晴れますように~

明日のおみくじ  末吉                            

           望み事成就す

 Img_3139 Img_3147_2
Img_3148


枝垂れ桜は散りはじめですが

本堂の桜は満開です。
 
 

2015年4月 2日 (木)

あたらしい門出

4月1日入社式がありました。

慶明寺でも4年間バイトに来られた

学生さんが、この春新社会人になられました。  
     
おめでとうございます。

皆さん期待と希望で、胸いっぱいだと思います。

どうぞ社会を担っていく若い人達のエネルギー

頑張って下さい・・・・とエールを送りたいと思います。 
Img_3127
















掲示板の言葉が、新しくなりました。

柳緑花紅 (りゅうりょく かこう)

柳は緑色をなすように、花は紅色に咲くように、この世のものは、種々に

異なっており、それぞれ自然の理が備わっているという意味です。

明日のおみくじ     吉

               故郷を去りて、新しきを取りてよし

2015年4月 1日 (水)

雨の日のお花見

慶明寺で墓地管理者の方々のお花見が催されましたが、

あいにくの小雨もようで、お部屋の中からのお花見になりました。

駐車場からの枝垂れ桜今が、とても綺麗です。

朝から「今日お花見ありますか」 問い合わせのお電話も何件か頂きました。

雪見障子を上げてのお花見になりました。

明日のおみくじ   大吉

             今は運勢心のままに開きます



Img_3126

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »