« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

心の虫干し

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

5月31日、日曜日
sun晴れ。


5月最終日の今日は、カラッとしたお天気で過ごしやすく、とても良い

日曜日になりました。皆さん、いかがお過ごしですか?

明日から6月…。もうすぐ
1年の半分が過ぎようとしていますが、

今年
1年でやろうとした事や、目標はどの程度進みましたか?


そろそろ見直しをして、少しでも達成に近づけるよう『夢の棚卸』をして、

残りの数か月は目標の達成☆、夢の実現♡に向け、キラキラ活動

したいと思います。


自然いっぱいの慶明寺。

窓越しの爽やかな風は、心の虫干しをしてくれたようです。

Img_3624_convert_20150531131009Img_3625_convert_20150531131452

 


















         明日のおみくじ   第二十二番   吉

         くるしみありたる後次第によろしきかたちなり

2015年5月30日 (土)

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

5月30日土曜日。晴れ
sun


今日は朝からとてもお天気が良く、気温もグングン上がって、暑くなり


そうな気配です。


慶明寺のお庭では、以前ブログでご紹介した芍薬が、実を着けていました。

まだまだ青くて堅そうな状態ですが、隣の牡丹の実は随分と色が変わり、

薄茶色の乾燥した種に変化してきています。



お庭の草花を見ていると、時の流れがすごく
早く感じられ、今日の強い

日射しとも相まって…「あ~、そろそろ夏だなぁ~」
なんて思ってしまい

ます。まだ梅雨にもなっていないのに…(笑)

Img_3621_convert_20150530110154Img_3613_convert_20150530110247Img_3616_convert_20150530112138Img_3619_convert_20150530112316_2




































北海道でも、昨日は最高気温が30度まで上がったとか?数日前には霜注意報が出ていたのに…(Facebook 友人情報)


今日も暑くなりそうです。

皆様も、適度に水分を補って、今日も元気にお過ごし下さい。


   明日のおみくじ   第二十一番   吉

   心立よくつとめはげめば、おのづから善道にいたるべし


    みなさまにとりまして、良き事がたくさん訪れますように…

2015年5月29日 (金)

シャガール展

「色彩の魔術師」「愛の画家」と呼ばれた20世紀美術の

巨匠マルク・シャガール(1887~1985年)その没後30年を記念した

「シャガール展 愛と色彩のファンタジー」が

5月31日(日曜日)まで、姫路美術館で開かれています。


1887年ロシアのヴィテブスクに生まれ1911年パリに渡ったシャガールは

キビスム(立体主義) フォービスム(表現主義)といった

最先端の芸術を吸収しながらロシアで培った画家の感性を

融合させて独特の画境をきりひらきます。

幻想的な画風を展開した1920年、30年には多くの日本人画家たちにも

強い影響を与えました。

油彩なのですが、水彩画のようなタッチで特に

青の色がもの哀しげでとっても印象的でした。

又姫路美術館は初めてだったのですが、煉瓦造りの建物の後ろには、

姫路城が見えとてもいい景色でした。

平日だったのか静かで、姫路城・美術館・歴史博物館・ など

一日ゆっくり散歩しながら、散策するのもいいですよ・・・・

明日のおみくじ    吉

              焦らずゆるゆる考えて事をなしてよし


      Img_3610_4                                                          

2015年5月27日 (水)

きゅうりのお供えもの

朝お掃除をしてしている時、賽銭箱の上にきゅうりが新聞紙で

包んで置いてありました。お家で作られたのでしょうか

夏の季節に採れる新鮮で美味しいもののおすそ分けでしょうか・・・

ふと子供の時、お盆の頃になすときゅうりが

お供えしてあったのを思い出しました。

どうして、きゅうりとなすなの? 意味を調べてみますと・・・・

夏の時期に手に入りやすく又どこでも収穫出来る野菜であった

ことから全国的に使われたものと考えられます。

お盆の期間に、故人の霊がこの世とあの世を行き来します。

きゅうりとなすに割り箸で足を作り馬と牛に見立てました。

「精霊馬」(しょうりょううま)と呼ばれ、故人の霊の乗り物です。

あの世から早く家に戻ってくるよう、きゅうりは、速い馬に見立てられ

またあの世に帰るのが少しでも遅れるよう

ナスは歩みの遅い牛に見立てられたそうです。

沖縄では先祖の霊があの世に帰る時に杖としてサトウキビをお供えするなど

お供えの野菜の意味合いが、地域によって違うのですね。

きゅうり有難うございました。

明日のおみくじ    吉

              目上の人の教をまもりすこしも我意あるべからず


Img_3607
 

2015年5月25日 (月)

観音様

お寺のお庭に観音様がいらっしゃいます。

観世音菩薩は通称「観音さん」と呼ばれ馴染みのある仏様です。

観世音とは「心で自由自在に世の中の音を観る仏」といわれ、

その観音さまの心とは、次の五観です。

「真観」 「清浄観」 「広大智慧観」 「悲観」 「慈観」 

「観」とは私たちの主観、心のことであり

「音」とは私たち以外の周りのことで、観音様の心である五観をもって、

「音」を感じることにより、様々な困難や苦しみを克服しようとする。

観音様とは遥か遠くにあるのではなく、          

「音」である私たちの日常の中におられのです。    
Img_3601

観音さまに出会うには、普段の生活の中で

なるべく沢山の有難さ、感謝を見つけようと

五観をもって勤めることです。  (Yahoo検索)

毎日のないげない平凡な暮らしに「ありがたい」と

いう感謝の気持ちで観音様の五観に少しでも

近づけるように精進したいと思います。

明日のおみくじ  吉

           気を長くして我が身にふさわしい

            仕事に力を入れれば立身する
            

2015年5月24日 (日)

龍口はまた、次週…?

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

5月24日、日曜日。
sun晴れ


早いもので、もうすぐ5月が終わろうとしています。

長かった冬がやっと終わり、ようやく暖かい春が来て、若葉の季節、新緑の頃、

そしてもうすぐ梅雨を迎えようとしています。

今年の梅雨は、長くなるのでしょうか?それともカラ梅雨で、あっという間に夏

が来てしまうのでしょうか?

色々予測は立てるものの、過去を振り返ってみると、結局の所、なってしまわな

いと分からない…。そんな風に感じます。

昨日のお天気もそうでした。

朝から湿気が多く、ひんやりしていて、空を見上げると薄っすらと、暗い雲が立

ち込めている。「もしかしたら、このまま雲がはれることもなく、予報より早く、雨

が降り出すかも知れない…」と、私は傘を持って出掛けました。

けれども、夕方になっても、夜眠る時間になっても、雨は降りませんでした。

結局すっかり、傘を持っていた事は忘れてしまい、今朝になって、立てかけたそ

の傘を見て、忘れていたことに気付いた…と言う様な始末です。


予測を立て、あれこれ考えて、対策を講じたのに、違う結果になった…。


だからと言って、予測を立てたり、対策を練らないわけにはいかず…。


昔、生命保険会社のある方が、こんなことをお話しされていました。

「私たちは、晴れの日に傘を売る仕事です。雨が降ってからでは遅いんです。」

なるほどな…と妙に納得して、自分や家族に起こるであろう、色々なことを想像

してみました。


私は当時、人の命をお金に換算する生命保険なんて、大嫌い!と思っていまし

たが、そのお話を聞いて以来、「どんなことも、初めから毛嫌いするのはやめよ

う。まずは話を聞いてみよう。それから、判断すればいいんだから。」と、心を柔

らかくすることが出来、とても印象に残っています。

そして、頑なに拒むのとは違って、入ってくる情報の数が増え、後々の人生にも

役立てられた気がします。


備えあれば憂いなし。この晴れた空に、邪魔になってしまった傘ですが、気持ち

良く持って帰ろうと思います。物事は…考えようですものね。



Img_3589_convert_20150524091219Img_3594_convert_20150524091302Img_3596_convert_20150524091354



























昨日の、毛虫が動かなくなっていました。休んでるだけかな?さなぎになる準備かな?苦手なのですが、怖いもの見たさで楽しみにしています。


明日のおみくじ   第四十三番   吉

身をへりくだりて正直ならばおのづから人の引立をうけて仕合せなるべし

のぞみごと心の持ようのまゝなるべし


明日も、
世界が平和で 幸せな一日でありますように…













2015年5月23日 (土)

龍口のはずが…。

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。


5月23日土曜日。曇りです。夕方には雨が降るとの予報で、現在は湿度が

80%を超えているので、何だか蒸しっとした感じが気になります。


外に出ても、家に居ても、草を刈り込む音や、焼いている匂いがしてきて…

「これが終わって雨が続くようになったら、また、暑い夏が来るなぁ…」と予感

させます。…え?!…気が早いですか?(笑)


今日も、いつもの様に写真を撮っていたら、
境内の桜の幹に、綺麗な色の

幼虫が付いていることに気が付きました。

「あ!いつもの景色に、いつもと違うものだ♪」と、早速カメラを向け始めた

ら、さっきまでじっとしていたその幼虫が、上に向かって、慌てて動き

始めました。「写真に撮りたいだけだよ…」と、急いで数枚写して、その場を

離れたのですが、「あの毛虫も、一生懸命生きているんだもんなぁ…」と、

そっと見守りたい気持ちになりました。


成長したら、どんな姿になるのでしょうか…?


無事に子孫を残すまで、成長出来るのでしょうか…?


この世に生まれた意味、使命、目的、任務…。

虫も、それを全うする為には、色んな試練を乗り越えなければいけません。

しかも、人よりずっと短い、何十日かの間にです。

人と虫とを
、同じように考えるのはおかしいかもしれませんが、

同じ一つの命、『一生』と考えると、私も生きている間に、


何か意味のあることをしておきたい…

一日を、無駄のないように過ごしたい…


と思うようになります。
今日のお庭の風景は、そんなことを感じされてくれた…


~お寺からの景色~となりました。



…本当は、【龍口】について書きたいと思っていたのですが、これは

明日のお楽しみ(?)にするとしましょう。

Img_3580_convert_20150523094824

Img_3581_convert_20150523094905Img_3585_convert_20150523095003Img_3586_convert_20150523095048






































明日のおみくじ   第二十二番   吉

こころ正直にして人のいつはりにのりて苦しむことあり、決して人にだまされるべからず
くるしみありたる後次第によろしきかたちなり


明日のブログも、よろしくお願い致します。



2015年5月22日 (金)

戒名

人は、亡くなると仏の弟子になるとされ、

お葬式を行う際に死後成仏するよに、僧侶から授かるものです。

一般に死後に与えられる名称が戒名と言われています。

戒名はどのようにして、つけられるのでしょうか・・・

形式は、宗派によって多少の違いはありますが、

院号・道号・戒名・位号で基本構成されています。

「院号」 元々天皇が退位した後につけられた名前のことでしたが、

      後に身分の高い人につけられるようになりました。            

「道号」 戒名の上につけられる名前のこと。                     

「戒名」 本来はこの2文字が戒名の意味 俗名(生前)の 

            名前から一文字とっていれることが多い 

      又は、その人の好きだったもの、
     
      職業・人柄を表す文字など
      
「位号」 性別・年齢なども位号で表されています。  
 
     私も入れてほしい一文字を今から考えてみようかしら・・・・・ 
 
Img_3564_2

   明日のおみくじ  末吉                                           
                            心静かに時節を待たば幸来る      
 
    Img_3558_3           
   
   

2015年5月20日 (水)

衣替え

朝のテレビで晴天が続くカラットしたお天気なので、

「衣替えや衣類を片付けるのにいいですよ」・・・・と放送していました。

湿気がないので、衣類を片づけるのに最適だそうです。

湿度のある時に衣類をかたづけるとカビの原因にもなるそうです。

学校などの衣替えは、一般に6月と10月に決まっています。

近年は温暖化の為か、若干日にちを調整しているみたいです。

私の時代は、衣替えが6月だったので、セーラー服が暑くて

気温が25度を超す日には、大変だった記憶があります。

今日は、夏日で日射しがきつく、日中とても暑いので

体調にお気をつけて下さい。

明日のおみくじ  吉

           我が身の心得一つで物事よくもなり
            
             悪くもなりて結局よし
Img_3556  
  桜の根っこから枝が伸び

 新葉が・・・生命力を感じます。

 

 (あおいの花)

    ↓
   
 

Img_3569

2015年5月18日 (月)

認知症

最近よくテレビ番組で、認知症のことについて放送されることが

よくあります。きっと長寿になって高齢者の方が増えた為かしら・・・・

認知症の症状には、人によって差がありますが、怒りっぽくなったり、

不安になったり、徘徊などの異常行動が見られ、他にも幻覚、睡眠障害、

異色、過食などがあります。

私も最近、よく物忘れするし、新しい事が中々覚えられないし、

人の名前が覚えられない・片付けなどがサッサと出来ない等々

若い時に比べて情けなくなる事もしばしば・・・

でも、年月はもどれません、くよくよしても仕方がないので、

現状を見つめながら、前向きに生きて行こうと・・・・

早期発見して、適切な治療を行い,生活習慣を見直し認知症を予防しましょう。

家にとじこもらないで、旅行に行ったり・ 美味しい物を食べたり

お友達とおしゃべりを楽しんだり、運動したり・大きな声で歌ったりなど・・・・

おしゃれして、どんどん出掛けましょう・・・・・

子育てが終わった後、おまけの人生をもっと楽しみましょう。

あ~あ 愉しい人生だった・・・幕を引きたいものです。

明日のおみくじ   吉

            人に頼るべからず、ただし目上の人の

            引立てあらば我が身をたかぶらず従うべし

            (お寺の周りの草花もカラフルできれいですね。)
                 Img_3561_2

2015年5月17日 (日)

嫌な気分を忘れる方法…。

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

5月17日 日曜日。晴れ。


昨日の午後からお天気は晴れに変わり、そのお蔭か、今日はカラッとして爽やか

な一日の始まりとなりました。


湿気がなくて、さらっとしているお蔭で、気分も釣られて、何かやろう
upupと言う

気持ちが湧いてきます。

皆さんは、いかがですか?

そろそろ、五月病…なんて声
も聞こえてきそうですが、病は気から。学校や

職場を出た後、または休日を生かして、上手に気分転換を図りましょう
notenote


そうは言っても…、そんな簡単に気分転換が出来たら、悩むことなんてないわ。


今度はそんな声が聞こえてきそうです。(笑)


そこで!お勧めしたいのが、家庭のお風呂での浄化。

お家のお風呂をいつもと違う空間にし
て、少しだけ贅沢な時間を過ごす

のです。
湯船で温まるとき、電気を消して、好きな香りのロウソクの灯りで

過ごしたり、好きな入浴剤やアロマオイルを入れてもいいでしょう。

リフレッシュには、柑橘系のオイルがお勧めです。
さっき食べたばかりの

オレンジの皮と、お塩をガーゼなどにくるんで浴槽に入れ
れば、血行も良く

なり、気分も更にリフレッシュ!一挙両得!です。
heart04


落ち込んだ時、ちょっと元気が出ないとき…身体の汚れと一緒に、心の汚れや

わだかまり、もやもやした嫌な気分など…全てお湯で、洗い流してしまいましょう。

(この時、心の中で、“嫌な気分は全て、流れて行った”と思うことが肝心です。)


なぁんだ、そんな方法、簡単じゃないか。


そう思われた方は、今夜から…早速試してみて下さい。

結構、効果がありますからね
note



Img_3545_convert_20150517105024 Img_3548_convert_20150517105115Img_3549_convert_20150517105613




















昨日のブログの芍薬が、花を咲かせていました。


                   明日もいいことが、おこりますように…。




   明日のおみくじ   第二番   小吉

     初は心の思うままに何事も成し遂げ難しといえども、

               はげみて時節を待たば後にしあわせあるべし



2015年5月16日 (土)

雨上り。

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

5月16日土曜日。

昨夜からの雨で、今朝は少し、蒸し暑く感じた、一日の始まりです。

Img_3529_convert_20150516093742Img_3533_convert_20150516093832Img_3535_convert_20150516093919Img_3543_convert_20150516094008




































いつもの景色が、たっぷり降った雨のお蔭で、色濃く鮮やかになりました。



境内に入ると、右手にある、立派な花を咲かせた
牡丹の花は、

いつの間にか実を結んで、その実は、新しい別の花のように見えます。


その左には芍薬が、綺麗なピンク色の、花を咲かせようとしています。


苔むした松の木は、すらりと伸びた新芽と、葉先に残った雨粒とで、古く

どっしりした趣きと、若くみずみずしい姿の両方が見て取れます。


本堂に向かって歩くと見える、左側の桜の幹は、何とも表現し難い…とても

自然な形で、人の手では造ることの出来ない、何もかもとても敵わない、と

言う様な格好
をしています。

(軽く短い言葉で表現するのは申し訳ないくらいなので、実際
に目で見て、

感じて頂きたい。)

空気も澄んでいるので、庭に居る時間が、とても心地良く感じられます。



弘安4年(1281年)建立の臨済宗妙心寺派寺院。


現在は、バリアフリーの工事も施されており、駐車場から本堂へのお参り

も、とてもしやすくなっています。


  明日のおみくじ   第二十五番   吉

  我が身にふさわしき仕事に力を入ればくらい高き人の引立により立身す



       今日も、みなさまにとって良い一日となりますように…。
















































2015年5月15日 (金)

四十九日

死者の霊は、(仏教では)なくなった日から7週間(四十九日間)は

この世をさまよっているとされています。この期間は、死から新しい

人生へと生まれ変わる準備をしているのです。

その間に遺族が丁寧に冥福をお祈りをすることによって、

亡くなった人は、初めて無事に極楽浄土に送り届けられます。

神式では死後50日目を「50日際」として祭ります。


この期間は「忌中」といい、四十九日を過ぎると「忌明け」となります。

以前ご主人を亡くされた方が、

「49日間、毎日仏さまにお膳を供え同じ物を頂き、お線香をあげ、お花の水をかえ

手を合わせること、それは、残された者がお世話することによって、

悲しみから、立ち直ることが出来る大事な事なんだ」と

言われ私もそうなんだ・・・と思いました。

遺族の別れの悲しみが癒され、落ち着いて亡くなった人の死に

向き合える大切な期間でもあるのですね。

明日のおみくじ   吉

            わが思うままになるべきなり


Img_3528_2   Img_3523_2

2015年5月14日 (木)

芍薬

牡丹の花が終わる頃、待つようにして芍薬が花を咲かせています。

牡丹が「花の王」と呼ばれるのに対して、

芍薬は花の宰相 「花相」と呼ばれています。

中国では、この花の咲く姿がしとやかで美しいという意味から

「綽 約 (しゃくやく)」に由来します。

何かにつけ牡丹と芍薬は色々比較されるのですね・・・・

江戸時代には「茶花」として鑑賞され、又芍薬の根は、

消炎・鎮痛・抗菌・止血・抗けいれん作用がある生薬です

「芍薬や古りける薬箱」 水原秋桜子

Img_3512

 明日のおみくじ  吉             

            よき主人におうて取り立てられ仕合せとなり
  

2015年5月13日 (水)

地震・噴火

今日の朝、東北で震度5強の地震がありました。

ビルの高層部では立っているのが難しいほどの大きな揺れだったそうです。

強い横揺れが長く続いてあの(東日本)大震災を

思い出した方もいらっしゃったそうです。

4年たってもこんな大きな余震が・・・・

津波警報が、なくて皆さん安堵されたそうです。

関東も最近、箱根山大涌谷の噴火警戒レベルが2に引上げられ、

大涌谷周辺の登山道ハイキングコース閉鎖 箱根ロープウェイも運休

名物の黒たまごも販売中止 地元の人も観光で生活をされている方々は


風評被害などに困っていらしゃるみたいです。

日本列島は、南北に細長く、四季があり食べ物も美味しいです。

火山の国・温泉の国で、大好きなのですが、

大地震から時折、脅威を感じることもあります。


明日のおみくじ 小吉                 Img_3520
                     
                   わざわいてんじて吉となる
Img_3516_2

2015年5月12日 (火)

赤い カーネーション

朝から台風の影響か雨が降り始めました。

外では蛙が「グワァ・グワァ」と鳴いてます。

昨日(月曜日)お昼前、お墓の周りを歩いていると、男性の方が

赤いカーネーションを供えられていました。

日曜日が母の日だったので、お母さんのお墓参りをされていらしゃるんだと


思いました。その後、お線香を買いに来られた方の

息子さんだと分かりました。

奥さんを癌で、あっという間に亡くされたそうです。

学生さんだった息子さん二人とも社会人になられて

時々お母様に色々な出来事を報告に来られるそうです。・・・・

赤いカーネーションの花言葉 「母の愛」 

その日、一日心がとてもほんわかしました。
Img_3507 Img_3502
明日のおみくじ   吉

すべてこの人は 心の持ちようにより

仕合せとも、不仕合せともなる

2015年5月11日 (月)

鵜飼

今日は、岐阜県長良川の鵜飼い開きです。

清流長良川で、毎年5月11日~10月15日まで、

中秋名月と増水を除く毎夜行われています。

篝火を川面に映し、鵜匠と鵜が一体になって魚を捕える漁法です

現在は古典漁法を今に伝える観光としての「鵜飼」です。

松尾芭蕉は、岐阜を訪れた時に、鵜飼を見物し

「おもうしろうて やがてかなしき 鵜舟かな」という句を残し

チャップリンは2度鵜飼見物に訪れ、「素晴らしい」と絶賛したと言われれいます。

鵜匠が鵜を励ます「ホウホウ」という掛け声や

船べりをたたく音が「日本の音風景百選」に選ばれています。

お寺の木立で鶯が鳴いているので、こちらも「ホーホケキョ」と

挨拶をするのですが・・・中々姿を見ることが出来ません。

明日のおみくじ   半吉
             心だてよろずに骨惜みせずば
             二つの仕合せ一時に来らん


Img_3491         Img_3492_2

2015年5月10日 (日)

昨日の続き…。

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

5月10日 日曜日。晴れ。

今日は、とってもいいお天気です。お墓参りのご家族連れも、いつもより多くお見

かけします。日向に居ても、汗をかくほど暑くもなく、寒くもないので、お墓

参りやハイキングなど、外に居るのが気持ちがいい、日曜日ですね。


昨日の続きです…

さるすべりが咲くようになって暫く経って、庭を眺めながら、私に尋ねられた方が

いらっしゃいました。「あれは、枝垂れ…梅?」「こっちは…さるすべりかな?」  

少し時間があったので、その方と庭木についてのお話をすることになりました。

その中で、以前からあるのにずっと花を咲かせなかったさるすべりが、枝垂れ梅

が来て暫くして、ようやく花を咲かせるようになった。…という話をしたら、「それ

は、鎮守の杜伝説みたいだね。」とおっしゃいました。

「鎮守の杜…ですか?」

「そう、
鎮守の杜。それがあるから、こっちが育つって言う…。」

「…。そう言う…事ですか…。」

その方と奥様と私。あとは静かに、歩いていました。



人は、その人生の中で、時々、変化することがあります。

それは、自分自身の内面の変化だったり、周りの環境や見た目の変化だったり。

その時、その変化が受け入れられず、以前の方が良かったような気がしたり、居

心地の悪い思いをしたり…。

でも、それも全部
必要なこと。 無駄なことなどありません。


年を重ねるごとに、色んなことを経験する様になりますが、全て、『それでいいん

だよ。』(ちゃんと意味があって必要なこと)と、教えて頂いた気がしました。


Img_3479_convert_20150510120244Img_3485_convert_20150510120331























    明日のおみくじ   第二十番   吉

  暗きよみちを通りしものが、明るき所に出でたるが如く、

        これよりはすこし位のさわりありとも、うんせいおのづからひらくべし

2015年5月 9日 (土)

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

五月九日、土曜日。

今日は朝からしとしとと、
雨が降っていました。久し振りの雨です。


沖縄は、五日に梅雨入りしたそうですが、もうそんな時節なのですね。


下の写真を撮った九時頃には、雨はほとんど止んでいましたが、庭の緑の潤い

がとても綺麗に写っています。二枚目の写真の紅葉を見て、数年前に御年配の

方から聞いた話を思い出しました。


当時私は、よく手入れされた日本庭園の見える室内で、仕事をしていました。

よく見える所に、さるすべりの木が在って、私の見ている限りでは、数年花を咲か

せていませんでした。


ある時、お花の、大々的なとても素晴らしいショーがあり、その時に使われた沢

山の花や植木の中から数本が、日本庭園に植えられる事になりました。

花の咲かないさるすべりの横には、枝垂れ梅が一本植えられ、ガラス張りの廊

下を挟んだ反対側の庭には、あと二本の枝垂れ梅が植えられました。

根付くかどうかの心配もありましたが、大切に大切に見守られ、手入れされて翌

年には、少しづつ花を咲かせて、実を着けるようになっていきました。


いつの間にか枝垂れ梅は、庭の名物となっていて、毎年冬が終わる頃には、

今年はいつ頃咲き始めるだろうか?実はいくつ着けるだろうか?と、皆が楽しみ

にするようになりました。


廊下を渡るときには、必ず左右の枝垂れ梅が目につきます。

そのお蔭で、どちらの庭も、ゆっくりと眺める人が増えていきました。

そのためでしょうか…?

何年も、花を咲かせなかったさるすべりの木が、いつの間にか花を咲かせるよう

になっていたのです。



…続きは明日。明日も慶明寺のブログを、宜しくお願いします。


(慶明寺の境内の枝垂れ梅は、一枚目の写真左に写っています。今は、とても葉

が繁っていますが、お花の頃の写真は三月にアップされていますので、良ろしけ

ればご覧下さい。三枚目には、名前の知らない虫が写っているのですが、分かり

難い
ですね…。雨に打たれないように、枝に逆さまに、しがみ付いています。

四枚目は、桜の実を下から写しています。空が程よく明るくなってきたので、葉の

葉脈がとてもはっきり写っています。)


Img_3468_convert_20150509095736Img_3469_convert_20150509100010Img_3470_convert_20150509100149Img_3478_convert_20150509100312





































明日のおみくじ   第二十九番   吉

これまでうもれぎの如く世に知られず、色々のくらうをしてきたけれど、これよりおいおい運開けて時とところにしたごうて幸を得べし

2015年5月 8日 (金)

髪供養

5月8日、慶明寺で髪供養が厳かに執り行われました。

本堂で法要を済ませ髪供養塔で故人の遺髪が納められ

五月晴れのなか、無事に儀式を終えることが出来ました。

「遺髪」は故人が納棺される前に、故人の髪を切り、

ご遺髪とされることが多いようです。 


故人の身体の一部である髪をその方の身代りとして

形見にするという習慣は、昔から存在しています。

戦時中は戦死された方の遺骨の代わりに                   

遺髪を持ち帰ることが多くありました。

こうした遺髪はご遺族によってお墓に納められました。

髪の毛=生命のシンボル,命の化身として崇められてきたのですね

明日のおみくじ  大吉

                         望み事おそきとて何もあんじ うれうるまじきとなり

Img_3466

2015年5月 7日 (木)

新緑の季節

昨日は立夏・ 立夏とは、「夏がきたよ」という意味をもつらしい

湿気の多い梅雨入り前のちょっとした冷たい風が心地良い


爽やかな晴天の日はこれから夏が来るよ~という合図

長いゴールデンウィークも終わり今日から仕事に学校

お出掛けになられた方は交通渋滞などで、少々

お疲れ気味ではないでしょうか?

  Img_3454            Img_3461_2
お寺の周りも芽吹いた新緑に心が安らぎます。

「あらたふと 青葉 若葉 の日の光」 

日光に立ち寄った時の

芭蕉の句で、すがすがしい緑に

癒やされたのではないでしょうか~

明日のおみくじ    吉

             さきの世に造りし罪も霜と消えて花咲く

Img_3458


             

2015年5月 6日 (水)

ゴールデンウィーク、最終日。

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

5月6日(水)。ゴールデンウィーク最終日の今日、皆様いかがお過ごしですか?

今朝早くは、少し肌寒かったものの、お天気のお蔭でどんどん暖かくなり、少し動

いたり、日向に居ると
、暑いくらいの陽気になってきました。



午前中、昨日に引き続き、
墓地へ行ってきました。


一時間程したところで、頭の上でブンブン…羽音が聞こえ始めました。

少し前に、藤の花に蜜を集めに来ていた、カナブンのような丸っこい形の、あの

大きな蜂です。結構傍に近付いてきて、少しこちらが移動してみても、頭上で空中

停止して、見張っているような感じです。

何か目当ての花でもあるのかと、周りを見渡してみましたが、辺りは一面に黄色い

花が咲いていて、それを狙っていると言う感じでもありません。

とにかく、体が大きせいか、羽音が凄く大きくて、油断すると攻撃されそうなので、

一度大きく離れてみました。

少し遠くを眺めたり、地図を確認してみたりして、ちょっと時間を置いてから、先程

の上空を見上げると、ひらひらと優雅に近付いてきた蝶々に猛スピードで寄って

行ったり、別の蜂を追い払ってみたり…何だか領土を守っている様に見えまし

た。
(もしかしたら…あの蜂は、なわばりを侵されると思ったのかも知れないな…)

そう思って、別の道からまた調査に戻り、ちょうど一区画、お昼までに済ませる事

が出来ました。


 明日のおみくじ   第十六番   吉

   これまでうもれぎの如く世にしられざりしもじせつ来りて開運に向いたり、

          
         この時あせらずゆるゆる考えて事をなしてよし

Img_3421_convert_20150506122907Img_3437_convert_20150506123006

2015年5月 5日 (火)

慶明寺、お墓からの景色。

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

5月5日(火)子供の日。
sunsports

今日は、雲一つない、とてもいいお天気に恵まれました。


朝、お寺の前の畑の道で、虫取り網を持った、幼い男の子たちと、恰幅の良い

男性を見かけました。

何やら良いものが見つかったようで、男の子たちがはしゃいでいます。

近寄って、何が居るのか尋ねてみると、エビが獲れた♪とのことでした。

(え?畑でエビ?と思い)男の子たちが持っていた、小さな水槽をのぞいてみる

と、そこには2センチ程の小さなエビが本当に泳いで(?!)います。沼エビと言うそう

ですが、どこにそんなのが居たのかと不思議に思い、辺りを見渡してみると、畑

の脇の少し下がった所に、用水路がありました。



とてもお天気が良いので、その後お墓の地図を作るための、調査に行ってきまし

た。1区画ずつ、一筆書きの様に歩いて、図面と墓石とを照らし合わせながら、名

前を埋めていきます。とても古い墓石も在るので、彫られた俗名から歴史を感じ

取ることが出来ます。一歩一歩…歩みを進めながら、歴史の想像旅行をしてい

るようです。



現在…。小高い丘に在る墓地からの眺めは、自然と、人々の生活と、近代的な

ビル群、それから淡路島…。

この墓地に、一番初めにお墓を建てられた方たちは、どんな景色を見ておられ

たのでしょうか…?



   明日のおみくじ     第四十五番     吉

物事 十分なる かたちなり、十分なればかならずかくることあり、
            
                                    よろづつつしみて ひかえめにすれば ますますよろし

Img_3410_convert_20150505104913Img_3408_convert_20150505105204Img_3420_convert_20150505105354_2Img_3414_convert_20150505105253_2

2015年5月 4日 (月)

みんなちがって、みんないい。

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

5月4日みどりの日。朝から雨のスタートとなりました。


窓から見える雨は霧雨で、緑の葉っぱや地面に、優しく染み渡っているよう

です。
空は明るいので、何だか…みどりに潤いを与える為に降っている…

みどりのための日…『みどりの日』のような気がします。




昨日は触れなかった、お寺の藤の花の中に、真っ白なのが咲いていました。

写真では判りづらいかも知れませんが、とてもよく目立ちます。そこで、

“みんなちがって、みんないい”と、金子みすゞの詩が頭に浮かびました。


紫の花の中に白い花は、とても目立ちます。でも、同じ色をしていても、それぞ

れで形や花のつき方や咲き方は違います。色が、違うことでとても分かり易く、

それだけがとても目立ってしまいますが、実は、みんな違う。きっと、全く同じも

のは無い筈です。


人も、同じ親から生まれた兄弟姉妹、容姿がそっくりでも皆それぞれに性格が

違ったり…。他とは違うところを見つけて憂うよりも、元々同じではないのだから

違うところは個性と受け止め、生かしたり、伸ばしたり、抑えたりしながら、それ

ぞれを認め合って、付き合って行くのが、利口という事でしょうか…。



Img_3402_convert_20150504101031Img_3404_convert_20150504101706















     



     明日のおみくじ    第二十六番   吉

           我身の心得一つで物事よくもなり、悪しくもなりて結局よし

2015年5月 3日 (日)

憲法記念日

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

憲法記念日。皆様いかがお過ごしですか?


~憲法記念日は、国民の祝日の一つで、1947年(昭和22年)5月3日に日本

国憲法が施行されたことを記念して、1948年(昭和23年)に公布・施行された

国民の祝日に関する法律(
祝日法)によって制定されました。国民の祝日に関す

る法律(
祝日法)では「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」ことを趣

旨としている。


『Wikipediaより抜粋』~とあります。


私たちは普段、あまり憲法を意識することはありませんが、最近では憲法改正に

関する論議がなされたり、街頭で演説しているのを目にしたりして、日本国憲法

という言葉をよく耳にするようになりました。普段は全く気にならない事も、こうし

て関心を持ち調べ始めると、他との繋がりや、それはこういうことだったのか…と

言う様な気付きがあったり、ここには書ききれないほど沢山の事が、色々わかり

始めます。


~日本国憲法の公布日である11月3日は、文化の日となっています。法案を審

議した衆議院文化委員会の委員長を務めた山本勇造議員(作家の山本有三)は

「この日は憲法において、如何なる国もまだやったことのない戦争放棄ということ

を宣言した重大な日でありまして、日本としては、この日は忘れ難い日なので、

是非ともこの日は残したい。そうして戦争放棄をしたということは、全く軍国主義

でなくなり、又本当に平和を愛する建前から、あの宣言をしておるのであります

から、この日をそういう意味で、「自由と平和を愛し、文化をすすめる。」そういう

「文化の日」ということに我々は決めたわけなのです。」と説明しています。

『Wikipediaより抜粋』



憲法記念日(5月3日)と文化の日(11月3日)。戦争放棄についても…。


今日は色々と、
考えさせられる日となりました。


   
     明日のおみくじ   第四十四番   吉

              心の持ちようによりて 仕合せとも不仕合せともなる

Img_3395_convert_20150503130537Img_3397_convert_20150503130641Img_3401_convert_20150503130825


   


2015年5月 2日 (土)

ゴールデンウィーク!楽しく過ごされていますか?

いつも慶明寺のブログへのご訪問、ありがとうございます。

ゴールデンウィーク中の土曜日。皆さま、いかがお過ごしですか?

お休みの方も、お仕事の方も、今日もとってもいいお天気で、過ごしやすいですね。

今朝もテレビで、ゴールデンウィークにおすすめの場所が、紹介されていました。

芝桜や藤の花…あちこちで次々と、沢山のお花が見ごろを迎えているようです。

同じ場所でも訪れる時期によって…、もう少し言わせて頂くと、自分の年齢や環境、

心の状態によって違う景色に見えるから、不思議です。

Img_3384_convert_20150502094253Img_3387_convert_20150502094920Img_3393_convert_20150502095056






























いつも忙しく働いていらっしゃる方も、今日は遠出なんてしないで、


ご自身
やご家族、傍にいらっしゃる誰かのために、

いつもより少し贅沢なお茶を淹れてみたりして…

ゆっくりと部屋にいる時間を楽しむ…なんて言うのも素敵です。

出掛けるもよし、出掛けないもよし…。いずれにせよ、今はとってもいい季節です。

穏やかで、美しい景色、ゆっくりと流れる時間…。

想像するだけで、とっても幸せな気分になってきました。

待ちに待ったゴールデンウィーク。

皆様、
どうぞ楽しく充実した時間を、お過ごし下さいね。



     明日のおみくじ   第十六番   吉

               あせらずゆるゆる考えて事をなしてよし














2015年5月 1日 (金)

目には青葉 山ほととぎす 初鰹

お寺の周りも今、新緑で若葉とても綺麗です。

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」 江戸中期の俳人山口素堂の作

この句が一躍有名になり、江戸っ子の間では、初夏に出回る

「初鰹」を食べるのが粋の証となりました。当時は極めて高価で

「まな板に 小判一枚 初鰹」と謳われるほどでした。

初物を食べると寿命がのびる!と言われているようですが ?

初物には他の食べ物にはない生気がみなぎっており、

食べれば、新たな生命力を得られると考えられ

様々な言い伝えも残っています。

「初物七十五日」 (初物を食べると寿命が75日のびる)

「八十八夜に摘んだ新茶を飲むと無病息災で長生きできる」

現在は、健康・長生き 「サプリメント」でしょうか ?

明日のおみくじ     大吉

                何事も控え目にして油断あるべからず

   Img_3368_2           Img_3361

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »