« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

梅雨の中休み

梅雨の中休みなのか、今日はカラットしていいお天気です。

ここ三日間、洗濯日和、梅雨の晴れ間が続いています。

梅雨前線の影響を受けた鹿児島の奄美地方では、

非常に激しい雨や雷雨のところもあるようですが・・・

いつも梅雨の初めは空梅雨(からつゆ)かなと思うほどにあまり

雨が降らないのですが、夏休み前、梅雨明けの前は

大雨と雷が激しくそれが終わる頃梅雨が明け暑い夏のとうらいです。

ちなみに梅雨を英語で
 「plum rain season 」

日本の梅雨は6月初旬~7月中旬頃

その頃にちょうど梅の実が熟す時期だからでしょう。
明日のおみくじ      吉            Img_3767 

              先祖のまつりしてよし

2015年6月28日 (日)

もうすぐ夏。

いつも慶明寺のブログへのご訪問、ありがとうございます。

6月28日。
cloud 今月最後の日曜日。みなさま、いかがお過ごしですか?

昨夜から今朝早くまで、窓の開けっぱなしは少し寒いと感じました。

空は昨日より明るく見えますが、雲は多くすっきりしたお天気ではありません。

もうすぐ7月。7月と言えば、『夏 熱く 元気に 盛り上がる』イメージがあるので

すが、今年の夏はどうかな?と、いつもより過ごしやすく感じた梅雨で、何だか

拍子抜けしています。ジト~ッと暑いのも、嫌なのですが…。そんなことを考え

ながら庭の蘇鉄に目をやると、新芽が銀色に光ってとても綺麗でした。

Img_3759_convert_20150628104424Img_3761_convert_20150628104546Img_3762_convert_20150628104956



























明日のおみくじ   第五番   小吉

わがこころすべてのことにはげみなばあしきはよきにたちかわるらん

2015年6月27日 (土)

自然のリズムに合わせてみる

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

6月27日。
cloud 雨上がり。風が強く、少し肌寒い土曜日です。

月齢は10。来月2日の満月に向けて、月もだいぶふっくらとしてきました。


月のエネルギーが強くなっていくこの時期は、身体が色々なものを吸収し

エネルギーを蓄える時期でもあります。意識や行動が積極的になる反面、

休養も必要な時期であるため、無理は禁物です。焦らずじっくり取り組んで、

満月の頃の結果を待ちましょう。

同じものを食べても普段より太りやすく、むくみも起こりやすくなります。

…ということは…

栄養価は高くてもカロリーは控えめなお料理が、この時期健康で太りにくい

身体作りに良さそうですね。これから旬を迎えるきゅうりは、『世界一栄養が

ない果実』としてギネスに記録されているそうですが、カリウムを多く含むた

めナトリウム(塩分)を排出し、高血圧に効果があるそうです。また利尿作用

もあるので体内の水分を調節し、むくみの解消にも役立ちます。

沢山の食材でバランスの良い食事。お口直しにきゅうりの酢の物かお新香。

今夜の夕飯に『八宝菜』は、いかがですか?

Img_3758_convert_20150627113158

明日のおみくじ   第二十五番   吉

   我が身にふさわしき仕事に力を入ればくらい高き人の引き立により立身す

2015年6月26日 (金)

ひのき

今日は朝から、シトシト と 雨が降っています。

お寺のお墓の周りに杉の木・檜が植わっています。

日本書記には、「スギとクスは舟にヒノキは宮殿に、マキは棺に使いなさい」と

書かれています。ヒノキは古くから宮殿建材用として

最適で最高の材となることが知られていたのです。

「ひのき」という名の由来は、「火の木」の意味で

古来に火おこしにつかわれたという説と

尊く最高のものを表す「日」をとって「日の木」という説もあります。

ヒノキは仏閣や神社を建てる為の木材として古くから用いられてきました。

ヒノキは伐採してから、200年間強くなりその後1000年かけて

徐々に弱くなると言われています。

そのヒノキがいつの頃からか分からないのですが、

ツタが幹の上まで、からまっていて、ツタの勢いにビックしました。

何だかヒノキが「息苦しそうで可哀想」と思われる方もあり

先日つたを業者の方に取って頂きました。

太陽にあたってなかったので、幹のかわもめくれて

可哀想な感じでした。

やっぱりスッキリして良かったね・・・・

明日のおみくじ      大吉

                                 「黄金色更輝」 おうごん色をかえず益々輝くなり
 
  Img_3491               Img_3751_5  

幹も暫くお日様にあた

らなかったので、色白です

ちょっと弱々しい感じ・・・

今からたっぷりお日様に

あたって太い幹に

なって下さいね。

2015年6月24日 (水)

美空ひばりさんの27回忌

今日は美空ひばりさんの27回忌です。

1989年の6月24日享年52才の若さで天国に旅立たれました。

8才でデビューして、52才まで、歌・映画・お芝居に・・・・

小さい頃の映像を見て、とても小学生とは見えないほどしっかりとしたお顔

歌われた歌も なんと 3000曲以上にもなるそうです。

色々なジャンルの曲もこなされカリスマ性のある方ですね

27年たった今でもファンの方に愛され心に残っています。

私も小さい頃の歌でも、うる覚えなのですが今でも歌えます。

テレビでひばりさんの追悼番組が放送されていますが        

「歌はいいなあ、亡くなられた後も色々な方に歌継がれ」

又歌とともに、当時のことが走馬灯のように思い出されます。

改めてご冥福をお祈り申し上げます。       
 
Img_3746

明日のおみくじ   小吉
 
             わが心すべてのことに励みば

             あしきはよきにたちかわるらん



 

2015年6月22日 (月)

夏至

今日6月22日は夏至です。

朝からどんよりとしたお天気で、少しムシムシとしています。

夏至は一年でお昼の時間が最も長く北の北海道と南の沖縄では1時間30分ぐらい

日照時間が違います。北極圏では一日中太陽が沈まない白夜があります。

又夏至は冬至に比べると昼間の時間が5時間近くも、長くなるそうです。

冬至はゆず風呂に入り南瓜を食べる風習がありますが、

夏至には、何を食べるのでしょうか・・・・

関西地方、主に大阪では、たこを食べるそうです。

なぜタコを食べるのかというとタコの8本足のように

稲作が八方に根をはるようにと

豊作を祈ったことが由来とされています。

又福井県では栄養豊富な、焼きサバを食べる風習があるそうです。

四国香川県では特産物である「うどん」を食べるそうです。

明日のおみくじ  末小吉
            
            人を便りにせず我が身一人にて何事も決着するように
Img_3743
 

2015年6月21日 (日)

自然のリズムに合わせて生きてみる

いつも慶明寺のブログへのご訪問、ありがとうございます。

6月21日、日曜日、父の日。
sun 久しぶりの快晴です。

今日の月齢は4。新月から数えて4日目の月となります。

月は、新月から満月にかけて日を追うごとに丸くふっくらした形になります。

月のエネルギーもそれと同じようにパワーアップしていくので、何か行動を起

こすならこの時期!物事がうまく運びやすいようです。もしかしたらその行動

のお陰で、満月の頃には『叶っている!』なんてこともあるかもしれません。

とはいえ、月の形が表わすように何でも吸収しやすい時期でもあるようなので、

栄養の摂りすぎ、すなわち暴飲暴食には注意をした方がよさそうです。

本を読んだり情報を得たりして、知識を高めるのは良さそうですけどね…。

 みんなの知識 ちょっと便利帳より

mphase.gif国立天文台歴計算室より

明日のおみくじ   第四十一番   末吉

  何事にもしんぼうづよく人をたよりとせず仂けばのち仕合せよかるべし



2015年6月20日 (土)

2015年の後半にむけて

いつも慶明寺のブログへのご訪問、ありがとうございます。

6月20日土曜日。
sun/cloud 


最近、あちらこちらで満開のあじさいを見かけます。

しばらく梅雨空が続いたので、うっとおしい気分を吹き飛ばしてくれる

爽やかな色合いが、私の目を惹くのかもしれません。今年は、雨の日も多いの

でたっぷりと水を吸い上げて、いつもより綺麗に咲いているような気がします。

そんなあじさいも、来週あたりは見納めでしょうか?

季節は、待ったなしで移り替わっていきますね。


Img_3736_convert_20150620094216_3

先週、6月16日23時06分より『ふたご座』の新月となりました。

新月は想いや願い事が実現しやすいと言いますが、その中でもふたご座の

新月では『知性や学習』『コミュニケーション能力』などに関する目標を立てる

と叶いやすいそうです。

22日は『夏至』。いよいよ来週から2015年の後半ステージへと突入します。

これから暑い夏を迎えるわけですが少し気持ちを切り替えて、夏至から後半

の総仕上げ期間に備えるのも良いかもしれません。



      明日のおみくじ   第九番   大吉

         めうえの人の引立をうけて立身し世間の人に敬われん





2015年6月19日 (金)

明石が父の日発祥の地 

6月21日(日曜日)は父の日です。実は明石は「日本の父の日発祥の地」です。

昭和26年に発足した明石市連合婦人会の初代会長が、

「お母さんの日はあるのに、どうしてお父さんの日はないの?」と

幼稚園児に聞かれ、父の日表彰行事を始めたのがきっかけ。

その後、昭和28年に兵庫県連合婦人会が「父の日」を制定

そこから全国に広まったと言われています。

発祥の地 PRの為に、明石むつみ会のメンバーが

明石駅前で父の日メッセージカードを配布しました。

カードを受け取った人のほとんどが「父の日が明石発祥だったとは」

驚いた様子でした。私もテレビで見て初めて知りました。

日頃中々感謝の気持ちを言葉にして言えませんが

是非 カードに書いてみてはどうでしょうか・・・・・

私も父親とあまり話をすることはなく、母親と違い怖い存在でしたが、

亡くなって初めて父親に守られていたのだと改めて気付きました。

生きている時に色々な事を聞いとけばよかったなど・・・随分後悔しました。

明日のおみくじ   吉

                         身をつつしみ守らば授ずかることあるべし

Img_3731_3

2015年6月17日 (水)

お墓事情

この最近合祀永代供養のことでお寺にお越しになる方が多いようです。

お墓の事情も時代とともに代わってきています。

40年前に納骨堂のお墓を見てびっくり・・・・          Img_3724

お墓しか知らなっか私は、驚きました

お墓の○ ○ 家のお墓は明治の

終わりのことで、非常にあたらしい

風習でした。

「家」という共同帯認識が強まって

それが反映したのでした。

でも今では自分の好きな言葉を墓石の文字に刻まれる方も多いようです。

夢・愛・真・心・感謝・ありがとう・・・・などなど

埋葬も色々で散骨を希望される方も多いようです。

海の好きだった方は海に散骨・ロッケトを使って散骨する 〈宇宙葬〉 

成層圏で割れる風船を使って宇宙で散骨する 〈バールン 宇宙ステーション葬〉

変わったところでは、「パウダー状の散骨を伊万里の大皿に盛り自然の中に

開放されて大地に還ります。」

里山の風の谷 千の風に乗せて風に運んでもらうそうです。

住宅のない山里でないと駄目ですね。

埋葬も時代とともにかたちは変わっていますが、自然に還りたい

気持ちは皆さん同じなのでしょうか・・・

明日のおみくじ  吉                                  Img_3719_2 

            明るき所出たるが如く、

            運勢おのずからひらくべし

    






2015年6月15日 (月)

水無月

今日は梅雨の晴れ間なのですが、朝からむしむしとしています。

6月は陰暦の「水無月(みなづき)」になります。

由来は「田んぼに水を引く月」であることから、

「水無月」 になったという説

でも、「水無月」は、みずなしつき(水が無い月)では・・・と

思っていたのですが、「無」 の意味は、名詞と名詞をつなぐ助詞で

「の」 という 「水の月」という意味になるそうです。

田植えをする時は、田んぼに水をはるので、「水張りの月」と

いったことから「みなづき」になった説。

又旧暦の6月は、現在の暦の7月上旬~8月上旬なので、

梅雨が終わり真夏の暑い時期で、水が無い時期なので「水無月」になった説

諸説色々ですね。

京都では1年のちょうど折り返しにあたる日(6月30日)に

この半年の罪や穢れを祓い残りの半年の無病息災を祈願する神事

夏越祓(なつごえのはらい)に用いられる6月の和菓子

三角の外郎に小豆をのせたお菓子「水無月」という

お菓子をいただくそうです。

明日のおみくじ     末吉                 

                     心静かに時節を待てば幸来る
     Img_3684_4

2015年6月14日 (日)

息の抜き方

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

6月14日、日曜日。
cloud 

今日は少し湿り気があり、そのお陰でちょっとひんやりするような…

そんなお天気の日曜です。

この肌に感じる、気温や湿度や空気は、山の中の深緑に囲まれたときと少し

似ているようで、大好きな布引ハーブ園を思い出しました。


布引ハーブ園は、新神戸駅の
山側にあり、山上まではロープウェイで昇り

ます
。そこから歩いて坂を下れば、自然とハーブ園に行きつくのですが、

私は、山上から見える景色と、ゆったりと流れる空気が好きで、時間を

見つけては、足を運びました。


私のお勧めするポイントは、ハーブ園の外にもあり、ロープウェイを使わず

に山を下ると味わえる、森林浴や布引の滝…。想像するだけで、深呼吸が

したくなります。


神戸市西区には、まだまだ自然がいっぱいありますが、それとは違う大き

な自然があそこにはあって、またゆっくり楽しみたいな…と思える場所です。


          『頑張りすぎたら、どこかで息抜きをする』


ガンバリのハリが、どこかでプッツリ切れてしまう前に、『自分自身が楽しめ

る何か』を見つけておくことは、とっても贅沢で素敵なことだと思います。

そんなお楽しみの一つとして、布引ハーブ園はお勧めですよ🎵


            アクセス
                     <ハーブ園HPより>
Img_3711_convert_20150614093417Img_3712_convert_20150614093435Img_3715_convert_20150614094027




明日のおみくじ   


第三十八番   半吉


望ごとめうえの力を借りて成就す

2015年6月13日 (土)

自然の営み

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

6月13日土曜日。
sun


梅雨の晴れ間に観るあじさいは、この時期にふさわしく、とても爽やかで

清々しく感じられます。

庭の草花は、その時期その時期で、私たちの目を存分に楽しませてくれ

ますね。そんなお庭ですが、当然、ほったらかしと言うわけにはいかず

手入れが必要になるわけですが、木の剪定や伐採を行う際には、自然

の営みに合わせる…とりわけ、月の満ち欠け
を利用するという考えが

あるようです。

およそ5
00年前の古文書に、「竹は八月の闇に切ると良い」と記されて

います
。闇とは新月の事で、古くはそのような言い伝えがあったようです

が、
それがいつしか忘れ去られていたようです。


木を扱う人たちは、伐採した木を同じように管理しているにもかかわらず、


新月の前に切ったものと満月の前に切ったものとで、カビや虫の付きやす

さに違いがある事に気が付きました。調べてもらうと、新月前は乾燥後に

養分が無くなっていくのに対し、満月前は養分が残っていることがわかり

ました。これがカビや虫の原因だと発表されています。



月歴を見ると、今日は二十六夜。地球から見た月の形は、下の図の26日

のようになります。今月は16日が新月なので、今は月が欠けていく時期

だと分かります。


 (『月の満ち欠け図』より)


もしも今、庭にある木を伐採するとして、月の満ち欠けを利用するとすれ

ば、「伐採後の木に、カビや虫が付きにくく再利用もしやすいが、季節的

に見れば梅雨で湿気の多い時期であるから、梅雨明けの満月の後(月が

欠けていく時)にしようか?」…といった判断になるでしょうか?


自然に逆らわず、自然の営みに任せる。


現代社会で、そのように生活をするのは難しいことかも知れませんが、

昔の人々がそうして暮らしてきたように、時々は雲や月を見、風を感じて

先をよむのも、勘を鈍らせず健康に生きる、良い方法かも知れません。



Img_3702_convert_20150613092749Img_3704_convert_20150613092806Img_3709_convert_20150613092858






























 




明日のおみくじ   第四十八番   小吉

はじめはのぞみ成就することむつかしけれど、しんぼうすれば、よい時節が来るべし


…自然に任せておけばよさそうですね。

2015年6月12日 (金)

紫陽花の花

梅雨の季節雨がしとしと降っているこの頃、紫陽花の涼やかな

花の色がとても似合います。

紫陽花は日本で生まれた園芸品種です。

学名の変種名「おたくさ」は、江戸後期に日本の動植物をヨーロッパに紹介した

長崎出島のオランダ商館の医管シーボルトが帰国後、日本滞在中の妻

「おたきさん」を偲んでつけた名前と言われています。

花言葉も花の色が変化することから「移り気」 花の色から「冷淡」など

又花期が長いことから「辛抱強さ」 など色々言われています。

「言問はぬ 木すらあじさい 諸弟らが 練りのむらとに 欺かれけり」

万葉集より (大伴家持)

*言葉を用いないアジサイさえ色が変わるのだから・・・

  まして人間となれば、やはり欺かれるのかもしれない

奈良・平安時代の人々は紫陽花の色が変わりやすいのを見て

その捉えにくい現象を嫌い、心変わりや欺きの象徴として

扱っていたのでしょうか・・・

Img_3699

        (慶明寺のお庭も今紫陽花が涼やかに咲いています)

        明日のおみくじ   半吉

                     望み事目上の力を借りて成就す

2015年6月10日 (水)

時の記念日

今日6月10日は「時の記念日」です。

時の記念日の由来は天智天皇の時代

天智天皇が日本で初めて設置した水時計

漏刻(ろうこく)が時を刻み、鐘を打ち鳴らしました。

日本初の時計が時を刻み鐘を打った日

その日が6月10日だったのです。

日本書記には「漏刻を新しき台に置く 始めて候時(こうじ)を打つ

鐘鼓(しょうこ)を動かす」 と記されています。(Sponsored Link)

ホンダ創業者の本田宗一郎氏が幼少年期

昼食を早く食べようとした本田少年は授業を抜け出して正午前に

鐘を突き、持っていたお弁当を食べたという実話があるそうです。

慶明寺でも毎日朝の6時・夕方6時(季節によって5時)に鐘を打ちます。

時間というのは、誰でも平等に与えられるものです。

時間について改めて考える大切な一日ですね・・・・・

*1960年6月10日は明石天文科学館の誕生日でもあります。

一番館の玄関横に通る子午線上に漏刻が設置され

又「JSTM」 (日本標準時子午線)と表示された時計塔があります。

この塔には、日本標準時子午線を示す標柱の役割もあります。

明石天文科学館は、6月10日「時の記念日」に入館料・駐車料金が

無料になります。是非この機会に天文科学館にお越し下さい。


明日のおみくじ  吉
   
           総じて物事先んずるに利あり、おくるゝ時は利あらず
Img_3689_3 Img_3692_2

2015年6月 8日 (月)

田植え

お寺の周りも梅雨入りとともに田植えがされていました。

田植えがされた頃は、まだ苗も小さく

田んぼの水面が見えるのですが、暫くすると蒼々とした苗になり

梅雨が明けるころには立派に成長します。

「見わたせば 蒼ひとくさよ 田植え時」 蕪村

思わず歩きながら、「田植え歌」を口ずさんでいました。

「そろた 出そろた さなえがそろた

植えよか 植えましょう み国のために 米はたからだ

たからの草が 植えりゃ こがねの花が咲く 」

日本のお米の消費量が世界で50位と聞いて

少々寂しくなります。他に美味しいもの、新しい食べ物が沢山あって

今は、控え選手になっているのかな・・・・・

田園風景はどこか懐かしい 「美しい国 旨し米」 日本

Img_3685_2


明日のおみくじ  大吉

人にあやまちあるとも許すべし

2015年6月 7日 (日)

夏祭りのお知らせ

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

6月7日、日曜日。
cloudsuncloud 


今日は何やら、バタバタと時間が過ぎて行きます。

ふと気付けば、6月に入ってはや一週間。あっという間です。


来月は、慶明寺で夏まつりが開催されます。

今日はそのための準備委員会で、役員の方々にお集まりいただきました。


   <慶明寺 夏祭り>

        日時:7月20日(月) 18:00~20:00

        場所:慶明寺 駐車場 (雨天決行)

        主催:慶明寺花園女性部  共催:青壮年部


カラオケ大会や屋台などのお楽しみもあります。ぜひ!ご参加くださいね。


Img_3675_convert_20150607130354Img_3680_convert_20150607130440_2



















      明日のおみくじ   第四十三番   吉

              のぞみごと心の持ちようのまゝなるべし

         
今日も明日もその明日も、良い一日でありますように…

2015年6月 6日 (土)

変化したいつもの景色

いつも慶明寺のブログへのご訪問、有難うございます。

6月6日土曜日。晴れ
sun

昨日一日、しとしと降った雨。今朝も少し、肌寒く感じられました。それでも、

空気がとても澄んでいるので、気持ちの良い一日のスタートとなりました。



6月に入ってがらりと雰囲気が違うと思ったら、数日前に境内の古い

桜の木が切られて無くなっていました。


いつもの景色が変わってしまって、とっても残念な気がしたのですが、

「暗い影を落としていた…」と言われると、確かにそのような気もしてきて、

改めて見ると、お庭がすっきりと明るくなったような気さえしてきます。

木の周りにあった、
湿り気のようなものも感じなくなったし…。


もちろん、もう元には戻せないのだけれど、そうなった現実に人は合わせ

ようとしてしまう。それはそれで、「現実」として受け止めなきゃいけないし…。


Img_3668_convert_20150606101222Img_3673_convert_20150606101307



















切られてしまった桜の木や、春の開花を楽しみにしておられた方(もちろん私も楽しみ

にしていたのですが)には申し訳ないのですが、大きな影を作っていた木が無くな

ったお陰で、本堂も全体を眺めることが出来、庭全体が明るくなった気がします。


この世は、新しく芽生えることもあれば、古くなり無くなることもある。

いつも同じに見えても、少しずつ変わっているし、大きく変化することもあるし。

こうして世の中は、変わってきたのだろうな…。



  明日のおみくじ   第四十七番   吉

   気性をしっかり持ちて物事をすれば、何事も思いのままに成就すべし


      穏やかで平和な一日がずっとずっと続きますように…

2015年6月 5日 (金)

虫歯予防デー

関西地区も梅雨いりしました。

昨日は、良いお天気だったのですが、     

今日は、雨が振って少々肌寒さを感じます。

昨日は6月4日で「虫歯予防デー」です。

小さい頃は、虫歯で悩んでいたのですが、最近は、 

歯周病で悩んでおられる方が多いようです。      Img_3656

歯周病は一度に沢山の葉を失ってしまいます。

生涯を通じて自分の歯で噛むことが出来るように

「80歳で20本自分の歯を残し何でもよく噛める

快適な状態に保とうという運動」 です。

「8020」 を実現する三つのポイント

① 正しい食生活

② 正しいブラッシング

③ 定期健診

以上のことに気をつけて少しでも自分の歯を残すように

健康に気をつけて、美味しいものがいつまでも

食べられるよう頑張ろうと思いました。

明日のおみくじ   吉

                           うれいに散じてよろこびに向こうなり

              日待ちにまちてよし


Img_3662_2

2015年6月 3日 (水)

梅の実

昨日の夜からの雨で今日は曇りです。

くもりの為か気温も26度くらいで窓を開けると凌ぎやすいです

庭の枝垂れ梅を見ると梅の実が幾つかなっていました。

小さな梅の実なのですが、                 

「うれしさは葉かくれし梅ひとつかな」 杜国       Img_3652_2

青梅には、青酸が含まれているから生で食べると

腹痛を起こしやすいとされています。

アルコールや糖と一緒に食べると酵素作用で

無毒化され大丈夫だそうです。

梅酒・ウメシロップ・梅酢などクエン酸が

これからの暑い夏に向かうのに疲労回復にとてもいいそうです。

食前酒として、梅酒などいかがでしょう・・・・・ 

明日のおみくじ  吉
           
                         およばぬ望みに深入りして後悔するなといましめたるなり

Img_3648_2    Img_3651_2

2015年6月 1日 (月)

独坐大雄峰

今日から6月に入りました。日中は30度近くまで気温が上がり

とても暑いです。山門の掲示板が「独坐大雄峰」に変わりました。

「独坐」とは独り二人ということでなく、ドカッと座っていることをいいます。

「大雄峰」とは高い山のことをいいます。 

人とはどんな場にいてもどんな状態にあっても

「今ここ」を住処として自分自身でいられることを        

いつでもどこでも本来ありのままの自分でいられることが

「独坐大雄峰」 (どくざだいゆうほう )となるそうです。

今ここの自分をありのまま受け入れ認め

まわりの人もありのまま受け入れ認めることです。

「独坐大雄峰」 「ああもったいない ありがたい」 「ナムアミダブツ」

これらの言葉を真言として常にこころで唱えていれば

幸せな人になれると・・・・・書いてありましたが  
 
Img_3627_2
 明日のおみくじ  末吉   
       
      何事もしんぼう強く人を

       頼りとせず働けば

       のち仕合わせよかるべし
Img_3629

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »