« 息の抜き方 | トップページ | お墓事情 »

2015年6月15日 (月)

水無月

今日は梅雨の晴れ間なのですが、朝からむしむしとしています。

6月は陰暦の「水無月(みなづき)」になります。

由来は「田んぼに水を引く月」であることから、

「水無月」 になったという説

でも、「水無月」は、みずなしつき(水が無い月)では・・・と

思っていたのですが、「無」 の意味は、名詞と名詞をつなぐ助詞で

「の」 という 「水の月」という意味になるそうです。

田植えをする時は、田んぼに水をはるので、「水張りの月」と

いったことから「みなづき」になった説。

又旧暦の6月は、現在の暦の7月上旬~8月上旬なので、

梅雨が終わり真夏の暑い時期で、水が無い時期なので「水無月」になった説

諸説色々ですね。

京都では1年のちょうど折り返しにあたる日(6月30日)に

この半年の罪や穢れを祓い残りの半年の無病息災を祈願する神事

夏越祓(なつごえのはらい)に用いられる6月の和菓子

三角の外郎に小豆をのせたお菓子「水無月」という

お菓子をいただくそうです。

明日のおみくじ     末吉                 

                     心静かに時節を待てば幸来る
     Img_3684_4

« 息の抜き方 | トップページ | お墓事情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/60387500

この記事へのトラックバック一覧です: 水無月:

« 息の抜き方 | トップページ | お墓事情 »