« 美空ひばりさんの27回忌 | トップページ | 自然のリズムに合わせてみる »

2015年6月26日 (金)

ひのき

今日は朝から、シトシト と 雨が降っています。

お寺のお墓の周りに杉の木・檜が植わっています。

日本書記には、「スギとクスは舟にヒノキは宮殿に、マキは棺に使いなさい」と

書かれています。ヒノキは古くから宮殿建材用として

最適で最高の材となることが知られていたのです。

「ひのき」という名の由来は、「火の木」の意味で

古来に火おこしにつかわれたという説と

尊く最高のものを表す「日」をとって「日の木」という説もあります。

ヒノキは仏閣や神社を建てる為の木材として古くから用いられてきました。

ヒノキは伐採してから、200年間強くなりその後1000年かけて

徐々に弱くなると言われています。

そのヒノキがいつの頃からか分からないのですが、

ツタが幹の上まで、からまっていて、ツタの勢いにビックしました。

何だかヒノキが「息苦しそうで可哀想」と思われる方もあり

先日つたを業者の方に取って頂きました。

太陽にあたってなかったので、幹のかわもめくれて

可哀想な感じでした。

やっぱりスッキリして良かったね・・・・

明日のおみくじ      大吉

                                 「黄金色更輝」 おうごん色をかえず益々輝くなり
 
  Img_3491               Img_3751_5  

幹も暫くお日様にあた

らなかったので、色白です

ちょっと弱々しい感じ・・・

今からたっぷりお日様に

あたって太い幹に

なって下さいね。

« 美空ひばりさんの27回忌 | トップページ | 自然のリズムに合わせてみる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/60518886

この記事へのトラックバック一覧です: ひのき:

« 美空ひばりさんの27回忌 | トップページ | 自然のリズムに合わせてみる »