« 時の記念日 | トップページ | 自然の営み »

2015年6月12日 (金)

紫陽花の花

梅雨の季節雨がしとしと降っているこの頃、紫陽花の涼やかな

花の色がとても似合います。

紫陽花は日本で生まれた園芸品種です。

学名の変種名「おたくさ」は、江戸後期に日本の動植物をヨーロッパに紹介した

長崎出島のオランダ商館の医管シーボルトが帰国後、日本滞在中の妻

「おたきさん」を偲んでつけた名前と言われています。

花言葉も花の色が変化することから「移り気」 花の色から「冷淡」など

又花期が長いことから「辛抱強さ」 など色々言われています。

「言問はぬ 木すらあじさい 諸弟らが 練りのむらとに 欺かれけり」

万葉集より (大伴家持)

*言葉を用いないアジサイさえ色が変わるのだから・・・

  まして人間となれば、やはり欺かれるのかもしれない

奈良・平安時代の人々は紫陽花の色が変わりやすいのを見て

その捉えにくい現象を嫌い、心変わりや欺きの象徴として

扱っていたのでしょうか・・・

Img_3699

        (慶明寺のお庭も今紫陽花が涼やかに咲いています)

        明日のおみくじ   半吉

                     望み事目上の力を借りて成就す

« 時の記念日 | トップページ | 自然の営み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/60351914

この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花の花:

« 時の記念日 | トップページ | 自然の営み »