« スーパームーン | トップページ | 神戸西区ふるさと散策のみち »

2015年10月 2日 (金)

慶明しばり地蔵

神戸市西区に神戸市指定「慶明しばり地蔵」の

記事が神戸新聞に掲載されていました。

お地蔵さまは、花崗岩で出来ており、菩薩本体の高さは、97cm

船形光背と台座を合わせると146cmもの高さになります。

右手に錫杖・左手に宝珠を持ち小蓮台に左足を降ろした

半跏踏(はんかふ)み下げといわれる姿勢をとっています。

丸彫りに近い厚肉彫りで表されお顔も優しさの中でもずっしりとした

迫力を感じることができます。

石仏には、年代を示す銘文は刻まれていませんが、

鎌倉時代後半から南北朝時代に造られたものだと推定されています。

お地蔵さまの胸のあたりをひもや白い布が縛りつけられています。

「なぜ縛るのだろうか・・・・」 隣の池に神の使いとされた白蛇が住む聖なる場

白蛇は古くから生命の源とされその生命力にあやかろうと、病気の平癒を願う

人々が地蔵を縛った。その風習が現在も続き、

石仏を21日縄や紐で縛れば願いがかなうという霊験談が

「しばり地蔵」として名が広まったのではないでしょうか

慶明寺に来られた際には、是非「慶明しばり地蔵」にもおまいりして下さい。

Img_4273_3     Img_4275_3

 

→(案内板)

 

  

 

            (白蛇が住んでいたといわれた池)

    

Img_4283_4

Img_4281_2   

「人の世の穢れを浄む堀の水 

  地蔵の声を吾は聴くなり」    

            大中民枝

 

 明日のおみくじ 吉

 光さす玉もはげしくみがかねば 

 まことのひかりいつかいづべき         

 

« スーパームーン | トップページ | 神戸西区ふるさと散策のみち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/61865358

この記事へのトラックバック一覧です: 慶明しばり地蔵:

« スーパームーン | トップページ | 神戸西区ふるさと散策のみち »