« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

報恩の行

生活信条のに「生かされている自分に感謝し」

「報恩の行を積みましょう」という言葉があります。

「報恩」 恩に報いる 恩返し

恩を知るとは、自分が今ここにこうして存在している事実の原因を知ること

すなわち自分を生かしている大いなる恵みに気づくことだそうです。

「報恩」とは特殊なことをするのではなく日々つとめをそのままに

「報恩」の感謝の心で行じてゆくことであります。

そこに生きる悦びがあり燃えて我が身を生かす姿が生じてくるのであります。

人生には、多くの人達から、自然から数えきれない恩恵を得て生かされ、

今の自分が生きているのです。

生きていくということは、その借りを返す報恩行なのです。      (Yahoo検索)

Img_4883

    桜の花もたくさんの蕾 花もちらほら 咲いています。

明日のおみくじ    吉

                              何事をなすにも 人に先立ってするがよろしい
 

2016年3月28日 (月)

花まつり

4月8日お釈迦様のお誕生日をお祝いをする「花まつり」の日です。

花まつりでは、お像(誕生仏)に柄杓で甘茶を頭上からそそぎます。

お釈迦様の誕生を慶び・天に九匹の龍が現れて、甘露の雨を降り注いだ、

という様子を模して甘茶をかけるのだそうです。

甘茶とは、ユキノシタ科のアマチャヅルを煎じた飲み物です。

麦茶に似た色で、ちょっと甘くちょっぴり苦くとろりとした飲み物です。

子供の頃はお砂糖が入っているのかと思っていました。

4月3日(日曜日)慶明寺本堂にて 「花まつり」が10時より行われます。

たくさんのお子様にも参加していただきたいと思います。

皆さん是非ともご近所お誘いのうえお越し下さい。

Img_4867

明日のおみくじ  末吉

           後に運勢開くかたちにあり 何事も心配するはあしく

2016年3月26日 (土)

慶明寺しだれ桜part2

慶明寺しだれ桜開花宣言より5日経った現状況三分咲き程度。

天候や気温も心配ではありますがやはり見ごろは月末か??(* ̄ー ̄*)

Image2_3Image5_2


Image1_3_2


より身近な仏教を多くの人に親しんで頂く為に分かりやすく本日より少しずつ禅語を掲載したいと考えています。ヽ(´▽`)/

「花開萬国春」

一輪の花が天下に春の訪れを知らせる。

2016年3月25日 (金)

寒の戻り  

お彼岸には暖かい陽気だったのですが、昨日、今日、と寒の戻りでしょうか

少し肌寒さを感じます。

今日納骨堂に朝からご姉妹で、お参りに来られてました。

いつも、お母様と三人でいらしゃるのですが・・・・・・・

お聞きしますとお母様が転倒され入院されていらっしゃるそうです。

今から「病院にお見舞いに行かれる」 とのことでした。

いつも三人仲良くお参りに来られていたので~

退院されたらまた三人でお参りに来てください。         

Img_4848_2
  1.              (牡丹の新芽)
 
Img_4854_3










明日のおみくじ   吉

                            ただ心だて まじめにしてて よろず辛抱強くあるべし

2016年3月23日 (水)

明石商業高校 初勝利おめでとう 

昨日、選抜高校野球 一試合目 明石商業高校対日南学園(宮崎)

ハラハラ ドキドキ しましたが 9回の裏 藤井聖也選手の

「サヨナラ スクイズ 」で 3:2 

甲子園 初出場 初勝利  🙌

明商OBの友達におめでとうのメールをすると 今 甲子園で

感動の校歌を歌いましたとのこと・・・・

二回戦が土曜日にあります是非勝利してほしいものです。

又明日24日(木曜日)は、神戸地元の長田高校が海星(長崎)と対戦です。

長田高校も是非勝利してほしいものです。

明日のおみくじ    吉

                             わが思うままに なるべきなり
Img_4839_3
 
 
Img_4836_3


     白木蓮 今が満開です
 

2016年3月22日 (火)

慶明寺しだれ桜開花

本日、慶明寺駐車場のところにある、しだれ桜が開花しました(*゚▽゚)ノImage1_1


Image1


Image2_1


Image2


Image3


Image4

2016年3月21日 (月)

春季彼岸合同法要

昨日20日本堂にて、春の彼岸法要が行われました。

暖かいお天気に恵まれたくさんの方がお参りに来られました。

今年は、ヴァイオリンの演奏などは、なかったのですが、

御詠歌の方々の詠歌をじっくり聞くことが出来ました。

住職のお話で「良寛さんの話」をされていました。

「良寛さんの話」と言えば、よく子供達と遊んでいる様子が書かれています。

人格の温かい人 、心穏やかな人、物に執着せず、

説教はしない人だったそうです。

常に平常心を保ち心穏やかに過ごせたら~いいなあと思います。

明日のおみくじ     吉


                               小さい望をもちて辛抱すれば ついに大望とげるべし

Img_4832
     Img_4828



Img_4816  
 
Img_4827

2016年3月18日 (金)

お彼岸

昨日3月17日は彼岸の入り

「彼岸」の本来の意味としては、煩悩を脱した悟りの境地のことをいいます。

三途の川をはさんで、私達の住んでいる世界を此岸(しがん)といい

向こう側(仏様)の世界を彼岸(ひがん)というのです。

また 「此の迷いの岸である現実の世界から、彼の悟りの岸である


仏の世界へ到達する」という意味でもあるそうです。

今日は、お昼過ぎからお天気が崩れるため

朝早くからお参りに来られる方が多いようです。

20日(日曜日) 慶明寺の本堂で春の彼岸法要が行われます。

日曜日は、お天気に恵まれまずまずの彼岸日和です。

皆様お気をつけておいで下さい。

Img_4810
     Img_4814











  明日のおみくじ     吉

                程なく立身出世して 楽しむことあり

2016年3月16日 (水)

十六団子

3月16日は、農神おろし(田の神おろし)といわれ、

山と里を行き来する農事の神様が山から種子を抱いて

里に下りてくる日とされています。

田の神は、白杵の音を聞いて降りてくると言われているため

神様をもてなすために16個の団子を用意します。

また秋の10月16日(または、11月16日)収穫後にも、

山に上る神を送るために同じく16個の団子が用意されます。

毎年山と里を行き来する農耕神を

「山の神」 「田の神」として信仰していたのですね・・・・・

Img_4806
   明日のおみくじ   末吉

                 春になれば運が開いて立身すべし

2016年3月14日 (月)

ホワイトデー

昨夜から降り続いて雨の一日です。

今日は、ホワイトデー  一般的にバレンタインデーにチョコレートなどを

もらった男性がそのお返しとしてキャンディやマシュマロ・

ホワイトチョコレートなどのプレゼントを女性へ贈る日とされています。

ちなみにお返しのお菓子に意味があるそうです。

マシュマロ=「あなたが嫌い」です。 

クッキー=「あなたは友達」です。キャンディ=「あなたが好き」です。

意味を知らなかったのでびっくり・・・

マシュマロは、「僕の優しさをマシュマロに包んでお返しするよ」という意味が

「君の気もちに応えられないから やさしさで包んでそのままお返しするよ」

真逆の意味にとられ伝わったそうです。

何も知らないでお返しすると、大変なことになるかもしれませんね~(≧∇≦)


Img_4788

  明日のおみくじ    吉

                            正直なればわがゆく先に しあわせつづくべし



2016年3月11日 (金)

あれから5年

東日本大震災から5年がたちます。

映像を見るたびに津波の恐ろしさ、自然の脅威

あの日を思い出すと胸が痛み苦しくなります。

阿部総理が「東北の復興なくして日本の再生はない」 と言われ 

「被災者の皆様の熱い思いを私たちはこれからも全力で応援していく」

「今後5年間を復興創生期間」 

その言葉を信じて一日も早い復興創生をお願いします。

犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます
 
 「誰かの未来が見える  悲しみの向こう側

 花は 花は 花は咲く  いつか生まれる君に

 花は 花は 花は咲く  わたしは何を残しただろう 」  (花は咲くの歌詞より)

Img_4794


   Img_4790_2










明日のおみくじ  吉

            目上の人の教をまもり すこしも我意あるべからず


            

2016年3月 9日 (水)

木蓮

今日は、朝から雨のお天気です。

庭の木蓮が蕾をつけはじめました。

木蓮のつぼみの先は、必ず北を向く 方位磁石 !

別名 「コンパスフラワー」 と呼ばれています。

蕾が北を向く理由は、日が良く当たるつぼみの南側がプックリと膨らみ

ツボミの先端が北を向くからという自然の摂理だそうです。

また木蓮の花は、「地球上の最古の花木」といわれ

なんと恐竜時代(白亜紀)の地層からモクレンの仲間の化石が

発掘されているそうです。 (@_@)

草食恐竜も食べていたかも~しれませんね

Img_4781_3
Img_4784_3
 



  明日のおみくじ   吉

 
  運勢おのづからひらくべし

2016年3月 8日 (火)

大般若会

暖かい陽気のなか慶明寺の大般若会が行われました。

御詠歌の詠唱で始まり太鼓の音とともに和尚様方が本堂に入られました。

600巻ある長いお経を何人かのお坊さんで

お経を手分けしていっせいに勢いよくバラバラと繰って

全部お読みにしたことにします。  これを転読といいます。

転読の際にでる風に当たると一年間無病息災になるといわれています。

経典が舞う様子は、まさに壮観です。

Img_4722
   Img_4727











Img_4729

   Img_4751_2

 Img_4741_2

    明日のおみくじ  吉


                             小さい望をもちて 辛抱すれば

                             ついに大望を とげるべし
 
     

2016年3月 7日 (月)

春の陽気

最高気温が20度になり少し運動すると、汗ばむような陽気になりました。

明日八日慶明寺で、大般若会が行われます。

暖かくて春のような陽気で明日を迎えられそうです。


Img_4717  

Img_4719












 
明日のおみくじ  吉

              古きをさりて 新しきをとりてよし

2016年3月 4日 (金)

紫陽花の新芽

紫陽花の新芽がつきはじめました。

紫陽花と言えば初夏の花で、梅雨を思い出させます。

花を楽しむのは、まだまだ先ですが、

ちゃくちゃくと花や木々は季節の訪れを待ち望、準備をしています。

植物て~いつも不思議に思います。

「額の芽の 珠の如きが ほぐれそむ」  (水原秋櫻子)
Img_4714
 明日のおみくじ   半吉

                          心だてよろずに 骨惜しみせずば 
             
              二つの仕合せ一時に来らん

2016年3月 2日 (水)

桃の節句 

弥生三月になりました

「弥 (いや)」は「いよいよ」 「ますます」の意味

「生 (おい)」 は「生い茂る」

草木がだんだん芽吹く月であることから「弥生」となったそうです。

明日三日は、桃の節句、ひなまつりです。

ひなまつりとは、元々厄除けの日です。

桃の花(邪を払う霊木とされ)を飾り、季節の食べ物を供え、身の穢れや災いを

ひな人形を飾り厄を托すのだそうです。

一般的には、女の子の健やかな成長を願うお祭りとして祝われています

飾る花、食べ物、お供えにもそれぞれに意味合いがあるのですね~
 
  「さらばまた 弥生の三日影は やさしそへよ 桃の盃」  
ひな壇に飾られた雛人形
 明日のおみくじ       末吉

                 人通り多き方にいづればよし 
 

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »