« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

夏の終わり

今朝、木々を揺らすくらいの風が吹いていました。

その風は、夏の終わりを感じる風

夏休みも今日で終わりのところが多いのではないでしょうか~

明日から二学期が始まります。

宿題に追われている方もいらっしゃるのでないでしょうか

私は、中学・高校と休みが終わると実力テストが

待っていたのでとてもいやでした。

でもお友達と久しぶりに会えるのがゆいつの楽しみでしょうかね・・・・

若い頃は、夏になると海・プール・山にと色々と楽しむことがたくさん

あったように記憶しているのですが、年を重ねるごと、暑さを楽しむことより

暑さが苦手になり残念ながら早く秋になってほしいと思うようになりましたね。

Img_5682_2
明日のおみくじ    吉

             心をおとなしく持ち、 先祖の祭 おこたるな


2016年8月29日 (月)

虫の声

先日まで、残暑の厳しさで少々ばて気味でした。

しかし、台風の影響なのか二・三日前から少し涼しくなりましたね

今日は朝から雨が本降りです。

蝉の鳴き声もしなくなり、夕方にはツクツクボウシが鳴き

また、夜には、鈴虫などの秋の虫たちが鳴き始めました。

虫や植物は人間よりも一足早く季節を感じるのでしょうか・・・・・

Img_5675
   明日のおみくじ   小吉

                言い分争い控えめにして後勝べし

2016年8月26日 (金)

イチロウ3000本安打達成

先日イチロウ選手が3000本安打達成しました。

その時のコメントに「僕が何かをすることで、僕以外の人達が喜んでくれる

ことが今の僕にとって何よりも大事なものだと再認識した瞬間でした。」

イチロウ選手の3000本安打を支えたもう一つの要因は

けがの少ないバネと瞬発力、柔軟性のある体つくりに

日々の努力の積み重ねの結果でしょうね~

以前イチロウ選手のコメントに「野球の好きな少年が努力して

イチロウ選手になったので、けして僕は、天才じゃないと言っていました。

イチロウ選手のコメントにはいつも頭の下がるおもいです。


ichiro

明日のおみくじ     吉

              おのずから善道にいたるべし


2016年8月24日 (水)

延命地蔵

延命地蔵様は、新しく生まれた子供を守りその寿命を延ばすという


後世は、短命、若死にを免れるため信仰された。

左手に薬壺(やくこ) 右手に錫杖を持って

静かにお慈悲あふれるお顔をされています。

350年の前、お優しいお顔をされていますね~

Img_5666
 
明日のおみくじ    吉

             何事も思いのままに成就すべし

2016年8月22日 (月)

六地蔵

今日22日~24日まで地蔵盆が始まりました。

神姫バス、マイクロバス、山陽バスなど団体の方々

個人で来られる方などたくさんが巡って来られます。

朝早く来られた方は、本堂でほらがいを吹かれていました。

慶明寺の六地蔵さんは、延命地蔵様で350年以上前に作られた

江戸時代初めの頃のお地蔵様だそうです。
 
Img_5652   Img_5657

  








明日のおみくじ   末吉

             道に沿える所たるべし

2016年8月19日 (金)

さるすべり

お墓に行く坂道の所にサルスベリ(百日紅)の赤と白の花が咲いています。

サルスベリは、幹の成長に伴って古い樹皮のコルク層が

剥がれ落ち新しいすべすべした感触の樹皮が表面に現れます。

つまり猿が登ろうとしても滑ってしまうことから猿滑りとも言われています。

ある人は暑い頃に咲くので、花を見ると「猛暑」をイメージするのか

あまり好きではないわ~と言われていました。

しかしひまわりの花も暑さに負けず夏の太陽に向かって咲いていますね。

Img_5637

  はつはつに咲きふふみつつあしびきの

    暴風(あらし)にゆるる百日紅(さるすべり)のはな (斎藤茂吉)

散れば咲き散れば咲きして百日紅」(加賀千代女)

 百日紅は咲き散った枝先から再び芽を出し花をつけながら、

 台風シーズンの間を咲き続ける花のねです~

 明日のおみくじ  大吉

             昇竜のときを得たるが如し  神仏を信じてよし

2016年8月17日 (水)

色即是空 空即是色

盂蘭盆合同法要での木村老大師の法話をお伝えします。

仏教では、すべては一つ ところが私達は、その一つのものを

二つに分けることが、我々人間に与えられた素晴らしい力なのです。

仏教ではすべてのものは一つだ それが大事なんだという仏様の教え

私達は皆違う世界に生きています。

本当のところ違いながら皆一つなんだと~

平等を意味する言葉で

般若心経の中 「色即是空 空即是色」の言葉があります。

お釈迦様は、見える物を「色」(違い) 見えない物「空」と表現されています。

違いがありながら空なんだ・・・

空の世界をして実感 色にもどる

自ら迷いながら何とか道を求めて行こうとするそれで充分

お釈迦様は「この世は無常の世界である」

無常の世界とは、常ならぬ世界、変化する世界、

すなわち幻の世界という意味、形ある物は、みな消えてなくなる。(空)

「色」は実在するものではないのです。

「すべての物を自分の如く愛しなさい」とお釈迦様は言われています。

色々な書物で説明されながらお話されました。

Img_5643
 
明日のおみくじ    吉
 
             望み事おいおいに成就す

2016年8月15日 (月)

送り盆

今日は、71年目の終戦記念日です。

いつも思うことですが、今の平和が永久に続きますように~と

慶明寺でも夕方よりお墓で墓施餓鬼が執り行なれます。

今日は又、送り火の日でもあります。

お迎えしたご先祖様をお見送りする「送り盆」の日です。

京都では、16日「五山の送り火」が有名ですね~

お盆は、親族の方が集まり故人の方を懐かしみ

「つながりの尊さ」などお互いに再確認し

大切な時間を過ごす日でもあります。・・・・・・

「ほうずき」の画像検索結果   
明日のおみくじ    吉

             小さい望みをもちて辛抱すれば、ついに大望とげるべし









2016年8月12日 (金)

リオ オリンピック

朝早くからお墓にお参りに来られています。

今年から山の日11日が祝日になりお盆休みに入った方も

いらしゃるのではないでしょうか・・・・・・

リオのオリンピック,治安問題、大統領停職中のもと開会されました。

連日オリンピックの放送で、日本人の活躍に一喜一憂する毎日です。

体操の内村選手個人総合でラスト鉄棒で大逆転

金メダルには鳥肌がたつくらい感動しました。

4年後の東京オリンピックにも出場したいとのこと

惜しくもメダルに届かなかた選手の方お疲れ様でした。

4年後の東京オリンピック 初の女性都知事のもと

是非成功してほしいものです

Img_5636
      明日のおみくじ   吉

                苦しみありたる後 次第によろしき かたちなり


2016年8月10日 (水)

盂蘭盆合同法要

本日本堂にて盂蘭盆合同法要が行われました。

たくさんの方が参列されました。

祥福寺僧堂師家木村太邦老大師の法話がおこなわれました。

般若心経の言葉の中

「色即是空 空即是色」について色々お話されました。

Img_5618_2   Img_5624  
  
Img_5629_2
 









Img_5611_4













明日のおみくじ    吉

             ゆくすえ やすらかにして 

             よろこびごとも あるべし























2016年8月 5日 (金)

水中花

「水中花」 昭和のレトロを感じます。

ガラスのコップに水を入れると水を吸って花のように開く素材(通草紙)で

作られた造花のこと 長いこと楽しむことが出来ます。

夏の縁日などで、小さい頃買ってもらった記憶があります。

水中花の歴史は、17世記江戸時代からあるそうです。

お酒の席の遊びとして杯に浮かべて、楽しんだのが始まりだそうです。

又、清流に咲く梅花藻(ばいかも)も水中花です。

冷涼で流れのある川に生育し初夏から、梅の花のような白い花を咲かせます。

どちらも水の中で、ゆら~ゆら~とゆれる花は、とても涼し気ですね

「水中花」の画像検索結果       「水中花」の画像検索結果

  明日のおみくじ     半吉

                 再び栄えにおうて たのもしき すがたなり

2016年8月 3日 (水)

所作

祥福寺の雲水さんが暑中問候に来られました。

「問候」(もんこう) 聞きなれない言葉なのですが、

訪問したり、手紙により季節の節目などに

ご機嫌伺いなどをすることだそうです。

いつも思うことなのですが、お坊さんは、所作が綺麗~と思います。

それは、一つ一つの所作を丁寧に行っているからだと・・・・・・

日々の生活や、食事などの習慣の積み重ねが

美しい所作になっているそうです。

長い歴史の中で気が遠くなるくらい何度も何度も繰り返すことで

身についた立ち振る舞いが自然と心も整い美しいのでしょうか
Img_5564
 
 明日のおみくじ  吉
 
            心ざしを みがきはげむときは 
 
            それ相応に用いられ 仕合せすべし
 

2016年8月 2日 (火)

施餓鬼法要

8月2日朝8時より本堂にて施餓鬼法要が執り行われました。

餓鬼とは俗にいう生前の悪行によって亡者の世界に落とされた

魂や無縁仏となっているような霊や魂の事を言い、常に飢えと乾きに

苦しんでいるものをさします。

施餓鬼とはそういう者たちにも食べ物や飲み物など供物を施すことで

餓鬼の供養を行う法要行事です。

たくさんの方々が法要に来られました。
Img_5574     Img_5599
Img_5585
    Img_5597





















 
明日のおみくじ  吉
 
           よろこび事 心がけよき人はよし

2016年8月 1日 (月)

話術

初の女性都知事が誕生

「パラシュートも何もついていないが都民の力で都知事選を勝ち抜きたい」

と選挙戦に挑み逆風にも負けず誹謗中傷にもさらりと

「厚化粧」と揶揄されても、

「私は、顔にあざがあり厚化粧せざるおえません。」

サラリと交わし~
思わず拍手・・・・

これを聞いた時当選するかも~と思いました。。

多くの女性 (中高年層の女性)を味方にしたのではないでしょうか

人を引きつける言葉、「都民による 都民のための 都政をとりもどす」

どこかで聞いたことのある言葉   そうだリンカーン大統領の名言

「人民の 人民による 人民のための政治」

ユーモアのある 人をひきつけるセンスのある話術 大切ですね~

Img_5561

明日のおみくじ     吉

              望み事成就す 9月より先よかるべし

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »