« 10月に合う禅語パート2 (*'ω'*) | トップページ | (*⁰▿⁰*)慶明寺で一番大きな木ʕ•̫͡•ʔ »

2016年10月17日 (月)

どんぐり

お墓に行く道どんぐりが沢山なっています。

茶色に変わり道に落ちているもの、まだあおく木にしっかりなっているもの

日本には、どんぐりのなる木は、約20種類ぐらいあるそうです。

どんぐりは、ブナ科 カシ・ナラ・カシワなどのコナラ属樹木の果実の総称です。

形も細長いものや丸いもの色々~

縄文時代は、アワやヒエと同じくらい大切な主食でした。
Img_5901
 「どんぐりのき」絵本を紹介します。

 今年はじめて実をつけたどんぐりの木は、自慢のどんぐりを食べて

  もらうことを楽しみにしていました。どんぐりは、まだ青かったため

 一口食べたリスに「まずい」と言われすっかり自信をなくし

 やがてどんぐりをつけなくなってしまいました。

 数年後1匹のリスがどんぐりの木を気に入って住み始め素敵な家を

 完成させました。そんなある日2匹のリスが訪ねて来た、そして

 どんぐりの木の悪評を住んでいるリスに話しました。それを聞いた

 リスは、「こんな立派などんぐりの木がおいしい実を付けないはずがない」と

 怒りました。その話を聞いたどんぐりは、リスに今までのことを話すと、

 リスは「実をつけようが、つけまいが木が気に入っていることを」告げた。

 そのリスの言葉に元気を取り戻したどんぐりの木の実は、秋になると

 たくさんの実をつけました。そのどんぐりの美味しいことで
 
 森の動物たちの間で大評判になりました。
 
 長所も短所も、ありのままを受け入れてくれるリスと出会い
 
 どんぐりの木の心が変化していく様子を描いた絵本です。

   明日のおみくじ      吉
 
                  れいに散じて 喜びに向こうなり

« 10月に合う禅語パート2 (*'ω'*) | トップページ | (*⁰▿⁰*)慶明寺で一番大きな木ʕ•̫͡•ʔ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/67990341

この記事へのトラックバック一覧です: どんぐり:

« 10月に合う禅語パート2 (*'ω'*) | トップページ | (*⁰▿⁰*)慶明寺で一番大きな木ʕ•̫͡•ʔ »