« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

大掃除

11月も今日で終わり、明日から12月(師走)に入ります。

ご近所の方は、大掃除もう済んだのと聞いてびっくり !

私も暖かい日に外回りの掃除をしてきたのに・・・・

もう終わってる方がいらっしゃるとは~

毎年、あらたまったお客様もないのに

この時期になるとなぜかバタバタと大掃除をしなくては~という気持ちになります。

寒くならないうちに外回りだけでも頑張って~

早くやったつもりでも、いつもぎりぎりまでばたばたしています。

年末の大掃除は「神事」であり年中行事だそうです。

新年に気持ちよく新年を迎え、また神様を迎えるために

年末に大掃除をするという意味があったのです。

皆さん大掃除の進み具合どうですか・・・・・・・

Img_6022_2
  明日のおみくじ    半吉

               ふるきあやまちをいつか 言いひらかんとなり
 

2016年11月29日 (火)

イエナリエ☆

早いもので11月も残りわずかとなりました。。。


最近、キラキラと装飾された

お店や自宅の外観、街路樹をちらほらと見かけるようになり

外観に装飾しているお家のことを「イエナリエ」と呼んでいます☆(笑)


Img_0257


朝の寒さで起きるのが辛くなる冬ですが、

蟹や牡蠣など旬の美味しい食べ物がたくさんありますよね〜(*⁰▿⁰*)♪


まだまだこれから寒さも本格的になっていきますので

風邪、インフルエンザ、ノロウィルスなど

体調管理には十分に気をつけて

旬の食べ物も12月のイベントも楽しみましょう☆


2016年11月28日 (月)

落ち葉

山門近くの階段は紅葉の落ち葉でいっぱいです。

木には葉が細い針葉樹と葉がうすくて大きい広葉樹の2種類あります。

それぞれに落葉するものと常緑するものがあります。

常緑といっても古い葉は落ちるのですが新しい葉も同時に出てくるので

見た目は常に緑色に見えます。

一方で、落葉は冬の寒さに耐えるためにすべての葉をおとし、

春になっらまた新しい葉を一斉に付けるものです。

また、樹木の成長に欠かせないのが光と水分です。

秋になるとこれがだんだん不足してきます。

すると葉が緑を維持できなくなり黄色や赤になります。

この時期に紅葉した

色とりどりの落ち葉で色々なものを作って遊んだり

栞にしたり、色々な色を塗って版画を楽しんだり 🍁 

葉っぱをたくさん集めて子供さん達と楽しんで下さい。

Img_6019_2   

Img_6020

 





 

 


  明日のおみくじ    吉

                      気性はよそ目に見えねど 必ず大きな望みあり



2016年11月26日 (土)

想いの詰まった手紙

慶明寺では年末と年明けに向けて

敷地内の草刈りが行なわれています(*゚∀゚*)


Img_0255


先日、合祀永代供養のところに手紙が置いてありました。

見ると子どもの字で「天国のおじいちゃんへ」と書いてあり

おじいちゃんへの真っ直ぐな想いを一生懸命書いたのだと思います。

子どもさんの想いが詰まった手紙、おじいちゃんのもとに届けておきました。

きっと、天国のおじいちゃんも喜ばれていることでしょう( ´ ▽ ` )

2016年11月25日 (金)

和食の日

22日は20度くらいの気温で昨日は、いっきに冬になりました。

関東地方では、雪の朝になったそうです。

めまぐるしい気温に体調をくずされていませんか~

昨日の11月24日は「和食の日」でした。

「いい(11)に(2)ほんしょく(4)」

2013年12月「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されました。

登録されたのは個々の料理ではなく「和食・日本人の伝統的な食文化」

という文化です。あまりにも抽象的でわかりにくいので

特徴を示す4つの定義があります。

① 多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重

② 健康的な食生活を支える栄養バランス

③ 自然の美しさや季節の移ろいの表現

④ 正月などの年中行事との密接な関わり

「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた食文化

「一汁三菜」を基本とし地域の食材の「うま味」を生かした日々の食卓

季節の移ろい、数々の行事と一緒に受け継がれきた料理

我が家でも年に1回お正月の時、親から受け継いだ

三段のお重におせち料理をいれます。

このお重も和食と共に、また子供に受け継がれていきます。

親から子供に伝えることが文化の継承で

些細なことでも とても大切なのですね・・・・・・

Img_6006
  明日のおみくじ  吉

             こころざしをみがけき はげむとき 仕合せすべし

 
             


2016年11月24日 (木)

慶明寺の門掃き

紅葉満山川(こうようさんせんにみつ)

〜紅葉が山にも川にも満ち溢れている様子〜

今の時期にぴったりの禅語です(*・ω・)ノ

慶明寺の境内にもモミジなどの葉がたくさん落ちていて

朝はこの落ち葉の掃き掃除から始まります☆

正直なところ掃いても掃いてもキリがないです(笑)

ですが、寒いと感じるのも最初だけですぐに身体が

ポカポカと暖かくなり良い運動になっています(`・ω・´)


Img_0248


境内を散策すると秋を感じられると思います♪


2016年11月22日 (火)

いい夫婦の日

11月22日が「いい夫婦の日」なのはもう定着していますよね♪


仲が良い夫婦のことを「おしどり夫婦」と言いますが

その由来でもある「おしどり」というカモ科の鳥は

実はおしどり夫婦なんかではなくオスが1年ごとに

相手のメスをかえるのです(´-`).。oO


じゃあなんで「おしどり夫婦」になったの!?と思いますよね。

毎年、新婚を繰り返すので仲良く見えてるだけなのでしょうか(笑)


Img_0241


1年に一度のこの日に、普段なかなか言えない

日頃の感謝の気持ちなどを伝え合えると素敵ですね(≧∀≦)♡♡♡

2016年11月21日 (月)

遺訓

慶明寺の紅葉も綺麗に色づき今からが見頃です。

知り合いのお家の掛軸に書かれている言葉がいつも気にかかっています。

これは、徳川家康の有名な言葉(遺訓)です。

「人の一生は重荷を負て遠き道をゆくが如し。 いそぐべからず。

不自由を常とおもへば不足なし。こころに望おこらば、困窮したる時を

思ひ出すべし。堪忍は無事長久の基。 いかりは敵とおもへ。

勝事ばかりを知りてまくる事をしらざれば、害基身にいたる。

おのれをせめて人を責めるな。及ばざるは過ぎたるゆりまされり」

幼少の頃から人質として、苦労に苦労を重ねた家康ならではの戒めの言葉

なのですが、大河ドラマ「真田丸」でも幸村の敵役です。

実際に「憎まれ役」であまり人気がないそうですが~

忍耐や我慢の大切さを息子や孫達に伝えた言葉なのですが

今の世の中にも通ずるものがありますね・・・・・・

Img_6002
 明日のおみくじ  大吉

              雲にかけはし のぼりがたきところにも のぼるべしとなり



2016年11月20日 (日)

慶明寺のハゼノキ

俳句の世界では秋に美しく紅葉するハゼノキを

櫨紅葉(ハゼモミジ)と呼び、櫨の実(ハゼノミ)とともに

秋の季語として使われるくらい紅葉がとても綺麗な木です☆


Img_0240


ちなみに昔はハゼノキの実を使って

ロウソクを作っていたそうで

日本人には昔から馴染みのある木だといえます♪


ただ、ハゼノキはウルシ科で触れるとかぶれることもありますので

注意してくださいね(>人<;)

2016年11月19日 (土)

クシャミ(^◇^)

お釈迦様にまつわる面白いお話を見つけたので

皆さんも一緒にクイズの答えを考えてみてください(^∇^)

Q.お釈迦様がクシャミをしたら、

弟子たちが一斉に「○○」と唱えました。

なんて唱えたと思いますか?

1.クシンメ 2.ヘサンメ 3.クサンメ


正解は…


3.クサンメです!!!

「クサンメ」とはインド語で「長寿」という意味で、

インドではクシャミをすると命が短くなると言われていたために

弟子たちは慌ててクサンメと唱えたのでしょう(≧∀≦)

また面白いクイズがあれば、載せたいと思います♪


Img_0227


2016年11月18日 (金)

山茶花の花

山茶花の白い花が咲き始めました。

山茶花は、貴重なツバキ科ツバキ属の耐寒性常緑高木です。

椿の花とよく似ているのですが、山茶花は、葉縁がギザギザして

花弁がバラバラに散って地面に落ちていきますが、

椿の花は、丸ごと落ちます。

花の少なくなるこの季節秋から冬にかけてピンク、赤、白 と

美しい花を咲かせます。

庭が淋しくなる季節に花が咲くとホット癒されますね~
 
 童謡の「たきび」の2番の歌詞にも歌われています。
 
    さざんか さざんか さいたみち
    
    たきびだ たきびだ おちばたき

    あたろうか あたろうよ 
    
    しもやけ おててが もうかゆい  
♪  🎶  ♬

Img_5987
 
                       Img_5986_3
 
 
明日のおみくじ   大吉
  
  
花もこのみも ときにあったて
 
    
あるべしとなり

           

2016年11月17日 (木)

慶明寺付近には(o^^o)

天気が良く今日も慶明寺付近をお散歩〜♪

見渡す限り田畑に囲まれていて清々しい気分になれますし

陽が出ている日中は過ごしやすく気持ち良いですよ( ^ω^ )

人がひとり通れるような細い道や路地

階段などもない人が歩く幅だけ草が倒れている山道


Img_0226


その先に何があるのかとワクワクします!!!

皆さんは子供の頃、秘密基地など作りませんでしたか?☆

ダンボールや限られた材料で試行錯誤しながら完成させた喜びと

翌日に大雨が降りゴミと化した秘密基地を見た時の絶望感…

今でも鮮明に覚えています。。。笑

でもこういった好奇心や冒険心は豊かな心を作るようです(*゚▽゚*)♡


Img_0225


2016年11月16日 (水)

「一期一会」を心がけて

「一期一会」とは「一期」とは一生という意味

「一会」とは一度の出会いという意味

「一期一会」 茶の湯の教えでたとえ幾度か茶会を開く機会が

あってもこの茶会は二度と同じことが出来ない

だから茶会は常に人生で一度きりのものとして心得て相手に

対して精一杯の誠意を尽くしなさいという意味なのですが・・・・・・・・

しかし親しい相手につい配慮しない行動をとってしまうことがあります。

また身内だと言わなくても分かってもらえるだろうという甘えから

ありのままの自分をだしてついわがままを言ってしまう

たとえ親しい仲でも「一期一会」の気持ちで、相手へ気遣いを心がけて

接すると家族、友達の関係ももっと良くなるのではないでしょうか~

Img_5979
   明日のおみくじ    半吉

                 何にてよろしいけれど 木か紙に縁あることもよし






2016年11月15日 (火)

散歩♪

今日は慶明寺付近を探索してきました(^_^)☆

なにか新しい発見がないかと

どんぐりが足もとにたくさん落ちている山道を登ってみたり

突然現れた池を観察していると水面に魚の気配が!

今度は釣竿を持って行ってみます(*・ω・)ノ(笑)

赤トンボも飛んでいました♪

幼少期は寒さも気にならなかったですし決められた門限など忘れて

日が暮れ真っ暗になるまで夢中で遊んでいたなぁ〜と懐かしくなりました。


Img_0211


2016年11月14日 (月)

七五三のお祝い

明日、15日は、七五三の日です。

七、五、三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う

日本の年中行事です。

天和元年11月15日徳川徳松の健康を祈って始まったとされる説が有力です。

11月15日は、子供の成長をいのって神社・寺などに詣でる行事。

最近は、15日にこだわらず土曜日、日曜日お天気の良い日に

行かれる方が多いですね~

その時に頂く千歳飴は、名前のとおり「千年」つまり「長生き」という意味

千歳飴は、鶴亀や松竹梅など縁起の良い図案の描かれた袋に入れられて

います。子供の長寿の願を込めて、食べて祝ったとされています。  
「753イラスト」の画像検索結果
   (Yahoo検索)
  明日のおみくじ    末小吉   
 
                ふしんごと よろづ控えめにしてよし

2016年11月13日 (日)

68年ぶりの(*・ω・)!?

明日14日の夜は満月が普段よりも近く大きく見える

スーパームーンの日です☆彡

今回は月が地球に接近する距離が68年ぶりの近さだといわれているのに

天気予報では全国的に雨または曇りがち。。。

今はこんなに晴れているのに残念です(´;ω;`)


Img_0208_2


しかも2017年はシャイムーンイヤーといって

スーパームーンが見られないとのこと。

なので雲の隙間からでも見られるとラッキーですね〜♪

皆さんも是非、明日の夜空を見上げてみてください(≧∀≦)☆


Img_0207_2


2016年11月12日 (土)

11月の禅語

「楓葉経霜紅」ふうよう しもをへて くれないなり

楓の葉は霜を受けて鮮やかな色をつけて私たちを魅了させてくれます。

色々な経験の積み重ねによって成長し

苦労や苦難を乗り越えることによって一層と磨きがかかる…

私たち人間も同じだという意味です(*゚▽゚*)


Img_0202


朝晩の冷え込みと、お昼の温度差と空気の乾燥により

今年も風邪とインフルエンザが流行り始めています。。。

皆さんも体調管理には十分に気をつけてお過ごしください(*´∀`)♪


2016年11月11日 (金)

クリスマス マーケット

先日、梅北ガーデンで友人と待ち合わせ

ビルの周りでは風が強く待っている間の寒さ・・・・

大阪の空中庭園の真下では

来週末から始まるクリスマスマケットの準備です。

飲食物を販売する ヒュッテ(小屋)や

アンティークなメリーゴーランドも設置されていました。

27mのクリスマスツリーも飾られ

約10万球の電飾で彩られたツリーは圧倒的な存在感で

音と光が繰り広げる美しいクリスマスワールドで毎年多くの人を

魅了し、大阪の冬の風物詩として定着しているそうです。

神戸でも12月2日からルミナリエが始まります

都会では、一足早くもうクリスマス気分

慶明寺ではすこしづつ木々が色づき始めています。

Img_5975
 Img_5974











 
明日のおみくじ     半吉

                  災難にも恐れず、働けば運勢ひらく



2016年11月 9日 (水)

トップリーダーの孤独

立冬も過ぎ冬が到来します。

今日は、少し寒いくらいのお天気です。

アメリカでは、大統領選挙 史上初の女性大統領か

過激な行動で物議を醸した共和党のトランプ氏か

どちらが大統領の座をいとめるか世界中の注目を集めています。

オバマさんが黒人で初めて大統領になった時も話題になりました。

世界のトップ、アメリカ大統領ともなれば、重責で大変だったと思います。

日本の総理大臣も同じです。

トップにのぼりつめるとその後がとても孤独だそうです。

判断、最終決断、背負っているものの違いなど・・・・・・・孤独との闘い

席に座って初めて「責任の重たさ」を感じるそうです。

亡くなった前総理大臣佐藤栄作氏も「人事の神様と言われてた」人でさえ

人事を決める際トランプで占いをしていたらしいです。

Img_5965_2
  明日のおみくじ     半吉

                 年老いて 若返るごとく たのもしいすがたなり

              






2016年11月 7日 (月)

ラストメッセジ

先日肝臓がんで亡くなられたラグビーの平尾誠二さん

ラストメッセジ 「自由であれ」

自分自身の人生を生きたい~だから

あなたもあなたの人生を生きて下さい。

ラグビーボールは楕円形で、どちらにに転ぶか分からないから面白い

戦略もベンチの監督の言うままではなくフィールドに立っている

選手個人個人が現場の状況に応じて、

臨機応変に自由に判断して立てることが必要だと

常々選手に指導していたと言われています。

「自由であれ」 楽しむ心 楽しみを忘れないこと それが生きることの価値

平尾誠二さんはおしゃてたそうです。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

Img_5956
  明日のおみくじ   大吉

                     帰りみちに仙人の宝の山に入り 

                 つねに楽しむべしとなり

2016年11月 6日 (日)

あかとんぼ

田んぼや畑の上を飛び回るあかとんぼを見かけると

秋だなぁと感じる人も少なくないのではないでしょうか?(*´꒳`*)

実際は「あかとんぼ」という種類は存在せず

メスへのアピールの為にオスの身体が赤くなったとんぼを

まとめて「あかとんぼ」と呼ぶそうです(^_−)−☆

ですが近年ではその数が激減し、絶滅の危機だといわれています。

私たちが普段気付かないところでも

身近な自然や生き物の環境が変わりつつあります。

夕陽を背に優雅に飛び回る、幼少の記憶に残るあかとんぼ。。。

また見たいですね(;_;)


Img_0188


2016年11月 5日 (土)

秋のことわざo(≧▽≦)o .。.:*☆

「秋の夕焼け鎌を研げ、秋の朝照り隣へ行くな」

秋の夕焼けが綺麗な翌日は晴れるとされ

鎌を研いで畑仕事や稲刈りの準備をしておいた方がいい

朝照りは雨が降る前兆なので隣近所へ行かない方がいい

という意味です(*´꒳`*)

天気が周期的に変わりやすい秋と春は高確率で当たるようです☆彡

昔の人は、このことわざの様に天候を見て判断していたんですね!

Img_0186


2016年11月 4日 (金)

南天

南天は、音が「難転」「難を転ずる」に通ずることから縁起の良い木とされ

鬼門または裏鬼門に植えると良いという俗信があります。

「南天を庭に植えれば火災を避けられる」とあり

江戸時代はどこ家も「火災除け」として玄関前に植えられました。

赤い色にも縁起がよく厄除けの力があると信じられ江戸時代後期から

慶事に用いられるようになりました。

赤くなった実を煎じて飲むと「咳止め」の効果があり「のど飴」の

原料として使われています。お赤飯に葉が添えられていますが、

食あたりの「難を転ずる」というまじないの意味との説もあります。

南天は、昔から薬用の木として重宝されてきました。

慶明寺山門付近にも赤南天、白南天が植えられています。

Img_5948
Img_5949















明日のおみくじ      吉

                よろこび事よろづよし

2016年11月 3日 (木)

紅葉の変化(^_−)−☆

最近、明け方の散歩を日課にしているのですが

まだ辺りは真っ暗で星がとても綺麗に見えます☆+。

星は夏より空気が澄んでいる冬のほうが見えやすくなるようで

流れ星まで見ることができました(^∇^)♪

思わず願い事を唱えましたが間に合わず。。。m(_ _)m(笑)

さて、先日載せた紅葉がどれぐらい色付いてきたのか見てきました!


Img_0184


少しずつではありますが赤くなってきているのが分かります。

早く真っ赤に染まった紅葉が見たいです(*^o^*)♡


2016年11月 2日 (水)

11月 霜月

11月に入り朝、晩、冷え込むようになりました。

セーター類や風を通さない上着など慌てて出しました。

11月は、旧暦で霜月と呼ばれています。

新暦の11月は、秋なのですが、旧暦は10月、11月、12月を冬としていました。

文字通り霜が降る月~「霜月」・・・・・・・

また、最近では春と秋の過ごしやすい季節が短くなったようにも思えます。

この温度差に体調を崩さないように気をつけて下さいね~

Img_5934

明日のおみくじ      大吉


                すべての人は遠からず 立身する身なり

2016年11月 1日 (火)

泥中の蓮華

お寺の本堂などでこの様な蓮の花の飾りを見かけたことがありますか?♪


Img_0179_2


そもそも蓮の花は泥水でしか咲かず、しかも泥水が濃いければ濃いほどに

大きくて綺麗な花を咲かせるのです(^_^)☆

仏教では「泥水」は私たちがいるこの世界と煩悩を表し

「花」は悟りと美しく清らかな心を表しているようです。

私たちは色々な悲しみや辛さや困難を経験する事で

まわりの人や物に感謝したり、それが有り難いことだと気付かされ

心を豊かにするということを御釈迦様は伝えたかったのでしょうか?(*^^*)


Img_0180


« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »