« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月26日 (月)

痩せやすいのは冬!?

今年も残りわずかとなりましたが、

まだ年末の忘年会や、除夜の鐘、楽しいイベントが待っています(*´ω`*)

イベントならではの美味しい料理も楽しみのひとつですし、

コタツで食べるミカン、アイスクリームはまた格別ですね〜☆

冬は夏に比べて太りやすいのは当然だ!と思っていたのですが

実際は体温を上げる為に基礎代謝が上がり冬の方が痩せやすいのだとか( ̄∇ ̄)

寒いと動きたくないのに運動なんて。。。と思ってしまう私は

痩せやすい冬を痩せるチャンスだと捉えられそうにありません!!!(笑)

いい意味で使われる事が多い「塵も積もれば山となる」ですが

こればかりは、山になりたくないです( ;∀;)

ノロウイルスが例年より全国的に猛威をふるっているようなので

皆さんもお気をつけください。

2016年12月21日 (水)

冬至の七種

今日は、冬至です。

いつも冬至の頃、「1年の疲れをとってね」~と ご近所の方が

お庭にできたゆずを沢山持ってきて下さいます。

昔は冬至が1年の始まりとされていた事もあったそうです。

「一陽来復」と言ってこの日を境に運が上向く

「ん」のつくものを食べる「運」が呼びこめるといわれています。

冬至にかぼちゃ(南瓜・なんきん)を食べる。

つまり運盛りのひとつであり、陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味しています。

またかぼちゃは長期保存の効くことから、冬に栄養をとるための賢人の

知恵でもあったのですね。

これから寒くなるのですが、日照時間が長くなると 思えば少々嬉しくなりますね。
 
  冬至の七種
 
南瓜(なんきん) 蓮根(れんこん) 人参(にんじん) 銀杏(ぎんなん)
 
きんかん 寒天(かんてん) 饂飩(うどん)
 
       「冬至の七草 イ...」の画像検索結果
 
    明日のおみくじ    吉
 
                  寒つきて 春をむかうるがごとし

2016年12月20日 (火)

柚子湯

2016年の「冬至」は明日の12月21日です(^O^)

毎年決まった日にちではなく、うるう年の関係で変わります♪

冬至といえば、やっぱりお風呂の湯船に柚子を浮かべた「柚子湯」ですよね!

なぜこのような風習になったのか、さまざまな説があるようですが

柚子は実るまでに長い年月がかかることから

「長年の苦労が実りますように」との願いが込められているようです。


Img_0305


柚子湯には冷え性の暖和、風邪予防、美肌効果など

この寒い冬を乗り切るためにも役立ちますね(≧∀≦)♡

柚子のとても良い香りが心も体もリラックスさせてくれるはずです♪

2016年12月19日 (月)

運命の法則

今日は、風もなく暖かい陽気です。

以前「運命の法則」について新聞に掲載されていました。

幸運を引き寄せるには、

不平不満を言わず、感謝の心を忘れず、陰徳を積む。

そうすればおのずと人生は良い方向に向かう・・・・・と

仕事でも、遊びでも、喜びを感じる何かに没頭している状態。

その域に入ったときに幸運を引き寄せられる~のだそうです。

人の幸不幸は、毎日の想念の在り方にかかっている。

日常ありふれていて忘れがちな幸運を意識し始めることでまた

起こるそうです。やはり
自分自身の意識改革なのですね。

自分が変わることで、幸運を引き寄せることができるのですね。
Img_6049

              蝋梅の黄色い花が咲き始めました

  明日のおみくじ    吉

               小さい望みをもちて辛抱すれば

               ついには大望とげるべし

2016年12月18日 (日)

慶明寺の石庭

慶明寺の石庭の石は小豆島から運んできた石です(^O^)


Img_0303


少し分かりにくい場所にあるのですが

さまざまな大きさの石が並べられていて

その中でも一番大きな石には圧倒されます(*´ω`*)


小豆島の石は古くから強度も高く耐久性が優れているといわれており

大阪城の石垣にも使われている、とても良質な石だそうです♪


山門左側のお地蔵さんの下にも同じ石が使われています。


まるで座布団のように見えませんか?(≧∀≦)


Img_0304


2016年12月17日 (土)

釣りと気になる池。。。

前回ブログに載せた慶明寺付近にある池に

今回は釣り竿を持って行ってきました(^∇^)!!!


Img_0269_2


他にも釣りをしている方がいたので穴場スポットなのでしょうか♪

釣り初心者なので、その方に「なにが釣れますか?」と聞くと

バスが釣れるということだったので、さっそく釣り開始☆

30分も経たない内に小さいですが、バスが釣れましたぁ〜(≧∀≦)♡♡♡


Img_0264


実は、この池の横にあるもう一つの池がとっても不思議なんです!!!


Img_0268


写真だと見えにくいですが

コケに覆われている木かロープのようなものが水中を渦巻いているんです!

こんなの初めてでビックリです。。。((((;゚Д゚)))))))


2016年12月16日 (金)

電話創の日

1890年の12月16日、東京市内と横浜市内の間で電話事業が開始しました。

当時加入電話は東京155台・横浜44台で、女子7名夜間専門の男子2人

の交換手が対応していました。

受話器を手に取る➡呼び出しハンドルを回す➡電話交換手が応対したら

通話先を伝える➡電話交換手は通話先が同一局の場合はそのまま配線を継ぎ

変える➡通話先が別の局の場合は、まず通話元の配線を隣の局の配線に

継ぎ、電話交換手は継いだ局に電話をし、その先の作業を依頼する。・・・・・

当時遠距離は、つなぎ替えに時間がかかりずっと待っていなくては

ならなっかようです。

使用料も年間40円~かなりハイレベルな高級取りの月給が20円の時代

なかなか加入者が集まらなかったようです。

応募したのはほとんどが大企業・大会社だったようです。

そんな時代から100年以上各家庭に固定電話が定着し、

今や携帯電話・スマホの時代

便利になり、電話の機能だけでなく、色々なことが検索できる 

図書館や辞書がなくとも、スマホがあれば簡単に調べることが出来ます。

本当に便利な世の中になりましたね~

「ハンドルを回す...」の画像検索結果


明日のおみくじ    半吉

            よろづつ々しみ ふかくすべし災難あるとも 
恐るべからず
 
             一つの災いなん あらばひとし お業にはげむべし 

2016年12月14日 (水)

今年の漢字

2016年、今年の漢字に4前と同じ「金」が選ばれました。

リオ五輪に沸き、東京五輪に希望を託した「金(きん)」と

政治と「金」(かね)問題に揺れた年スポーツ界に新たな金字塔、

マイナス金利導入、シンガーソングライターの金色の衣装などにも

注目が集まって「金」に決まりました。

東京オリンピック競技会場をめぐっても「金」と利権がからみ

まだまだ問題が山積しています。

長い間の重鎮が老我意、老害(ろうがい)にならないよう

4年後の東京オリンピックを是非とも成功させてほしいと思います。

Img_6043

   Img_6042










明日のおみくじ      末吉

                心静かに 時節を待たば ついに幸来る

                






2016年12月13日 (火)

12月の禅語

看々臘月尽(みよみよ ろうげつ つく)

「看々」は、良く見なさいという意味で

「臘月」は、12月の別名です。

「もう12月も終わってしまいます

月日の流れの早いことをよく見なさい」ということですが

大掃除や年末年始に向けて慌ただしい12月。。。

何事も日頃から後回しにしなければ

年末年始も必要以上にバタバタせず余裕を持って

過ごせるのではないでしょうか(*゚▽゚*)


Img_0271


散ってしまう前に撮った夕日に照らされたモミジ♪

慶明寺のモミジもこれで見おさめです(;_;)


2016年12月12日 (月)

忘年会

忘年会とは年末に催される宴会の事

一般的には、その年の苦労を忘れる為に執り行われる宴会について

言ったそうです。

今は、職場だけではなくお友達、お稽古仲間の方との忘年会も

多いのではないでしょうか~

江戸時代町人の富裕層の間で、年末に接待型忘年会が盛んになりました。

「一年間おつかれさま」の意味は、昭和になってからだそうです。

今から忘年会、クリスマス、年末~年始にかけてお酒を飲む機会が

増えてきますので、胃腸・肝臓には、皆さん気をつけて下さいね。

いろいろな会で余興をすることもありますが、

すべっても堂々とやりきることが大事~だそうです。

ちなみに今年の余興1位は、ピコ太郎の「ペンパイナッポー アッポーペン」

歌詞も覚えやすいし、振り付けも難しくないので人気だそうです。

 「お酒のイラスト」の画像検索結果
                                  (Yahoo検索)


明日のおみくじ   吉
 
             心だてよくるとめば、おのずから善道にいたるべし 

2016年12月 9日 (金)

漱石忌

100年前の12月9日、「吾輩は猫である」の作者夏目漱石が

49歳でこの世を去りました。

漱石は甘いものに目がなく、糖尿病も患い42歳の時、胃潰瘍と診断されました。

7年間胃潰瘍に苦しめられ

漱石は生前「死ぬ時は苦しみに苦しみ、〈こんなことなら生きているより死んだほう

が良い〉と納得してから死にたい」といったが、そのことばの通り

壮絶な最後を迎えたそうです。胃潰瘍は今では治る病気なのですが

100年前の医学では結核と同じ不治の病だったのでしょうか~

37歳の遅ざきの作家デビューでした。

作品は色々あるのですが、「草枕」の一節

 「智に働けば 角が立つ 情に掉させば流される
 
意地を通せば窮屈だ  とかく人の世は住みにくい」本の内容は

忘れたのですがこの言葉だけ記憶にあります。

又、漱石の心のことば「顧みれば細き糸の上を歩みて 深い谷を渡ったようなもの

である」と日記に記したそうです。
Img_6034

明日のおみくじ    吉

                       あまり望を高ぶればかえって災なんあるべし

2016年12月 7日 (水)

子供の行動範囲

先日大分県で2才の子供さんが母親がちょっと目を離した間に

いなくなった事件がありました。

翌朝、2キロ離れた山間で見つかりホットしましたね~

2才児でも結構遠くまで歩いて行くんだな~と思い

良かったね~という安堵から思わず涙がでました。

12月にしては夜4度という気温、動きまわらなかったこと、木々の間、

窪みにいたこと、色々なことが幸いにして助かったこと

暗い寒い夜、大人でも怖いのによく一人で頑張ったねと・・・・・・

迷子になった時、同じ年の孫を持つ身として胸がとても痛みました。

子供はちょっとくらい大丈夫・・・・・・と思ってても

気をつけないと駄目なんですね。

Img_6041
  明日のおみくじ     吉

                わが分に応じたる事に はげみいそしめば

                よろしきかたちなり

                   

2016年12月 6日 (火)

慶明寺のしだれ桜

枝がしなるように咲き誇る枝垂れ桜も

今は葉もすべて落ち何もない枝だけの状態です。


Img_0263


しなる枝がまるで石垣の上から流れる川のように見えませんか?(^ω^)

そんな枝垂れ桜の花言葉は「優美」

満開の美しさとその迫力にぴったりですね☆

来年の春もまた綺麗な花を咲かせてくれるでしょう♪

2016年12月 5日 (月)

慌ただしい年末

年末年始は、あれもこれもとつい慌ただしい気分になります。

掃除、買物、年賀状、などなど

この時期、どんより曇った天気がふえ、日照時間が短くなると、

憂鬱な気分になりやすいそうです。

心がイライラして落ち着かないと思われる人も多いのではないでしょうか~

神経もはりつめた状態が長く続くと、筋肉は凝り固まり血液の循環がわるく

なり自律神経のバランスが崩れ心身に様々な不定愁訴を起こしてしまいます。

私も年末になると肩こりなどから歯がよく腫れます。

毎年、年末に必ず歯医者さんで腫れ止めの薬をもらって準備しときます。

窓の景色を見ながら ホット一息、お茶などをいただいて気分を切り替えて

年末、年始、寒さをのりきりましょう

Img_6027
  明日のおみくじ  吉

             おい々に よきことが かさなる
 


2016年12月 2日 (金)

今年の流行語大賞

今日は、風もなく陽のあたる窓辺にいるとポカポカと暖かです。

今年の流行語大賞が選ばれました

いろいろな流行語がノミネートされていました。

「都民ファースト」 「びっくりぽん」 「EU離脱」 「パナマ文書」「トランプ現象」

「PPAP]・・・・・・・等々なかで広島東洋カープ緒方監督が交流戦での

鈴木選手の神がっかた活躍を表現した言葉「神ってる」が選ばれました。

私の個人的な意見なのですが、頑張ってる東京都知事の

「都民ファースト」に
と思っていたのですが・・・・・・・・

Img_6023

     明日のおみくじ  吉
 
                 財宝も心のままなるべし

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »