« 柚子湯 | トップページ | 痩せやすいのは冬!? »

2016年12月21日 (水)

冬至の七種

今日は、冬至です。

いつも冬至の頃、「1年の疲れをとってね」~と ご近所の方が

お庭にできたゆずを沢山持ってきて下さいます。

昔は冬至が1年の始まりとされていた事もあったそうです。

「一陽来復」と言ってこの日を境に運が上向く

「ん」のつくものを食べる「運」が呼びこめるといわれています。

冬至にかぼちゃ(南瓜・なんきん)を食べる。

つまり運盛りのひとつであり、陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味しています。

またかぼちゃは長期保存の効くことから、冬に栄養をとるための賢人の

知恵でもあったのですね。

これから寒くなるのですが、日照時間が長くなると 思えば少々嬉しくなりますね。
 
  冬至の七種
 
南瓜(なんきん) 蓮根(れんこん) 人参(にんじん) 銀杏(ぎんなん)
 
きんかん 寒天(かんてん) 饂飩(うどん)
 
       「冬至の七草 イ...」の画像検索結果
 
    明日のおみくじ    吉
 
                  寒つきて 春をむかうるがごとし

« 柚子湯 | トップページ | 痩せやすいのは冬!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/68930687

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至の七種:

« 柚子湯 | トップページ | 痩せやすいのは冬!? »