« 桜梅桃季 | トップページ | 冬の寒い日 »

2017年1月23日 (月)

お年玉年賀はがき

15日にお年玉年賀はがきの抽選がありましたが、

皆さん確認されましたか~私はまだみてません

年賀はがきは、昭和24年12月に誕生しました。

「戦後、うちひしがれた状態の中で、通信が途絶えていました。

年賀状が復活すればお互いの消息がわかるのにと

思ったにが最初の発想です。それにくじのお年玉を付け、

さらに、寄付金を加えば夢もあり、社会福祉のためにもなると考えたのです。

当時、疲弊して食べるものも食べられない時代にクジなんて、と

時期尚早論が強かったのですが、「この時代だからこそ夢を与える必要がある」

という結論に達しました。

ちなみにこの時のはがきは2円寄付金付きは3円でした。

昭和25年の賞品 特賞「ミシン」 当時ミシンは会社員の初任給3千~4千円

という時に1万8千円とても高価なものでした。

1等「純毛洋服地」2等「学童用グローブ」 …

昭和30年代 電気洗濯機 タンス 8ミリ撮影映写機

40年代、特等がなくなり 1等 ポータブルテレビ・・・・・・・

50年代、60年代は、折りたたみ自転車 カラーテレビ 電子レンジ

平成時代に入ると、海外旅行 乾燥付洗濯機などなど

お年玉年賀はがきの賞品の移り変わりが、その時代をよく反映していますね
 
                                      
 
                          (昭和24年発行 当時のはがき)
 
明日のおみくじ    末吉

                     のちついに 運勢開くかたちあり

« 桜梅桃季 | トップページ | 冬の寒い日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/69346625

この記事へのトラックバック一覧です: お年玉年賀はがき:

« 桜梅桃季 | トップページ | 冬の寒い日 »