« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日 (月)

枝垂れ梅

お寺の庭の枝垂れ梅も3分咲きになりました。

梅はもともと中国に自生していた植物で、奈良時代より前に

朝鮮半島を経由して日本に渡ってきました。

学問の神様で知られる菅原道真が九州の大宰府に左遷された時

道真を慕う庭木たちのうち桜は主人が遠い所へ去ってしまった

悲しみのあまり葉を落とし、ついに枯れてしまいました。

しかし梅と松は道真の後を追いたい気持ちを強くして空を飛んだ。

ところが、松は途中力尽きてしまい、摂津国八部郡板宿(現神戸市須磨区板宿)

近くの丘に降り立ちこの地に根をおろした。(飛松伝説)

もう一つの、梅だけ見事に一夜のうちに主人の暮らす地に

飛んだという伝説が残されています。

これにちなんで「忠実」という花言葉になっています。

Img_6205
 
「 東風(こち)吹かば にほひをこせよ梅の花 主なしとて 春を忘るな 」

 
                                        菅原道真
  明日のおみくじ    吉

                               心ざしをみがき はげむときは

                               それ相応に用いられ 仕合せすべし




2017年2月24日 (金)

プレミアムフライデー

経済産業省と経済連や小売りなどの業界団体は、個人の消費を喚起する為

毎月末の金曜日を「プレミアムフライデー」として今日から取り組みを始めました。

企業が従業員に対して午後3時に仕事を終えるように呼びかけ、長時間労働の

是正などに働き方改革にもつなげる考え

月末金曜日に3時に仕事を終えて買い物や家族と食事、旅行

低迷を続ける個人消費を盛り上げるのが狙いなのですが

2月、3月は、確定申告、決算期で1年でも大変な時期~

企業は、イベントや特典など企画し消費拡に期待

小田急ロマンスカーの車内では、生ビールの臨時販売など

「プレミアムフライデー」の導入にかかわらずどうしたいかをアンケートしたら

 1位 家でゆっくり過ごす 2位 買物に行く 3位 映画を見に行く

 4位 家事をする  5位 仕事以外の友達と飲みに行く・・・・・・・

 「何もしない」と男性の声も多く  (Yahoo検索) 
 
「プレミアムフライデー」 今後定着するでしょうか


Img_6190_2

 
 明日のおみくじ    吉

                             これまで うもれぎの如く世に知られず、
 
               色々苦労したけれどおいおい運ひらけ幸くる

          

2017年2月22日 (水)

子供達の成長

先日、保育園の発表会に行きました。

自分の子供達は幼稚園で、5歳~6歳の子供達の発表会だったので

小さい子供達の発表会は初めてでした。

1歳から3歳ぐらいの子供達は何をするんだろうか~とても興味がありました。

小さな子供達は、お歌の中に子供達の名前を呼んで、

手を上げさせ返事をさせる、橋に見立てて渡る 石から飛ぶなど

小さな子供達でも楽しく参加できるように考えられていました。

4歳児は、「おむすびころりん」 5歳児「さるかに合戦」

6歳児「地獄のそうべい」 大人が読んでも 楽しい絵本

上方落語の語り 「 とうざい とうざい かるわざしの そうべい 」 始まる。

こんな長い台詞を~
楽しく生き生きとしていたのが、とても印象的でした。

子供達に、大笑いをさせてもらい、楽しい一日を頂きました。

            じごくのそうべえ
 
明日のおみくじ   吉

            うれいに散じて よころびに向こうなり日待ちにまちしてよし

2017年2月20日 (月)

歌舞伎

今日2月20日は「歌舞伎の日」だそうです。

1607年この日、出雲の阿国が江戸城で将軍徳川家康や諸大名の前で

初めて歌舞伎踊りを披露した日だそうです。

2009年には、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。

少しずつ形を変えながら現在のスタイルが定着していき今

漫画を題材にしたスパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)というものも人気だそうです。

多くの人に、又
若い人にも歌舞伎に関心をもってもらう為~でしょうか

テレビでは、勧進帳など見たことがあるのですが

歌舞伎座に行って、まだ一度も見たことがありません

機会があれば是非とも行ってみたいと思います。

歌舞伎は日本語であっても、江戸時代に使われていた言葉や時代背景が

わからないと、なかなかストーリーにはいっていくことができないそうです。

「時代物」 江戸時代よりも古い時代の物語

「世話物」 
江戸時代の一般庶民の暮らしをテーマにした物語

「舞踊」  舞踊を中心とした作品  「藤娘」 「娘道成寺」

「新歌舞伎」 明治以降に作られた作品

いくつかのカテゴリーに分かれています

入門編としては、「世話物」
が見やすいそうです。

劇場によっては、イヤホンの貸し出しもあるそうです。



        「歌舞伎 無料イ...」の画像検索結果               「歌舞伎 無料イ...」の画像検索結果



  明日のおみくじ    末吉

                春にもなれば  運が開いて立身すべし

2017年2月17日 (金)

雨水(うすい)

今日は、暖かい雨の日になっています。

今年は、明日の2月18日が雨水です。 

雨水とは雪が雨に変わり 雪解けが始まるという日です。

春の気配に草木が蘇るという意味

昔から、農耕の準備を始める目的とされてきました。

でもまだまだ本格的な春の訪れは遠く、三寒四温を繰り返しながら、

春に向かっていきます。

慶明寺の庭の枝垂れ梅も沢山の蕾が膨らみちらほらと咲き始め

春が来るのを待っています。

また、雨水の日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるとも言われています。

Img_6176
     Img_6180
 















明日のおみくじ    吉

              古きを去りて新しきをとりてよし

2017年2月15日 (水)

子供孝行

先日、とても寒い日お寺に来られた方が、

「私は一人っ子なのですが、両親とも介護なくあっという間に亡くなりました

本当に子供孝行の親でした。だから今全国のお寺を回っているのです~

朱印帳は、48冊ぐらいになりました」と言われてました。

昔から「親孝行」 は聞き覚えがあるのですが 「子供孝行」

誰しも願っていることなのでしょうが

なかなか自分の思うとおりいきません。

子供達の家庭も大事 

仕事、子育て、時間に追われている子供達と親の間には、違いがあります。

親を亡くした今、時間に余裕ができた今だったら、もっと色々なこと

してあげれたのにと最近思います。

「昔から孝行した時分に 親はなし」とよく言ったもんですね~

Img_6161
  明日のおみくじ    末吉

               雪にかがみし竹が春、雪とけて

               もとのごとく立ち直るがごとく

               

2017年2月13日 (月)

バレンタインデー

明日はバレンタインデーです。

チョコレートを女性から男性に送るのですが、近年は自分へのご褒美として

買われる方もいらっしゃるとか 職場の男性の方には

「日頃お世話になっています」 感謝の気持ちを

何はともあれ、微笑ましくていいのではないでしょうか~

仏教では一般に使っている愛と区別して大慈大悲を言っているそうです。

一般の男女の愛とは少し違いますね。

自分の大悲ではなく無縁の大悲という言葉をつかうんだと思います。

私達のふだんの愛だって、恋愛だってそのもとに

無縁の大悲があればちょっと変わるかもしれないと思います。

私達の行為の根源に、そのもとに無縁の大悲ということが自覚できるなら

すこしは世の中も変わるかもしれないと思うのですね。

それこそが本当の愛だと~

「坐禅に問う」 (木村太邦老大師)の本にも書かれています。

Img_6157

               ( 木の根っこから 春を待つ花たち ) 

明日のおみくじ         半吉

                     おいおいに立身すべきしるしあり

2017年2月10日 (金)

初午

雪が降ってきました。 

この辺りは滅多に雪が降らないのですが~積もるのでしょうか

2月最初午の日を「初午」としています。今年は12日の日曜日です。

ふるくから、稲荷詣 (初午詣)をする風習があります。

農業の農作祈願が始まりで 農作業初めの旧暦2月に行いました。

稲荷神社の稲荷大神の使いがキツネだったのできつねの大好物とされる

油揚げをお供えします。また、農耕の神様であったことから

東日本では、米俵の形のいなり寿司を

西日本では、きつねの耳の形の三角形いなり寿司としていただくようになった

そうです。油揚げで作ったいなり寿司を

おいなりさん」と呼ぶのはそこから由来しているのでしょうか  (Yahoo検索)
Img_6146
 
 明日のおみくじ   吉
 
 苦しき山路をこす旅人のごとし
 
 かんなん多けれども後かならずよかるべし

2017年2月 8日 (水)

トップリダーの重責

アメリカ前大統領 オバマ氏 カリブ海で「童心に返りバカンス満喫」と

サーフィンに興じてる写真が掲載されていました。

何とも屈託のない笑顔~

一国の総理大臣、ましてやアメリカ大統領となると大変・・・・・・

オバマ氏が大統領になった時四十代の若々しいかった当時

8年過ぎると頭に白にものが、色々な重責で大変だったんだな~と思わせるような

頂点までのぼりつめると、とても不安で孤独だそうです。

つねに、最終の決定を下さないといけないし~

東京は今、豊洲問題、3年後のオリンピック等々問題が山積していますね。

選ばれし人達の優秀な頭脳をもって、今後の活動に期待します。

Img_6135_2  
 
 梅一輪 一輪ほどの 暖かさ
 
 
 







    明日のおみくじ   吉
 
               気性をしっかり持ちて 物事をすれば 思いのままに

               成就すべし,
 人にたよるべから
 
 

2017年2月 6日 (月)

いぶし銀を目指して

暦のうえでは立春も過ぎましたが朝から風が強く寒く感じられます。

健康体操広場で、話題になった言葉を紹介します。

     「女の一生」

  二十代  美しく    三十代  強く     四十代  賢く

  五十代  豊かに   六十代  健康に   七十代  しなやなに

  八十代  つややかに    九十代  愛らしく     

 そしていぶし銀のように美しい百歳へ

  いぶし銀を目指して日々健康で頑張りましょう~

Img_6115

       今日のおみくじ  末吉


                                  決して望み失うべからず





2017年2月 3日 (金)

節分

今日3日は節分です。

昔 季節の変わり目に邪気(鬼が生じると考えられいて)   

それを追い払うための行事が執り行われました。

魔の目(魔目=まめ)

その年が無病息災で過ごせるように豆を撒くようになりました。

豆は煎った豆でなければなりません。

生の豆だとそこから芽がでてきて「魔から目が出てくることで大変縁起が

悪いとされています。

「福は内 鬼は外」と声をだしながら豆をまき

自分の数え年の数だけ豆を食べ

一年間 無病息災  健康で過ごせますように・・・・・・・・

Img_6128_3
 
              昨年檀家さんに頂いたお雛様です。
 
              手作りのとても愛らしいお人形様達
 
 
  明日のおみくじ   吉
 
              時をこえて立身出世すべし
 

2017年2月 1日 (水)

二月一日

今日から二月 「如月」  寒さもこれからが本番です

1月もあっという間に過ぎ

今日2月1日は、「二月礼者」「重ね正月」「一夜正月」 言われる風習があります。

「二月礼者」とは、お正月に仕事の関係などで、年始回りが出来なかったため

二月一日に年賀に回る人のこと。

また「重ね正月」 「一夜正月」 とは

数え年では、お正月に年齢がかわるが

2月1日は正月後最初の朔日(さくじつ=1日)であることから

2度目の正月として、厄年となる人に仮に一つ歳をとらせて、

早く厄年をやり過ごそうとする風習が広く行われたそうです。

この日を「重ね正月」 「一夜正月」と呼ぶそうです。

忌み嫌われる厄年を1年続くはずの厄年がたった1ヵ月でおわり

早く済ましてしまおうと先人の知恵なのでしょうか~

Img_6116
 
        明日のおみくじ   大吉

                              何事にも控目にして 決して油断あるべからず

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »