« 枝垂れ梅 | トップページ | 耳の日 »

2017年3月 1日 (水)

対一説

3月(弥生)  弥生の由来は、「草木がいよいよ生い茂る月」という意味です。

「木草(きくさ)弥(い)や生(お)ひ茂る月が詰まって「やよい」になったという説

3月の暦に「対一説」 (たいいっせつ) 禅語が書かれています。

大意は、人と会話する時、美しい言葉を連ねて細工しても、

心がなければ聞く人の心に響かない。たとえ素朴な言葉で、

流暢な話しぶりでなくとも、
そこに事実があれば感動を与える。

その事実がある話を「対一説」というのである。

日常の「おはようございます」 「こんにちわ」 「ありがとう」 といった

何気ない挨拶言葉も 「対一説」の心でありたいと思います。

Img_6207
 
(  鎌倉 建長寺派管長 吉田正道老師 ) 禅各派 管長 師家 墨蹟 より引用

   明日のおみくじ    

                心ざしを みがきはげめば

                それ相応に用いられ 仕合せすべし



« 枝垂れ梅 | トップページ | 耳の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/69766437

この記事へのトラックバック一覧です: 対一説:

« 枝垂れ梅 | トップページ | 耳の日 »