« 彼岸の入り | トップページ | 桜の開花発表 »

2017年3月20日 (月)

春季彼岸合同法要

慶明寺本堂にて春の彼岸法要が行われました。

暖かいお天気に恵まれたくさんの方の参列頂きましてありがとうございました。

今回は荒木彩歌さんのピアノ演奏で(春のメドレー)を弾いていただきました。

モーツァルト ロンド二長調 K485  

中田喜直  夕方のうた・風の即興曲

ラフマニノフ 前奏曲作品23番第5番

又皆さんと一緒に春の小川・ふるさとを合唱しました。

アンコールではデズニーのアラジンから 「ホール ニューワールド」を

演奏していただきました。

御詠歌の方のお琴の音色、ピアノ演奏など、

うららかな春のひとときを楽しまれたのではないでしょうか~

Img_6328
 Img_6324_3
 





  Img_6354_2



 
  禅語 カルタより   「主人公」

「主人公」とは物語の主役という意味ではなく

「本来の自己」のことを指します。

心の乱れや迷いに惑わされず理想の姿に近ずこうとする本来備わった素質

それが「本当の自分=主人公」なのです。

« 彼岸の入り | トップページ | 桜の開花発表 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/69987062

この記事へのトラックバック一覧です: 春季彼岸合同法要:

« 彼岸の入り | トップページ | 桜の開花発表 »