« 芍薬 | トップページ | いいから いいから »

2017年5月22日 (月)

念ずれば花ひらく

山門近くの掲示板のことば 「念ずれば花ひらく」  坂村真民 

これは「目の前にある事を一生懸命やる」ということです。

「念」という字を分解すると、「今」 「心」になります。

「今、目の前にある事を一生懸命やること」ということです。

【念ずれば 花ひらく】


苦しいとき 母がいつも口にしていた このことばを

わたしもいつのころからか となえるようになった そうしてそのたび

わたしの花がふしぎと ひとつひとつ ひらいていった
 
坂村真民 (さかむら しんみん)

知人の方が、何か月間お会いすることがないので、

心配していたら、急性の癌で手術されていました。

今、抗がん剤治療をされているそうです。

昨日 暑い日中 自転車に乗って、集まりに突然顔を出されました。 ‼

病気の症状、経過などをお聞きしてして

手術をどうしようかと思っていたら~

「お婆ちゃん、僕の命 半分あげるから」とお孫さんの一言に

手術して病気に立ち向かい 元気になろうと思われたそうです。

今はまだ自宅療養中なのですが、お顔をみたらお元気そうでひと安心

言葉のパワーてすごいですね。
Img_6710

« 芍薬 | トップページ | いいから いいから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/70636953

この記事へのトラックバック一覧です: 念ずれば花ひらく:

« 芍薬 | トップページ | いいから いいから »