« あじさい | トップページ | 歩行力 »

2017年5月27日 (土)

ツバキ文具店

今、放送されている好きなドラマのひとつ「ツバキ文具店」です。

小川糸さん本屋大賞にノミネートされてた本がドラマになっております。 

鎌倉の小高い山の麓にある小さな文具店のお話

厳しい先代(祖母)と中違いをして、家を飛び出します。

8年後、亡くなった祖母からツバキ文具店兼代書屋を

引き継ぐことになった孫の鳩子(ぽっぽちゃん) 

代書屋とは自分では書けない手紙を本人に代わって書くお仕事

「伝えたくても 伝えられない 大切な人への想い」

これが孫が祖母から受け継いだ想い

代書をする時の凛とした姿勢に感動します

友人にあてた祖母の手紙から

厳しかった祖母の隠された愛情に気づいていく孫の鳩子

ゆっくりした時間の流れを感じることができる物語

メールもいいけど、このドラマを見て手紙いいですね。

私も両親からもらった手紙大事においています。

文章の最後 ~でしょう が ~でせうになっていて時代を感じますが~

Img_6720



« あじさい | トップページ | 歩行力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/70686060

この記事へのトラックバック一覧です: ツバキ文具店:

« あじさい | トップページ | 歩行力 »