« 髪供養 | トップページ | スズラン »

2017年5月10日 (水)

藤の花

山門近くの藤の花も散り始めました。

藤は樹齢がとても長く、日本各地に何百年の藤があります。

中でも埼玉県春日部市の藤公園にある「牛島の藤」は

樹齢がなんと 1200年あまり 特別天然記念物に指定されているそうです。

つるがしっかり巻き付いて育つ様子から「決して離れない」という

花言葉をもつようになりました。「歓迎」と言う花言葉は、

垂れ下がる花穂が頭を下げて客人を迎え入れる

振袖姿の女性に見えることに由来しています。

藤の花は、マメ科の植物で、油と相性もよく天ぷらにも適しているそうです。

衣を薄つけにして花の紫が透けて見た目もきれいです。

またおひたしや酢の物にするとさわやかな香が広がり、

香り・目 と 楽しむことができます。 おいしそうですね

 Img_6676

Img_6672
         禅語カルタより   明暦々露堂々 (めいれきれきどうどう)

     すべては歴々として明らかで隠し立てなく

     目の前に 堂々と露(あらわ)れている

« 髪供養 | トップページ | スズラン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/70523190

この記事へのトラックバック一覧です: 藤の花:

« 髪供養 | トップページ | スズラン »