« 額紫陽花 | トップページ | ジュニア達の活躍 »

2017年6月14日 (水)

心の健康法

カラットしたお天気が続き、窓を開けていると少しヒンヤリとしています。

人の心は移ろいやすいものです。

ちょっとしたことで、幸せな気分になったり、体調がすぐれないと

落ち込んだりと日々変わります。

禅語カルタより應無所住 而生其心 (おうむしょじゅう にしょうごしん)

言葉の意味を検索してみました。  (Yahoo検索)

何ものにもとらわれない心で、すべてにあたれという意味なのです。

心ひとつにとどめず自在に動かしてどこにでも動きたいように動ける

状態にして、何が起きても臨機応変に対処できる心でいなさいと

心が変化、動きつづけるからこそ人は生けていけるのだと

嬉しい時は喜び、怒るべきとろこは怒って、悲しい時は悲しみ

心が永遠にとどまっていたら、人間らしく生きていけないと書いてありました。


息をつめないで、ふう~と息を吐き 

自分の感情をを上手くコントロールすることが心の健康の秘訣かな・・・・・

Img_6771


« 額紫陽花 | トップページ | ジュニア達の活躍 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/70859202

この記事へのトラックバック一覧です: 心の健康法:

« 額紫陽花 | トップページ | ジュニア達の活躍 »