« ふるさと | トップページ | 六地蔵 »

2017年8月18日 (金)

宇宙から聞く

早朝、大きな雷の音で目が覚めましたね

10日合同法要での木村老大師の法話をお伝えします。

世界に禅を広めつくした鈴木大拙(すずきだいせつ)さんのお話をされました。

ある時、鈴木先生は、机をたたき少女にどこで聞いたか尋ねられました。

少女は、「私は賢いですから耳で聞いたなどと申しません」と言い

「身体中で聞きました」と返答

鈴木先生は、「けちくさいぞ」 
「宇宙から聞くんだ」と

耳をとおして、しっかり音をとらえる とりもなおさず身体中を耳にして聞き

もう一つやぶって宇宙から聞くということが生まれる~

「宇宙から聞く」  けして自分だけのことではなく

周りの人達も一緒に幸せになる方法を捜す

大きな力を一人一人もっていく

それをもちだせば出来ない事はない~

私達の命は大きくもなり小さくもなる

心の働きこそが命、その時、その場によって命の働きが1番大事なんだ

宇宙から、見たり聞いたりすること自分の全部をつくす

自分の限界をしることによって、宇宙から力が働いて

間違いのない世界導いてくれる。 それこそが、私達命のありよう

宗教、禅、大事にすることが教えのひとつ

私達はどんな苦しみや災いを解決しながら生きて行く

病を持ちながらも生きて行く  その力を引き出すことが宗教

「宗教の力が問われていると」 力づよく言われていました。

Img_7052








« ふるさと | トップページ | 六地蔵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/71456213

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙から聞く:

« ふるさと | トップページ | 六地蔵 »