« 文化の日 | トップページ | いい歯の日 »

2017年11月 6日 (月)

満月

4日の満月はとても綺麗でしたね

満月を見たい為に池の周りを歩きました。

雲もなく大きなオレンジ色のお月さまで

頑張って歩いたご褒美かな~と笑いながら散歩

「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出(い)でし月かも」

阿倍仲麻呂が詠んだ百人一首で有名なうたです。

このうたは、阿倍仲麻呂が十代で遣唐使として派遣され海を渡り

35年の月日が経ち帰国が許された時

送別の宴の中、月を見て詠んだ歌です。

大空を仰いで見ると月が出ているあの月は

かって故郷の春日の三笠山に出ている月と同じように出ているのである。

しかし帰国の途中船は、難破して今のベトナムに漂流します。

日本に帰ることなく唐の都長安で、70代の生涯を終えたそうです。

そんなドラマがあったことを知り仲麻呂の望郷の念 感慨深い思いを知りました。

      クリックすると新しいウィンドウで開きます

                                        (Yahooより検索)

« 文化の日 | トップページ | いい歯の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/72149021

この記事へのトラックバック一覧です: 満月:

« 文化の日 | トップページ | いい歯の日 »