« しおや歩き回り音楽会 | トップページ | 師走 »

2017年11月29日 (水)

紅葉

山門近くのモミジが見頃です。

奈良時代「こうよう」は「黄葉」と書いていたそうです。

ある意味で「イチョウ」や「稲の黄金色」ということが念頭にあったことから

この漢字が充てられたと思われます。

奈良時代は、柳、イチョウが主流であったのではないでしょうか

平安時代に庭園や寺院を作る時には、モミジを中心に植えて、

人工的に庭園を形成するようになりました。

当時山賊が出るかもしれない山まで紅葉を見に行くことはしませんでした。

平安以降大規模に楓紅葉(かえで もみじ)を中心に

庭園・山野を形作ったものを千年を超えた今

観光地として人々が訪れ秋の風情を満喫しています。

Img_7347






« しおや歩き回り音楽会 | トップページ | 師走 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉:

« しおや歩き回り音楽会 | トップページ | 師走 »