« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

春の嵐

春のような陽気~4月のようなお天気です。

しかし、夕方から明日にかけて台風のような

全国的に春の嵐になるそうですが・・・・・・・

暖かくなる3月頃から5月にかけて春の陽気に誘われて

低気圧が急速に発達しして、「春の嵐」 「メイムストーム」と

呼ばれる台風なみの暴風や猛吹雪が発生しやすくなるそうです。

西日本では、傘がさせなくなるような暴風雨になるそうです。

暴風雨には気をつけて下さいね。

Img_7470



2018年2月26日 (月)

オリンピック閉会式

冬季オリンピック閉会式が行われました。

ドローン群体飛行によるショー

ドロンで描いたマスコットキャラクターのスホランが、ハートの形に変わる

技術 すごい ⁉ 

開会式・閉会式とてもよかったですね~

子供の頃、1964年東京オリンピックの開会式に青い空に 

ブルーインパレスが五輪を描いたのが今でも記憶に残っています。

閉会式は、あまり覚えていないのですが、

今のように自由な形に行進するようになったのは、

東京オリンピックの閉会式からだそうです。

当時、閉会式は、開会式と同じように整然と国別に行進する

予定だったのですが、リラックスした各国の選手が係員の指示に従わず

そのまま閉会式になだれ込む形になったそうです。

別国の選手を肩車したり、踊る選手達、カメラでお互い撮影したり

かってオリンピックの閉会式にはなかったかた秩序のない形でしたが、

「平和の祭典」という感じで和気あいあいとした雰囲気が好評だったため

今のように自由な形が採用されるようになったそうです。

「禍を転じて・・・・・・・」 「計算外のハプニング」 

しかし、今のような閉会式のスタイルが54年前の東京オリンピックからとは~

2020年東京オリンピックには、何を見せてくれるのでしょうか

今度は、日本が世界中の人達をお迎えする側にたちます。

お も て な し の 心  今からとても楽しみ~

Img_7469

2018年2月23日 (金)

国旗 

オリンピックの表彰式の時、国歌と共に国旗が揚がります。

日本の国旗、白地に紅色の丸の日章旗が揚がると単純な

デザインなのですがとても美しく感じますね。

日本でも平安時代の末期までは赤地に金丸だったようです。

一説には、源平合戦の結果が影響しているともいわれています。

また、日本古来より「紅白」がめでたい配色とされていたことから

「白地に赤丸」になったという説 

江戸時代末期に船舶の国籍標識として「日の丸」が導入され

その後、船舶にかぎらず日本の国籍として示す旗として一般化しました。

明治時代、日の丸デザインがとても美しく洗練されていることから

イギリス、フランス、オランダ「日の丸を500万(現在の200億)で

売ってほしいと依頼されたこともあったそうです。

当時明治政府は、喉から手が出るほど欲しいお金でしたが

国旗を売り渡すことは国家を売り渡すと同じ 申し出を断ったそうです。

それまでの日の丸は、特に決まりがなかったため

紅白の比率とデザインは、適当でした。

正式に日本の国旗として定められたのは、

平成11年「国旗および国歌に関する法律」が公布されてから

旗の縦横比、色地が決まりました。

紅色→ 博愛・活力  白色→神聖と純潔を意味します。

日の丸の起源は、すごく古いのですが

法律で定められたのが平成になったからとはびっくり ‼ です。

歴史的な出来事や人々の思いによって現在の形になった国旗

    感慨深いものがこみあげてきます。
    
                 「日本の 国旗」の画像検索結果
                                (Yahoo検索)




2018年2月21日 (水)

三寒四温

2月のこの時期、寒い日が三日ぐらい続くとその後

比較的に暖かい日が四日続くということを繰り返しながら

冬から春へと迎います。昨日、今日は、暖かです。

三寒四温の四温のほうでしょうか


庭の水仙もたくさんの芽が出てきました。

つぼみも見つけました。


思わず嬉しくなりますね~ o(*^▽^*)o

寒い寒いと言いながらも植物たちは、春に向かっていますね

Img_7461

 

2018年2月19日 (月)

メダルのおもさ

今日暦では、雨水の日にあたります。

雨水とは、雪が雨に変わり春に向かっていく節目とされています。

昔は、農作物の準備を始めたりしました。

しかし、まだまだ寒い日が続いています。

でも、冬季オリンピックは熱戦が続いています。

土曜日フィギュアスケート男子で、羽生結弦選手金メダル

宇野昌磨選手銀メダル両選手の演技

何度も何度も見ては涙し感動しました。

金メダルは、「いろんなものを犠牲にしてがんばってきたご褒美」
 
「挑戦者だった4年前とは違う とらなくてはいけないという使命感」

痛みとの闘いだったとは、あの素晴らしい演技から感じませんでした。

演技が終わった後、頑張った 右足首に手が~

羽生選手の金メダル連覇は66年ぶり、また

冬季オリンピック1000個目の金メダルとなったそうです。

スピードスケートの小平選手金メダルにも感動しましたね。

いっぱいの 感動・勇気 有難うございました。


Img_7454

2018年2月16日 (金)

オリンピック選手

連日オリンピックの競技が放送されています。

今現在メダルの数 銀 4個 銅 3個 です。

私達は、メダルの数などとても気になりますが

選手の皆さんは、限界ギリギリの状態で挑戦されて

いらっしゃることと思います。

選手の方の中で、怪我を克服してオリンピックに出場

「メダルの重たさをひしひしと感じます」。と言われ

「まわりの皆さんのおかげです」

「この4年長かった」ともコメントされていました。

平野歩夢選手は、憧れのショーン選手とオリンピックで互角の試合を

ショーン選手は、「(ダブルコーク1440を)歩夢がやっているのを見たことで

今日、自分もやるというモチベーションが生まれた。

歩夢には、ライバルとして自分を後押ししてくれたことに感謝している。

とてもうれしいよ。」とコメント

平野選手も「素直に今回ショーンが滑って、ショーン自身も過去一番の

滑りだったと思うし、見ていてこれはやられてなあと。次も当然自分が

納得いく、これ以上の結果になるためやり続けられたらいい。」とコメント

結果平野選手は銀メダルだったのですが、

最高の2人のコメントに称賛したいと思います。

まだまだ競技が続きます。

選手にあたたかい声援を送りたいと思いました。


Img_7458


2018年2月14日 (水)

バレンタイン チョコ

今日2月14日は、バレンタインデーですね~

日本では、チョコレートの販売を増やそうとしたお菓子メーカーが

東京の英字新聞に出した広告が始まりだとされてます。

はるか昔チョコレートは、お薬として重宝されまた貨幣としても

使われていたそうです。

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールは活性酸素を

抑える働きがあり、生活習慣病にも有効です。

バレンタインの川柳で「義理なのか忖度なのか悩むチョコ」

何はともあれ義理チョコにしても、「いつもお世話になっております。」

日頃の感謝の気持ちをチョコレートにたくし

イベントを楽しんだほうが人生も倍楽しですし

今や「贈る日」から 「楽しむ日」

女友達とバレンタインを楽しむ「ギャレンタイン」も盛り上がっているそうです。

                      「バレンタイン ...」の画像検索結果 

                                       (Yahooより検索)

2018年2月12日 (月)

同窓会

慶明寺本堂で和尚さんの平野小学校・中学校の同窓会がありました。

和尚さんの頃には、小学校、中学校と2クラスで、

小学校の2クラスがそのまま中学校にあがったそうです。

2クラスなので小学校の6年と中学校の三年

合計9年間2クラスで皆さん顔見知りで和気あいあいだったそうです。

恩師を入れて約30名の方々が参加されました。

お昼は、近くの仕出し屋さんからお弁当を取られ

ビンゴゲームされたり、カラオケされたりと

50年前の少年・少女にタイムスリップ・・・・・・

外は小雪が降っていましたが、本堂はおしゃべりに花が咲き大盛況でした。

本堂で全員揃ってハイ チーズ 📷
Img_7451
 
 

2018年2月 9日 (金)

冬季オリンピック開会式 

今夜韓国の平昌で、冬季オリンピックの開会式が行われます。

開会式のテーマ「平和 (ピースイン・モーション)」

開催国の韓国は、北朝鮮と合同チーム

「コリア」として入場する予定で、20時スタート

25日の閉会式まで、競技が行われます。

平昌オリンピックのマスコット「スホラン」

平昌パラリンピックのマスコット「バンダビ」

「すほらん」 スホ→守る  ラン→韓国語で虎を意味します。

挑戦する精神、情熱、信頼できる友

オリンピックに参加する全ての人を守るというシンボル

「バンダビ」 ツキノワグマを意味する言葉で、

強い意志、勇気のシンボル アスリートが自ら限界へ挑戦することを

応援するシンボルだそうです。

マスコット達にも深い意味があるのですね~

開会式が今からとても楽しみです。

    


                 (ウイキペディアより)






2018年2月 7日 (水)

インフルエンザ流行

毎日寒い日が続いていますね。

北陸福井県では、記録的な大雪で約1500台の車が

立往生して大変なことになっています。

また、空気が乾燥するこの季節インフルエンザも大流行しています。

今年はB型で比較的熱が高くなりにくいそうです。

外出先から帰宅すると、まず手洗い、うがいに気をつけましょう。

睡眠、栄養、休養を心掛けて

インフルエンザにかからないように

この季節乗り越えましょう~

Img_7437


2018年2月 5日 (月)

梅花百福兆

昨日は、暦のうえで立春 

「立春」とは春の始まりを意味するのですが

まだまだ寒さ厳しくピンときません

でも木々を見ると春に備えて蕾をたくさん蓄えています。

  梅花百福兆 (ばいかひゃくふくきざす) という禅語があります。

冷たい雪の中で梅の蕾のように困難な環境の中でもたくさんの福が

隠れているという意味だそです。

梅は厳冬にさくことから厳しい状況でも笑顔を絶やさない人の

意味もあるそうです。 2月5日は、笑顔の日

  寒い時期顔もこわばってしまいますが

  鏡を見てニッコリ・・・・・・・・ 
o(*^▽^*)o 

Img_6181

   慶明寺の庭にも枝垂れ梅があったのですか、根元が枯れてしまいました。

    この時期から3月にかけてとても楽しみだったのですが残念です。

     この写真は、昨年の今頃の写真です。

   


2018年2月 2日 (金)

恵方

2月に入りました。明日は節分です。

恵方の方角は、どのようして決まるのでしょうか?

「恵方」とは、歳神さまがやってくる方角です。

恵方の方角は一切の厄が祓われ幸せになるとされています。

恵方は、その年の暦の六十干支に関係します。

2018年の暦は、「戊戌 (つちのえのいぬ)」です。

ゆえに「丙」の方角 「南南東やや南」

今年の「恵方」は 南南東 

2018年 9という数字にご縁がある年で、

願い事を9回心の中で唱えてから恵方巻を食べると福が厚くなるそうです。


Img_7429_2

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »