« 恵方 | トップページ | インフルエンザ流行 »

2018年2月 5日 (月)

梅花百福兆

昨日は、暦のうえで立春 

「立春」とは春の始まりを意味するのですが

まだまだ寒さ厳しくピンときません

でも木々を見ると春に備えて蕾をたくさん蓄えています。

  梅花百福兆 (ばいかひゃくふくきざす) という禅語があります。

冷たい雪の中で梅の蕾のように困難な環境の中でもたくさんの福が

隠れているという意味だそです。

梅は厳冬にさくことから厳しい状況でも笑顔を絶やさない人の

意味もあるそうです。 2月5日は、笑顔の日

  寒い時期顔もこわばってしまいますが

  鏡を見てニッコリ・・・・・・・・ 
o(*^▽^*)o 

Img_6181

   慶明寺の庭にも枝垂れ梅があったのですか、根元が枯れてしまいました。

    この時期から3月にかけてとても楽しみだったのですが残念です。

     この写真は、昨年の今頃の写真です。

   


« 恵方 | トップページ | インフルエンザ流行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅花百福兆:

« 恵方 | トップページ | インフルエンザ流行 »