« 日々是好日 | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

2018年6月11日 (月)

時の大切さ

少し汗ばむお天気ですが、雨がふるのでしょうか~

昨日は、時の記念日でしたね

慶明寺では、朝6時と夕方6時に鐘をならします。

秋分の日を過ぎると夕方5時に変わります。

江戸時代お城やお寺の鐘で庶民は時を知ることが多かったそうです。

明治時代頃まで、日本人は時間にルーズだったそうです。

時の記念日が制定されて現在のように時間を正確に

守れるようになったそうです。

日本の鉄道や空港の時間の正確さは世界一といわれています。

その要因のひとつが時の記念日の制定ともいわれています。

だれにでも平等に与えられた時間その時間を守ることの大切さ

限られた時間を大切にしたいと思います。

Img_7808

   禅語カルタ   光陰可惜 (こういん おしむべし)

 過ぎて行く時間は、一瞬を惜しみ今を大切に生きなければならない。  












« 日々是好日 | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/73663054

この記事へのトラックバック一覧です: 時の大切さ:

« 日々是好日 | トップページ | 梅雨の晴れ間 »