« 褒めじょうず | トップページ | 虫の日 »

2018年6月 1日 (金)

水無月

6月に入りました。 旧暦で「水無月」

6月なのに水なし月と思いがちですが、実は水が無いという意味ではありません。

昔の読み方では、「無」というのは 「~の」という使い方をしているので

「水の月」という意味合いを持っています。

6月は田植えも終わり水田には水が張ってある季節でもあるので

「水張り月」という解釈もあったのでしょう。

又、「みなづき」は、農事が一応区切りがついたということで

「農事みなつきる」とか「5月に植えた苗がみなつきる」のこととも。

梅雨のじめじめしたいやな季節   でも稲作にはとても貴重な雨

蛍がとびかい、紫陽花、菖蒲の花さく季節

            六月の海見ゆるなり寺の庭

                 正岡子規

Img_7775

          禅語

          水上青々翠  (すいじょう せいせいたる みどり)

            浮草は、どこに流されようといききとした青さを失わずに美しい

« 褒めじょうず | トップページ | 虫の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1635138/73599465

この記事へのトラックバック一覧です: 水無月:

« 褒めじょうず | トップページ | 虫の日 »