カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の1543件の投稿

2017年9月25日 (月)

彼岸花

彼岸の季節の頃、田んぼの畦道、土手で見かけることの多い花、

これは、モグラや野ネズミがあぜ道や土手に穴を開けるのを

彼岸花の毒性のある球根を植えることで防ぐためだそうです。

昔、遺体を土葬した時代、動物に掘り返しされないため

ネズミやモグラから守るために彼岸花を植えたそうです。

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)は、サンスクリット語で

天界に咲く花という意味があります。

おめでたい事が起こる、兆しに赤い花が天から降ってくるという

仏教の経典からきています。

Img_7152

 「曼珠沙華咲いて ここが私の寝るところ」   種田山頭火

2017年9月23日 (土)

秋季合同法要

今日慶明寺本堂にて秋季合同法要が執り行われました。

昨日の雨もあがり暑くもなくいいお天気に恵まれました。

ピアノ演奏ソロでは、ベートーベン ソナタ第8番「悲愴」第2楽章

連弾では、「紅葉の彩り」「秋の虫たち」

ピアノ演奏で、皆さんと一緒に「赤とんぼ」「夕焼け小焼け」

「見上げてごらん夜の星を」「青い山脈」最後に「ふるさと」を全員で歌いました。

懐かしい曲ばかりなので、色々なことを思い出されたのではないでしょうか~

来年の春季合同法要にまたお元気でお会いいたしましょう。
 
Img_7113_4 Img_7129_4








 
   Img_7134_4


Img_7139


2017年9月22日 (金)

秋の合同法要

明日、23日秋季合同法要です。

お昼前頃から、雨が降りはじめました。

20日からお彼岸の入りなので、お墓参りに来られています。

明日の合同法要には、ピアノ演奏もあります。

芸術の秋なので是非楽しみにして下さい

明日はどうぞいいお天気になりますように~

気をつけてお越し下さい。

Img_7105_2

2017年9月20日 (水)

台風一過

この週末近畿地方に台風18号が明石付近に上陸して夕方から

雨、風、が激しくなり、家中のスマホ(緊急事態)が

いっせいに鳴りはじめました。

三連休に海外旅行に行かれた方は、帰りの飛行機が飛ばないで

翌日になった方や、空港で足止めされた方もいらしゃたそうです。

その翌日は、まさに台風一過でお天気もよく日中は暑いくらいでした。

もうすぐ稲刈りの季節です。

沖縄 九州 西日本 東北 北海道と日本縦断しながら、

各地に被害をもたらし温帯低気圧に変わっていったそうです。

いつもながら、自然の力に脅威を感じます。
Img_7109


2017年9月15日 (金)

敬老の日

9月17日は、敬老の日です。

100歳の方が全国で6万人もいらしゃるそうです。

先日100歳の方が畑仕事をされた映像を見て、びっくりしました。

孔子が開いた儒教では、「人は老いるほど豊になる」という思想を打ち出し

「敬老精神」というものが重視されました。その敬老精神が

日本で最も大きく花開いたのが江戸時代でした。


儒教の考えが武士から町人にまで浸透し、江戸の人々は親孝行に

努め、老人を大切にしました。

徳川家康も75歳まで生きたことは、皆さんご存知のこととでしょう

今でいえば100歳ぐらいの長寿だそうです。

「老い」というものに価値を置いたわけで

幕府の組織をつくるにあたって、将軍につぐ要職を「大老」その次に「老中」

藩主に次いで、「家老」・・・・・・・・「老」という文字を大切にしていたのです。

町人達は、「ご隠居」として色々と知恵を借りてました。

現代の
日本は「好若社会」だと・・・・・・・・ (Yahoo検索)

昔は、自然のリズムにそってゆっくりと時間が流れていたように思えますが

現在は、スピードの時代で、機械化され価値観などが、

変化してきているように思えます。
 
「全自動洗濯機の使用方法がわからない」とよく祖母が言ってました。

敬老の日 おじいちゃん、おばあちゃんに会いに行かれるか

お電話でも、喜ばれるのではないでしょうか~

Img_7104








2017年9月13日 (水)

虫の声

朝の涼しい内、お墓の方から虫の声が聞こえてきます。

スイッチョン・・・・・・ウマオイ でしょうか~

虫の声には、リラックス効果があるそうです。

虫の鳴き声をきくと、脳からα波が出るからだそうです。

その虫たちの鳴き声をかき消すかのように保育園の子供達が

心臓破りの坂を元気な声で「ワーワー」言いながらかけて行きました。

暫くして静けさが戻り、虫たちはまた鳴きはじめました。

鈴虫やコオロギなどは、夜行性なので夜に

鳴き声が聞こえてくることが多いです。

今から、秋の夜長を虫たちの声で癒されて

快眠効果も期待できますよ~
 (^^♪

「夕月夜 心もしのみ 白露の 置くこの庭に虫 蟋蟀(こおろぎ)鳴くも」

                          湯原王 (ゆはらのおおきみ)

Img_7098

2017年9月11日 (月)

一期一笑

お寺の周りにもたくさんのトンボが飛んでいます。

カメラのシャッターを押しても早くてなかなか撮れません~

先日、明石の市民会館で、桂文珍 「一期一笑」 独演会

新作落語を聞きにいきました。

私達を含め年配の方々が多く車椅子の方も見えけられました。

会場は、ほぼ満席状態  「一期一会」でなく「一期一笑」

会場が一体となって大笑い・・・・・・・

二時間たくさんの(笑)をいただきました。

新作落語三話もいいけれど

古典落語もひとつくらい入れて欲しかった~

Img_7082








2017年9月 8日 (金)

白露

昨日は、雨がよく降りましたね~

ちょうど雨の降り方が激しい時、お墓でのお参りがありました。

雷もなり、心配していたのですが、お参りの皆さんが降りられた時

雨も小降りになり本堂での法要の時、雨はあがっていました。

また七日は、白露でした。

白露とは露が降り、白くかがやくように見える頃という意味です。

夜の気温がぐっと下がって空気中の水蒸気が冷やされると

水滴になって葉や草花につくようになり、朝露がおり始める時期を

あらわしています。昨夜はすこし蒸し暑く

日中は、まだまだあついのですが、

少しづつですが秋にむかっています。


Img_7095

2017年9月 6日 (水)

秋の七草

春の七草は、お正月明けの7日七草粥にして食べます。

万病を避けて、元気に過ごせるように~無病息災を祈願するものでしたが、

秋の七草は、花を見て楽しむ観賞用のものです。

「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七草の花

萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなへし また藤 袴 朝顔が花」

                                (万葉集  山上憶良)

秋の七草 ハギ ススキ クズ カワラナデシコ オミナエシ 

フジバカマ キキョウ 朝顔はキキョウではなく、

ムクゲヤヒルガオとする説があります。

秋の七草を探して楽しんで下さい。

                                        (Yahoo検索)

          秋の七草のひとつ、桔梗です。紫の花が愛らしくて綺麗です。家紋などにも用いられています。明智光秀の家紋...

2017年9月 4日 (月)

関西国際空港開港記念日

9月に入ってだいぶ凌ぎやすくなりましたね~

9月の長月の由来は、「夜長月」の略であるとされています。

今日9月4日、関西国際空港開港記念日です。

1994年9月4日に関西国際空港が開港しました。

当時世界初の本格的な海上空港であり、日本初の24時間運輸空港です。

関西空港の凄いところは、ロストバゲージを全く出さないという点にあります。

ロストバゲージとは、空港に到着してから預けた荷物が出てこなくなったり

または、預けた荷物が遅延したりすることを指す言葉です。

関西国際空港では、年間のロストバゲージがゼロ

「荷物取扱い世界一」という称号が贈られることとなったそうです。

現場の職員さんの努力の賜物ですね~

また、機内食が思ったより美味しくなかったり、不味く感じるのは

標高が高くなればなるほど「味蕾」 (味を感じる舌の器官)の

働きが鈍くなってしまうからだそうです。   (雑学COMより検索)

機内食が、美味しくないのは、標高だとわかり納得しました。    

Img_7092





より以前の記事一覧

その他のカテゴリー