カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の1656件の投稿

2018年6月22日 (金)

ジブリ博覧会

昨日は、夏至でしたね。

夜半月だったのですが、とても明るいかったように思えました。

今、兵庫県立美術館でジブリ博覧会が7月1日まで開催しています。

先日、土曜日の午後行ったのですが、

大人、子供とたくさんの人が並んでいました。

三歳の孫と一緒だったので、どうしょうかと迷っていたのですが

ジッと一緒に30分以上並んでくれました。

中に入ると自慢げにこれ「ポニョ」 「トトロ」 といいながら

説明してくれます。唯一、「ねこバス」に触って乗れるのですが、

これまた大勢の人が並んでます。

自分自身に言い聞かせるように~「また乗ろうね」 

それを聞いて、随分成長したなぁ~と感心

ババ馬鹿でしょうか~

孫だけでなく私もジブリの映画大好きなので

童心に返り楽しいひと時でした。

   

         となりのトトロの(ねこバス)

   禅語カルタ  好事不如無(こうじも なきにしかず)
 
   どんなよいことでもそれに捉われの心を起こすようでは
   むしろ無いに越したことはない

2018年6月20日 (水)

夏の行事の準備

FIFAワールドカップロシア昨夜、初戦コロンビア戦に日本代表が


勝利しましたね。久しぶりの明るいニュース

この調子で勝ち進んで欲しいですよね~

お寺では7月から8月にかけての行事予定がいっぱいです。

その為の準備も進んでいます。

先日六地蔵霊場巡りの各お寺さんの集まりもありました。

7月16日(祝)の夏祭りのポスターも出来あがりました。

いつも暑い中、大勢の方に来ていただいております。

今年もご近所お誘い合せの上是非いらして下さい。

Img_7830_2
       禅語カルタ  無功徳(むくどく)  

   どんなに努力しても、どれほど善行を積んでも、それが果報(功徳)を

   期待してものであってはいけない。







2018年6月18日 (月)

大阪北部地震

朝、8時前にスマホの地震警報が鳴り始め2・3秒後ゆれはじめました。

思わず近くの食器棚を抑えていました。

新幹線、在来線など各地で運転を見合わせているそうです。

停電、火事、時間が経つにつれて地震の被害報告が寄せられています。

周辺には、有馬ー高槻断層帯があり、1596年にマグニチュード7.5の

地震が起きたとされています。今回の震源周辺で地震活動が

活発になっているので、1週間同じ規模の地震が起きる可能性があるとして

注意を呼び掛けているそうです。

阪神淡路大震災のことが蘇り、改めてもう一度我が家の地震対策を

考え直さなければと思いました。

Img_7827
        禅語カルタ  行雲流水(こううん りゅうすい)
       

         一事に執着せず、自然にまかせて行動する。

2018年6月15日 (金)

父親のありがたさ

今週の17日の日曜日父の日ですね。

お父さんのこと好きですかの問いに「好き」と答えた人は45.5%で

「嫌い」14.2% 「どちらとも言えない」40.3%だそうです。

また、理想のお父さんは、第1位に「優しい」、2位は、「妻を大切にしている」

第3位は、「頭が良い」だそうです。

思春期は、父親がけむたい存在でもありますよね

でも、大人になるにつれ、家族を守るため定年退職まで40年間

大変だったのだと感謝しています。

自分も同じ年代になってはじめて親の有難さがわかってきました。

昔から「孝行したい時に 親はなし」 とはよく言ったものです。

是非とも父の日に感謝をこめて「ありがとう」の言葉をかけてあげて下さい。

Img_7819
    禅語カルタ   不易流行 (ふえき りゅうこう)

    いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも

        新しく変化を重ねていく流行性こそが不易の本質












2018年6月13日 (水)

梅雨の晴れ間

今日は朝から、梅雨の晴れ間のいいお天気です。

昨日シンガポールで、米朝首脳会談がありましたね

最初にお互いに握手から始まった会談

昨日の朝からずっとそのニュースが放送されていました。

非核化や経済制裁などを中心に行われた会談でしたが、

合意文章には、4項目だけで、北の人権問題や拉致に関しては

項目にはなく トランプ大統領は、拉致問題提起したことを明らかにしました。

今後日朝での話し合いになるのですが、

梅雨の晴れ間の青空のように、良い方へ解決してほしいですね。


Img_7801
       禅語カルタ     把手共行 (はしゅ きょうこう)

          一緒に手を取り合って目標を目指していきましょう







2018年6月11日 (月)

時の大切さ

少し汗ばむお天気ですが、雨がふるのでしょうか~

昨日は、時の記念日でしたね

慶明寺では、朝6時と夕方6時に鐘をならします。

秋分の日を過ぎると夕方5時に変わります。

江戸時代お城やお寺の鐘で庶民は時を知ることが多かったそうです。

明治時代頃まで、日本人は時間にルーズだったそうです。

時の記念日が制定されて現在のように時間を正確に

守れるようになったそうです。

日本の鉄道や空港の時間の正確さは世界一といわれています。

その要因のひとつが時の記念日の制定ともいわれています。

だれにでも平等に与えられた時間その時間を守ることの大切さ

限られた時間を大切にしたいと思います。

Img_7808

   禅語カルタ   光陰可惜 (こういん おしむべし)

 過ぎて行く時間は、一瞬を惜しみ今を大切に生きなければならない。  












2018年6月 8日 (金)

日々是好日

近畿地方も梅雨入りしましたね。

今から7月の中頃までの一か月間じめじめしたお天気が続きます。

先日、脳梗塞の後遺症を克服された

お友達から久しぶりの電話がありました。

最近、近場だと一人で出掛けることもできるようになり、

家事もゆっくりペースなのですが、出来るようになったこと

長時間立ったままの作業や食事の用意など

細かい作業もなかなか難しいようなので、

夕食は、宅配を利用しているそうです。

定年退職後は、田舎に帰りのんびりと暮らす計画だったのですが、

病気後、都心の便利なマンションで暮らすことにしたことなど

今までの近況報告もかねての電話

何年も何年もかかったリハビリ  「よく頑張ったね~」      

「気をつけてね  涼しくなったらお会いしましょね」

電話の後、彼女の明るい声にほっとしました。

    禅語カルタ  

    日々是好日 (にちにち これこうじつ)

      今一瞬一瞬を生きること

Img_7787

2018年6月 6日 (水)

6月の雨

昨日から、雨がシトシトと降っています。

四国地方では梅雨入りしたのですが、近畿地方もまもなく梅雨入り~

雨の日、お洗濯とか片付けは出来なくても 

お家で雨音を聞きながら

お茶を飲み、音楽を聞くのもおすすめです。

雨を歌った曲もたくさんあります。

小椋佳さんの「六月の雨」 

最初の歌いだしに  六月の雨には、六月の花咲く

花の姿は、変わるけれど 変わらぬ心を誓いながら・・・・・

何故か 雨の歌には、もの悲しい失恋の歌が多いような気がします。

雨の曲で、私的には、50年以上前の懐かしい曲

やはりカスケーズの
「悲しき雨音」が大好きです。

Img_7796
      禅語カルタ

      賓主互換 (ひんじゅ ごかん)

      お互いが自由自在に入れ替わること

    






2018年6月 4日 (月)

虫の日

6月4日(ムシ)語呂合わせで「虫の日」

漫画家の手塚治虫らによって設立された

「日本昆虫クラブ」が虫の住める街づくり」を目指して

提唱し
制定された記念日です。

世界には、全動物の種類250万種の60%にあたる150万種を超える

種類の虫がいるとされ、未知の新種も加えると300万種類の昆虫が

いるのではないかと言われているそうです。

我々の家にもクモ、ダニ、ムカデなど最大で、500種類ぐらい一緒に

住んでるらしく、予想を超えた数の生物が生息していることにビックリ
 ‼

小さな子供達は、虫が大好きで平気で触っていますが、

大人になると苦手な人が多いようです。

夏休み、虫取り網と虫かごを持っている子供達

最近あまり見かけなくなりましたね~

Img_7785
     
       禅語カルタ  安心立命 (あんじん りゅうみょう)
 
       心やすらかにして、どんな時にも動揺しないこと

2018年6月 1日 (金)

水無月

6月に入りました。 旧暦で「水無月」

6月なのに水なし月と思いがちですが、実は水が無いという意味ではありません。

昔の読み方では、「無」というのは 「~の」という使い方をしているので

「水の月」という意味合いを持っています。

6月は田植えも終わり水田には水が張ってある季節でもあるので

「水張り月」という解釈もあったのでしょう。

又、「みなづき」は、農事が一応区切りがついたということで

「農事みなつきる」とか「5月に植えた苗がみなつきる」のこととも。

梅雨のじめじめしたいやな季節   でも稲作にはとても貴重な雨

蛍がとびかい、紫陽花、菖蒲の花さく季節

            六月の海見ゆるなり寺の庭

                 正岡子規

Img_7775

          禅語

          水上青々翠  (すいじょう せいせいたる みどり)

            浮草は、どこに流されようといききとした青さを失わずに美しい

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー