カテゴリー「行事」の18件の投稿

2014年5月 8日 (木)

髪供養

雲ひとつない青空のもと髪供養が
050801

行われました。風が少し強く吹いて

いましたが爽やかなお天気に恵まれ、

無事に終えることが出来ました。

仏教において、人は亡くなると

仏様の弟子となります。出家し

弟子になりますという意味を込めて

亡き人の髪にハサミを入れるのです。

その髪を供養するため慶明寺では

毎年五月八日に髪供養として

髪を納める儀式を行っております。

仏教では宗派により違いはありますが、お坊さんが頭を丸めているのは

髪は煩悩と考えられているからだといいます。髪を剃ることで煩悩に

捉われない意思を表しているそうです。

また視点を変えて、神の国である日本では古くから「髪=神」という

考え方があり、髪は生命のシンボル、命の化身とされています。

海外においても髪には魂や霊力が宿るとされたり、邪気や悪霊が憑くと

されたり、宗教風習により様々な考え方があります。人の身体のうちに

髪ほどいろいろな捉え方がある部分も少ないのではないでしょうか。

2014年5月 1日 (木)

労働者の日

いよいよ五月に入りました。

今日はメーデーです。会社がお休みの方も

いらっしゃるのではないでしょうか。メーデーとはもともと

ヨーロッパで夏の訪れを祝う「五月祭」のことでした。

この日は労働者も使用者も仕事を休み、共に祝っていたと言います。

それが現在のメーデーへと転化し、「労働者の日」の誕生となりました。

現在の8時間労働が生まれたのもメーデーが関係しており、

1880年代一日12~14時間労働が当たり前だったアメリカで

「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、

残りの8時間はおれたちの好きなことのために」

という目標を掲げてストライキが行われました。そんな頃から

8時間労働が叫ばれていたことに驚きました。今日の私たちの

労働が守られているのは昔の人々の努力があってのことなのですね。

(ウィキペディア 参照)
0501
・ ・ 明日のおみくじ   吉

ただつくせ誠の心通じなば堅き岩をもつらぬかん

2013年9月23日 (月)

秋季彼岸法要

毎年恒例の秋季彼岸法要が今年も無事行われました。

Img_7063_convert_20130923132001

Img_7077_convert_20130923135301











Img_7082_convert_20130923140657

春のお彼岸でも演奏してくださったバイオリニストの

土井美佳さんの演奏が今回も行われました。

前回同様今日の演奏もとても素敵で、うっとりと聴き入ってしまいました(*´∀`)

「赤とんぼ」と「ふるさと」は土井さんの演奏にあわせて

全員で合唱、アンコールで弾いてくださった「少年時代」も

夏が終わった今の時期にぴったりでしたね。

またご縁があればぜひ演奏をお願いしたいです。

Img_7101_convert_20130923141150
明日のおみくじ  末吉

あらそいごと始めることなかれ

2013年8月24日 (土)

地蔵盆最終日

今日は地蔵盆の最終日でしたが、あいにくのお天気となってしまいました。

足元が悪い中来て下さった方、お参りご苦労様です。

Img_6685_convert_20130824123336_5



Img_6687_convert_20130824123544_2




六地蔵のお参りでは

般若心経を唱えます。

般若心経は浄土真宗や

日蓮宗では唱えられておらず、

真言宗や天台宗、禅宗といった宗派で 

特に重要視されています。

「般若心経」

観自在菩薩 (かんじざいぼさつ)

行深般若波羅蜜多時 (ぎょうじんはんにやはらみたじ)

照見五蘊皆空 (しょうけんごうんかいくう)

度一切苦厄 (どいっさいくやく)

舎利子 (しゃりし)

色不異空 (しきふいくう)

空不異色 (くうふいしき)

色即是空 (しきそくぜくう)

空即是色 (くうそくぜしき)

受想行識 (じゅそくぎょうしき)

亦復如是 (やくぶにょぜ)

舎利子 (しゃりし)

是諸法空想 (ぜしょほうくうそう)

不生不滅 (ふしょうふめつ)

不垢不浄 (ふくふじょう)

不増不減 (ふぞうふげん)

是故空中無色 (ぜこくうちゅうむしき)

無受想行識 (むじゅそうぎょうしき)

無限耳鼻舌身意 (むげんにびぜつしんに)

無色声香味触法 (むしきしょうこうみそくほう)

無限界乃至無意識界 (むげんかいないしむいしきかい)

無無明 (むむみょう)

亦無無明尽 (やくむむみょうじん)

乃至無老死 (ないしむろうし)

亦無老死尽 (やくむろうしじん)

無苦集滅道 (むくしゅうめつどう)

無知亦無得 (むちやくむとく)

以無所得故 (いむしょとくこ)

菩提薩垂 (ぼだいさった)

依般若波羅蜜多 (えはんにゃはらみた)

故心無圭礙 (こしんむけいげ)

無圭礙故無有恐怖 (むけいげこむうくふ)

遠離一切転倒夢想 (おんりいっさいてんどうむそう)

究境涅槃 (くきょうねはん)

三世諸仏 (さんぜしょぶつ)

依般若波羅蜜多故 (えはんにゃはらみたこ)

得阿耨多羅三藐三菩提 (とくあのくたらさんみゃくさんぼだい)

故知般若波羅蜜多 (こちはんにゃはらみた)

是大神呪 (ぜだいじんしゅ)

是大明呪 (ぜだいみょうしゅ)

是無上呪 (ぜむじょうしゅ)

是無等等呪 (ぜむとうどうしゅ)

能除一切苦 (のうじょいっさいく)

真実不虚 (しんじつふこ)

故説般若波羅蜜多呪 (こせつはんにゃはらみたしゅ)

即説呪曰 (そくせつしゅわしゅ)

羯諦羯諦波羅羯諦 (ぎゃていぎゃていはらぎゃてい)

波羅僧羯諦 (はらそうぎゃてい)

菩提僧莎訶 (ぼうじそわか)

般若心経 (はんにゃしんぎょう)

Img_6672_convert_20130824142644

明日のおみくじ  小吉

いいぶんあらそいひかえめにして後かつべし

2013年8月10日 (土)

盆合同法要

盆合同法要が行われました。

今年は例年よりも多い、約230人もの方がお参りに来られました。

祥福僧堂師家 木村太邦老大師の法話では諸行無常や花園帝お話などと絡めて

亡くなった人との繋がりについて説いて下さいました。

Img_6442_convert_20130810125506



Img_6440_convert_20130810125931

Img_6439_convert_20130810130255

Img_6431_convert_20130810132337

Img_6455_convert_20130810130944




2013年8月 2日 (金)

施餓鬼会

0802001

本日八月二日、慶明寺施餓鬼会が行われました。

八名の和尚様による法要で、今年初盆を迎えられます皆様が

ご出席されました。

0802011

0802015_2

0802002

0802005


0802004










0802008
0802014


0802010

寺役員皆様のご協力を頂いて、無事終えることができましたこと、お礼申し上げます。

ありがとうございました。

2013年4月 7日 (日)

花まつり

今日はお寺で花まつりを行いました。

Img_4231_convert_20130407113745
4月8日にお釈迦様が生まれた事をお祝いするため

全国の寺院で花まつりが行われます。

Img_4251_convert_20130407122515

花まつりの名前の由来は、

お釈迦様がルンビニーの花園という

色とりどりの花に囲まれた場所で

お生まれになったことから来ており、

Img_4254_convert_20130407131106_4


その時に甘い香りの雨が
降りそそぎ、

お釈迦様の身体を清めたので

花まつりでは花御堂のお釈迦様に

甘茶を注ぎます。

Img_4258_convert_20130407130812_5








明日のおみくじ  吉

人の相談にすぐのるべからず

2013年3月20日 (水)

春季彼岸法要

今日は春季彼岸法要が行われました。

Img_3739_convert_20130320153144_2今年は法要の後にはプロのヴァイオリニストである土井美佳さんのヴァイオリン演奏もありました。

曲目は

1.J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番より アダージョ・プレスト

2.エルガー  愛のあいさつ

3.BEGIN ・ 森山良子  涙そうそう

4.クライスラー 愛の喜び

でした。

クラッシックでも誰でも知っているような有名な曲を演奏していただき、また、

「涙そうそう」とアンコールで演奏された「この道」は土井さんのヴァイオリンに合わせて歌うなど楽しんで演奏を聴くことができました。

プロの方の演奏をあんなに間近で聞く機会はめったにないことなので皆さんにとっても、とても貴重な時間になったのではないかと思います。

Img_3811_convert_20130320162356

明日のおみくじ  吉

あせらずゆるく考えて事をなしてよし

2012年9月22日 (土)

秋季彼岸合同法要

秋季彼岸合同法要が慶明寺にて執り行われました。

Img_2761_convert_20120922145129_2

Img_2764_convert_20120922145749_2

Img_2772_convert_20120922150340_2

塩田 結女史による「関ヶ原の合戦」特に、当寺とも縁のある

宇喜多秀家公についてのお話もありました。

Img_2794_convert_20120922151015
初めて聞くようなことも多く、とても興味深いお話でした。

Img_2795_convert_20120922151558

2012年5月13日 (日)

母の日

今日5月13日は「母の日」です。

日本で初めて母の日を祝ったのは明治時代の教会だそうです。

昭和に入ると当時の皇后の誕生日が3月6日だったことから

その日を母の日としていました。

現在のように5月の第2日曜日に行われるようになったのは

戦後しばらくしてからだそうですよ。

 

母の日といえばカーネーションですよね(◎´∀`)ノ

カーネーションの花言葉は

赤「母への愛」 白「生きた愛情」 桃「熱愛」「大胆」 黄「軽蔑」です。

日頃の感謝を花に託してお母さんに贈ってみてはいかがでしょうか?

Img_1971_convert_20120513140514_2

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー