カテゴリー「仏像」の3件の投稿

2012年6月 3日 (日)

薬師如来

慶明寺のご本尊は薬師如来です。



薬師如来は西方極楽浄土の阿弥陀如来に対して東方浄瑠璃界の教主です。

名前に「薬」という文字が入っているように医薬を司る仏で、医王」の別名を持ち、

衆生の病気を治し、安楽を与える仏とされています。

このため、仏像も薬壷を持っているものが多いです。

この仏は菩薩であった頃、十二の大願を立てたとされ、

その七番目の願いに「病のものも私の名前を聞けば患いが除かれる」とあって、

これが薬師信仰の根拠とされています。

単独で祀られることは少なく、脇侍として日光菩薩と月光菩薩、

十二神将を従えてある事が多いです。

Photo_3











2012年5月17日 (木)

如意輪観音(にょいりんかんのん)

奈良の中宮寺の「如意輪観音」は、聖徳太子の母 間人皇后(はしひとこうごう)

の姿を写したものといわれ国宝とされています。

 

世界三大微笑の一つとされて、調和のとれた美しい姿が人気の像です。

「他の三大微笑像は?」といえば、モナリザと スフィンクスですから、

の日本の如意輪観音像がどれほど、素晴らしいか おわかりになる

はずです happy02

 

Photo
 

さて、昨日ブログに登場いたしました、「シャクヤク」!

今日は、いけてみました。

爽やかな風が感じられるように、いけられていますでしょうか?

Img_2003

                     
      

こちらは、カサブランカ と ひまわり で のびのびと可愛らしく、

そして 季節感のある盛り花 です。

Img_1996
     

今回は 可愛らしく爽やかな女性 をイメージして、心を込めていけました。

 

                                           Ⓚ

 

 

2012年5月15日 (火)

韋駄天(いだてん)

慶明寺の玄関を入りますと、右前方に「韋駄天」がお祀りされて

います。

現代にも いくつか韋駄天に まつわる言葉があります。

 

「韋駄天」は よく走る神、盗難除けの神として知られています。

そこから転じて、足の速い人のたとえにされ、「韋駄天走り」などという

言葉があります。

 

昔、韋駄天が釈尊の為に 方々を駆け巡って 食べ物を集めたことの

俗信に由来して、「御馳走 (ごちそう)」という言葉ができました。

Img_1985_2
    

韋駄天さんは、むかしから 私たちの生活と近い所にいらっしゃった

んだな~と思いました。

                                  Ⓚ 



    

その他のカテゴリー